子供 年賀状

【年賀状】子供宛・宛名の基本的な書き方とは?文例もまとめてみました

子供宛ての年賀状の宛名の書き方についてきちんとしたルールをご存じですか?

子供あてに年賀状を書くことも多いかと思います。

年末の忙しい時期に書き方で迷わないように、子供の宛名の書き方、子供がいる家族に送る場合の宛名の書き方、そして子供の敬称について解説していきます。

また、子供へのメッセージの文例をまとめていきます。

 

【年賀状】子供宛・子供がいる家族への基本的な宛名の書き方

まずは、年賀状の子供宛てはどのように書けばよいのか、子供がいる家族への宛名の書き方ついてご紹介します。

 

宛名を書く順番

まず、宛名を書く順番ですが、世帯主を一番右に書き、その左横にその配偶者を書き、一番左に子供の名前を書くのが基本です。

子供が沢山いる場合には、生まれた順番に右から書きます。

子供が2人以上いる場合には、「御家族御一同様」と書く方が、見栄えが良くなります。

 

敬称はそれぞれの名前に付ける

連名で書く場合であっても、敬称は一つにまとめて書かずに、それぞれの名前の下に「様」を付けましょう。

たとえ生まれたばかりの赤ちゃんであっても、「様」を付けるのが一般的です。

親しい方に送る場合は「くん」や「ちゃん」を使うこともあります。

敬称の使い分けについては後で詳しく紹介します。

 

子供の名前が分からない時の宛名の書き方

子供が生まれたことは知っているけれども、名前が分からない場合ってありますよね。

そんな時には、「御家族御一同様」と書くのが無難です。

特に子供の名前を書かなかったことで、大きなトラブルになることはないでしょう。

親しい友人の間では、ただ単に「赤ちゃん」と書く人もいるようです。

 

子供宛の敬称の使い分けルール

覚えておきたい、子供の敬称の付け方のルールをご紹介します。

 

子供の敬称には決まりがない

実は、子供の敬称に決まったルールはありません。

なので、「くん」「ちゃん」「様」どれを書いても間違いではありませんし、失礼にあたることもありません。

会ったことのある子供に対しては、いつも呼んでいる呼び方で書く方も多くいらっしゃいます。

 

「ちゃん」「くん」が使える年齢とは

子供の敬称にルールがないからとは言え、いつまでも「ちゃん」「くん」だと子ども扱いしていると思われてしまいます。

子供を一人前として見るという意味でも、小学校高学年になってきたら、「様」を使うようにしましょう。

年賀状をもらった子供も、きっと一人前に見てもらえたという嬉しい気持ちになるかもしれませんよ。

 

目上の方の子供の敬称は「様」が無難

最後に、上司など自分より年上の方の子供の敬称についてですが、この場合は「ちゃん」「くん」ではなく、「様」を使うのが一般的です。

親しい友人の子供の時に年賀状を出すときには、「ちゃん」「くん」でも問題ありませんが、目上の方の子供の時には使用しない方が無難です。

 

年賀状の裏面(文面)・子供宛の文例まとめ

子供宛の年賀状にはどんなコメントを書けば、喜ばれるのかまとめていこうと思います。

 

幼稚園生・保育園生宛て

幼稚園や保育園でのできことを褒める内容を書くと喜ぶでしょう。

- くりすますかいでのサンタさんのうた、とってもじょうずだったよ。

- ようちえんでせんせいのおてつだいをしてえらいね。

 

小学生宛て

幼稚園ではしなかった勉強について触れてあげると良いでしょう。

- しょうがっこうでは、けいさんもんだいが早くとけるようになったね。

- たくさん本をよんでおべんきょうしてえらいね。

 

ちょっとした一言コメント集

子供の習い事や趣味について書いてあげましょう。

- ピアノのれんしゅうがんばってる?つぎのピアノのはっぴょうかいにはせんせいをよんでね!

- きょねんのバレーはかっこよかったね。ことしのバレーでもカッコイイすがたをみせてね!

- おいもほりではたくさんのおいもをほれたね!ことしもいろんなところでたくさんたのしいおもいでつくろうね。

 

まとめ

大人になっても年賀状は貰うと嬉しいですよね。子供であればなおさら嬉しいはず。

子供宛の年賀状だからといってルールをしっかり守らなければ、子供の親御さんから常識がないと思われてしまうかもしれません。

子供宛の年賀状だと甘く見ないで、きちんとルールを守って書くようにしましょう。

 

- 目上の人の子供には「様」を使う

- 子供の名前が分からなければ、御家族御一同様と書く

- 敬称はそれぞれの名前の下に書く

- 子供の成長に合わせて「くん」「ちゃん」から「様」に変える

 

など、誰でも簡単にできるルールばかりです。難しく考えずにきちんとした年賀状を書きましょう。

また、子供の年齢に合わせて、使う漢字も選んであげるような心遣いも忘れずに。

子供の頃に貰った年賀状は、大人になっても印象に残っていることがあります。

できるなら、自分もそんな年賀状を書きたいですよね。

子供向けのメッセージを添えて、子供が喜ぶような素敵な年賀状を書いて下さい。


-子供, 年賀状

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-