川遊び

川遊びをする時は”ヒル”に気をつけて!|知っておきたい予防と対策法

今年もアウトドアが楽しい夏がやってきましたね!

子供が大好きな川遊びは、楽しいことがいっぱい。

だけど、川には”ヒル”という危険な生物がいるのはご存知ですか?

川遊び ヒル 泣く 子供

ヒルの予防と対策を知って、安全に川遊びを楽しみましょう!

 

川遊びとヒルの関係とは?

川遊び 石 投げる 男の子

登山やキャンプに行って、ヒルに吸血された。という話を耳にすることがあります。

温かい季節になると、アウトドアを楽しみたいところですが、ヒルも活動を始めます。

渓流や湖沼で川遊びをするときは、特に気をつけなければなりません。

 

アウトドアで気をつけたいヤマビルを知ろう!

川遊び 虫眼鏡 女性

ヒルにも種類がありますが、アウトドアで気をつけなければいけないのは、ヤマビルです。

ヤマビルは陸上で生活し、葉っぱの裏に隠れています。

動物を見つけると、血を求めて取り付きます。

ヤマビルとは、具体的にどのような生物なのでしょうか?

 

ヤマビルの生息場所

ヤマビルは、林の中に生息しています。

沢筋や登山道、獣道や人工林などが生息場所です。

淡水の中に生息しているチスイビルも、同じ仲間です。

ヤマビルは、木の枝から落ちてくることもありますが、大抵は足元から上がってくることが多いです。

湿気が大好きなので、気温が25度以上の雨の日や雨の後は、特に活発に活動しています。

動物の足音や、呼気、炭酸ガス、体温、体臭を感知し、獲物に取り付き吸血します。

晴れた日が2日続いた後、足元さえしっかりガードしておけば、被害に会う確率は少ないと言われています。

 

ヤマビルの特徴

ヤマビルは、赤褐色で体長が2~5cm程あります。

背中に3本の黒い縦筋があるのが特徴です。

前後に吸盤を持ち、シャクトリムシのように移動しています。

寿命は2~3年、雌雄同体で、1回吸血すると2ヶ月ほどで産卵孵化します。

1回の産卵で卵のう数を1~5個作り、1卵のうから5~10の仔ビルが誕生します。

なぜヤマビルが増殖したのかというと、地球温暖化や、林業の衰退、森林の荒廃など、人間による環境破壊や経済活動が影響しているせいです。

ここ数年で爆発的に増殖するとともに、ヤマビル被害に合う人が増えています。

 

ヤマビルの吸血方法

ヤマビルは、前吸盤に3つの口があります。

それぞれに約80の細かい歯があり、皮膚をY字型に傷つけ、吸血します。

血液凝固を防ぐ、ヒルジンという物質を分泌するので、血が止まりにくくなります。

さらに、モルヒネのような物質を分泌し、麻痺させます。

吸血されても痛さを感じることはありません。

吸血時間は1時間程で、1回に体重の10~20倍程度(1cc)の血を吸います。

出血量はわずかなので、命に関わることはありません。

衣類や靴下が赤く染まった後で、吸血されたことに気がつくことがほとんどです。

 

ヒルから守る!予防と対策法

川遊び ヒル 焦る 女性

危険な生物ヒルは、ちゃんと予防すれば、安心して川遊びをすることができます。

万が一、ヒルに吸血されてしまっても、焦らず手当すれば大丈夫!

川遊びに行く前に、知っておきたい予防と対策法をご紹介します。

 

ヤマビルから守る予防法

川遊びやアウトドアで被害に合わないために、ヤマビルから守る予防法を3つご紹介します。

 

その1、ヤマビルがいそうなところには近づかない。

ヤマビルは、湿気のある環境が好きなので、山の中のじめじめしている場所や、暗いところで休憩する時は、特に気をつけましょう!

雨の日や雨上がりの湿気の多い時期、山や川に行くのは避けましょう。

 

その2、肌を露出しないようにする。

肌を露出しない服装を心がけましょう。

ヤマビルは、服の隙間から入り込んでくるので、隙間ができないようにしましょう。

長ズボンや厚手の靴下は必須です。

長ズボンの裾を、靴下に入れても効果があります。

スパッツやストッキングも、地肌に比べるとヤマビルを防ぐことができます。

上から降ってくることも考えて、長めのつばがある帽子を被るのも大切です。

 

その3、虫除けスプレーやヤマビル対策アイテムを使用する。

市販の虫除けスプレーは、雨が降らなければ3~4時間は効果があるので、使用してください。

登山やハイキング、キャンプ、渓流など、野生生物が多く見られる場所に行く場合は、ヤマビルを遠ざける専門スプレーを使いましょう。

ヤマビルファイターや、ヒルノック、ヒル下がりのジョニーなどがおすすめです。

ヒル下がりのジョニー
https://item.rakuten.co.jp/kaiteki-elife/4562217020012/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_1_10001753

また、ヤマビルは塩が苦手なので、靴に塩を塗るだけでも効果があります。

持続力は期待できないので、スプレーボトルなどに塩水をいれて、その都度吹きかけるようにするとより一層効果が高まります。

 

もしもヤマビルに吸血されてしまったら・・・

川遊び 注意 ポイント 人差し指

ヤマビルに吸血されると、大量の血が止まらず焦ってしまうことがあります。

ですが、命に別状はないので、冷静に対処しましょう。

まずヒルを取りはがします。

無理やり剥がすと傷が深くなります。

タバコの火や塩、サロンパス、アンメルツ、キンカンを使うと、剥がれます。

そして、吸血したヒルは必ず殺してください。

軟体なので、足で踏んづけても死にません。

石ですり潰す、焼き殺す、殺ヒル材をかけると死にます。

 

応急処置として、傷口を指でつまみ、血を押し出すように絞り出します。

その後水で洗い、抗ヒスタミン剤(虫刺され薬、かゆみ止め)を塗ります。

最後に、カットバンを貼ります。

痒くなったり、赤く腫れたり、まれに熱が出て化膿することもあります。

応急処置をきちんと行えば、通常なら1~2週間で回復します。

個人差がありますが、数時間出血が止まらないこともあります。

ですが、命に別状はないので安心してください。

行く前にヤマビル対策をすることはもちろん、もし吸血されてしまったとしても、慌てずに応急処置し、楽しいアウトドアライフを過ごしましょう!


 

まとめ

川遊び まる 女性 まとめ

  • アウトドア、川遊びの際、ヤマビルには特に気を付けよう!
  • ヤマビルは湿気の多い山の中に生息し、動物を見つけたら吸血する。
  • ヤマビルに吸血されると、痛みは感じないが、血が止まりにくい。
  • ヤマビルから守るためには、雨の日や雨の後は、山や川に行かない。
  • 肌の露出は控え、虫除けスプレーや対策アイテムを使用する。
  • もしも吸血されてしまったら、慌てずに応急処置をする。

-川遊び

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-