テニス 子供

子供がテニスを始めるのはいつから?テニスを習うメリットデメリットも紹介

子供の習い事の中でも人気の高いテニス。

男女問わずテニスに興味を持つお子さんは多く、漫画の影響で始めた親御さんも多くいるのはないでしょうか。

お子さんにテニスを習わせたいと思っている親御さんの中には、いつからテニスを始めさせれば良いのか悩んでいる人もいるようです。

早ければ早いほど習得が早く、可能性が広がる可能性が高まる一方、早すぎてしまうと子供の負担になりかねません。

では、いったいどのくらいが丁度良い時期なのでしょうか。

今回は、子供がテニスを始めるのはいつがいいのか、調べてみたのでご紹介します。

親子で一緒にテニスを始めたことでのメリットデメリット、テニスにかかる費用についてもご紹介します。

 

子供がテニスを始めるのはいつからがいい?

子供がテニスを始めるのはいつからがいいのでしょうか。

子供がテニスを始める時期について、節目節目で分けてまとめてみました。

テニス 子供 いつから 犬

 

ジュニアスクールは4歳くらいから

ジュニアスクールを設置しているテニススクールでは、4歳から受け付けているところが多いようです。

中には3歳から受付可能なテニススクールもありますが、多くは4歳のようです。

3歳では体の筋肉が未発達の場合が多く、ケガをしてしまうことも多いため、4歳から受付しています。

 

小学生になって始めると

次の節目として挙げられるのが小学生になった時です。

世界で活躍しているテニスプレーヤーの多くは、小学生に上がったと同時にテニスを始めています。

小学生に入るまではボールやテニスラケットに馴染む感じで始め、本格的に始めるのは小学生に上がってからという人が多いようです。

小学生になれば筋肉もついてきますので、プロを目指すのであれば小学生までには始めたいものです。

 

中学生は軟式テニス部がある

中学校ではテニス部があり、子供がテニスを始める最後の節目かもしれません。

テニスプレーヤーとして活躍したいと思っている人にとって、中学生から始めるのは少し遅いかもしれません。

しかし、テニスは大人になっても楽しめるスポーツですので、趣味を広げるといった意味ではよい機会でしょう。

 

テニスを始めたメリットデメリット

テニスを始めてみたメリットデメリットについて調べてみました。

一体どんなメリットデメリットがあるのでしょうか。

テニス 子供 いつから メリットデメリット

 

メリット

メリットは4つあります。

運動に関するメリット、精神面に関するメリット、集中力に関するメリット、そして趣味としてのメリットです。

 

運動能力が鍛えられる

テニスはボールを打ち、相手が打ったボールを打ち返すスポーツです。

相手のボールがどこに飛んでくるかは分かりません。一瞬の判断でボールに反応する反射神経が身に付きます。

また、テニスコートの中をひたすら走り回るため持久力も身に付きます。

 

精神面も鍛えられる

テニスは基本的に個人プレーです。

そのため、試合の運び方を自分一人で考えて実行しなければなりません。

試合でミスしても自分自身をコントロールし、自分に有利な試合へとゲームを運んでいかなければならず、精神的にたくましくなるスポーツなのです。

 

集中力が身につく

皆さんもご存知の通り、テニスの試合は長丁場になることもあります。

その長い試合の間、自分と相手選手の二人で戦わなければならず、集中力が要求されます。

集中力が途切れてしまうと、試合に負けてしまうため、このような環境でプレイすることによって集中力が身につくのです。

 

一生続けられるスポーツ

テニスは大人になっても続けることが出来るスポーツです。

体力は使いますが、サッカーのように走り回ることもないため、一生の趣味として楽しむことが出来ます。

 

デメリット

メリットだけでなくデメリットも3つあります。

金銭面に関するデメリット、練習場所に関するデメリット、そしてケガに関するデメリットです。

 

道具に費用がかかる

テニスを始めるには、ラケットの他、テニスシューズや、テニスボールなど道具に費用が掛かります。

また、ラケットのメンテナンスにもお金がかかってしまうのがデメリットです。

 

練習場所が少ない

テニスを楽しむためにはテニスコートが必要です。

最近は練習場所も少しずつ増えてきていますが、それでもまだ練習場所が少ないのが現状です。

そのため、早い者勝ちで練習場所が埋まってしまうことも多々あります。

 

怪我が心配

筋肉がついていない子供や、成長過程にある子供は、テニスに限らずケガをしやすい時期です。

テニスは走り回ることも多く、またボールが体にあたってしまうこともあるため、ケガをする可能性が高くなるのがデメリットです。

 

テニスを始めるのにかかる費用

テニスを始めるにはやはりお金がかかります。

テニスを始めるのにいくら費用がかかるのか、またテニススクールに通い続けるにはどのくらいかかるのかをまとめてみました。

テニス 子供 いつから 費用

 

準備する道具のお値段

  • ラケット・・・20,000円~30,000円
  • テニスシューズ・・・8,000円~12,000円
  • ガット・・・1,800円~3,000円
  • 練習着・・・3,000円~5,000円

 

スクールに通う料金

  • 入会金・・・5,000円~10,000円
  • 受講料・・・8,000円/月~15,000円/月
  • 年会費・・・2,000円~5,000円 

 

まとめ

テニス 子供 いつから コート

子供を持つ親御さんなら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

子供にテニスを習わせよう。

そして早ければ早いほど上達する。

そんな風に思ったことはないでしょうか。

もちろん早ければ練習時間も長くなりますので、あながち間違ってはいません。

しかし、筋肉がまだついていない幼児だとケガをする可能性も出てきてしまいますので、多くのテニススクールが受付を開始している4歳くらいから始めるとよいのではないでしょうか。

テニスには

  • 運動神経が良くなる
  • 集中力が高まる
  • 持久力がつく
  • 趣味として一生の楽しみとすることが出来る

というメリットがあります。

日本勢が活躍するテニス界。将来のテニス選手を目指して早速テニスを始めてみませんか。


-テニス, 子供

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-