燃えない電池

燃えない電池がスゴイ!不燃性リチウムイオン電池の開発者・吉田博一氏を調べてみた

燃えない電池・不燃性リチウムイオン電池を開発した吉田博一氏がすごい!

「燃えない電池」があるということを、皆さんご存知でしょうか。

リチウムイオン電池は、私たちの暮らしや産業などにおいて欠かせない電池ですが、実は発火する可能性があるといわれています。

ですが、近年になって不燃性リチウムイオン電池が誕生しました。

つまり燃えない電池が生まれたのです。

今回の記事は、燃えない電池の誕生、そして開発者であるエリーパワー株式会社の代表取締役会長兼CEOである吉田博一氏についてご紹介します。

 

燃えない電池・不燃性リチウムイオン電池とは

燃えない電池、不燃性リチウムイオン電池とはどのようなものなのでしょうか。

従来のリチウムイオン電池、そして不燃性リチウムイオン電池についてご紹介しましょう。

 

そもそもリチウムイオン電池は燃えやすい

リチウムイオン電池とは、正極と負極を持ち、その間をリチウムイオンが移動することで、充放電を行うことができる電池のことです。

充電することで何度も使える電池を二次電池、使い切るタイプのものを一次電池と呼びます。

「リチウムイオン電池」というと少し難しく聞こえてしまいますが、スマホやノートパソコン、電動アシスト自転車のバッテリーなどで使われています。

実は私たちの暮らしにとても身近な物なんですよ!

日々の暮らしのほかにも、大容量の電気を蓄えることができることから、ロボットや工場、車など幅広い用途で使われています。

 

便利で日々の暮らしに欠かせないものではありますが、実は発火の可能性があるものということはご存知でしょうか。

この電池はエネルギー密度が高く、電解液に可燃性の有機溶媒が使われているので、高温になり発火する危険性を持っているのです。

スマホの充電中に発火した!というニュースを耳にした方も多いのではないでしょうか。

実はあれはリチウムイオン電池が発熱・発火してしまったケースが多いそうです。

毎日使う身近な物なだけに、ちょっぴり怖いですよね。

 

実用化が難しかった不燃性イオン液体を使えるように!

このような問題が心配される中、近年になって「燃えない電池」が開発されました。

燃えない電池、不燃性リチウムイオン電池です。

 

これは、リチウムイオン電池で使用する電解液に、不燃性のイオン液体を用いて作られたもので、とても安全性の高い「燃えない電池」といわれています。

「安全性の高い電解液があるなら、最初からそれを使えばいいのでは?」と思った方は多いのではないでしょうか。

実はこのイオン液体、実は扱いづらいものだったのです。

イオン液体は粘度が高く、早い速度でリチウムイオンを輸送させることができないため、実用化は非常に難しいものとされていました。

イオン液体は、安全性は高いけれど、電池として使うには扱いにくかったということですね。

なので、これまで燃えない電池の開発は難しいものとされてきました。

 

ですが、この“扱いにくいイオン液体”に注目した企業がありました。

エリーパワー株式会社は、安全性の高い大型のリチウムイオン電池の開発のために、化学的に安定&不燃性であるイオン液体に着目しました。

ですが、これまでご紹介した通り、イオン液体の実用化は困難です。

そこで、エリーパワー株式会社は独自の製法で、このリチウムイオンの輸送を高速化させることに成功。

その後開発をすすめ、2018年に安全性の高い燃えない電池「不燃性リチウムイオン電池」の開発に成功したことを発表しました。

 

今まで燃えない電池の開発は難しいとされてきたので、大変喜ばしい出来事ですよね!

 

燃えない電池の誕生にかかわる吉田博一氏(エリーパワー株式会社)とは

燃えない電池を開発したエリーパワー株式会社の代表取締役会長兼CEOの吉田博一(よしだひろいち)氏。

実はこの人物もスゴイ人なんです!

これまで燃えない電池、不燃性リチウムイオン電池についてご紹介してきましたが、開発に深い関りのある吉田博一氏についてもご紹介しましょう。

 

吉田博一(よしだひろいち)氏ってどんな人?

安全性の高い“燃えない電池”を開発したのは、エリーパワー株式会社という会社です。

燃えない電池の開発だけでも凄いのですが、実はこの会社の代表取締役会長兼CEOの吉田博一氏もスゴイ人なのでご紹介しましょう!

吉田博一氏は、東京都出身で84歳になる人物です。
※2021年現在

吉田博一氏は、慶應義塾大学を卒業後、住友銀行に入行し副取締役を務めた後、住銀リース株式会社の代表取締役会長兼社長に就任。
その後は慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科の教授を務めます。

かなり華やかな経歴をお持ちの方ですよね!

でもどうして吉田博一氏は、燃えない電池の開発に取り組むようになったのでしょう?

 

電気自動車の可能性に感動し、69歳で起業

これまで異業種に携わっていた吉田博一氏ですが、2001年に電気自動車に乗車したときに、電気自動車の性能に驚き、電気の可能性を感じたそうです。

そして、電気自動車の普及のために大きくて安全な電池の開発をしようと考えます。

そうして仲間とともに立ち上げたのがエリーパワー株式会社でした。

このとき、吉田氏はなんと69歳。
誰もが不可能と思った「安全性が高くて大きな電池づくり」に、この年齢から挑戦したというのが凄いですよね!

吉田博一氏は現在は84歳ですが、まだまだ創業当時から変わらず、夢を持って挑戦し続けているそうです。

遅咲きの社長ともいえる吉田博一氏は、その生き方や考え方など学びとなるポイントが非常に多いと思います。

エリーパワー株式会社の公式サイトには、吉田氏のこれまでの出来事や蓄電池の可能性などが紹介されていますので、気になる方はぜひ公式サイトを見てみてくださいね!

 

不燃性リチウムイオン電池のこれからの活用に期待!

私たちの暮らしに身近な存在のリチウムイオン電池

実は発火の可能性のある電池でしたが、近年になって「燃えない電池」の開発がすすめられていることをご紹介しました。

今回ご紹介したエリーパワー株式会社では、主に二輪や電気自動車などで使用する大型の不燃性リチウムイオン電池が作られています。

燃えない電池が誕生したことで、私たちが日常的に使っているノートパソコンやスマホのバッテリーなどで使われる電池の「安全性の向上」に期待できるのではないでしょうか。

技術の進歩って素晴らしいですよね。
将来の安全で便利なエネルギー「燃えない電池」の将来に期待しましょう!


-燃えない電池

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-