テニス 子供

子供に合ったテニスラケット|ガットやテンションの選び方について知ろう!

日本人のテニスプレーヤーが世界で活躍している姿に影響され、テニスを習いたいと思っているお子さん、または習わせたいと思っている親御さんは、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

自分が昔テニスを習っていたのであれば、何となく知っているかもしれませんが、テニス初心者であれば、テニスラケットについて知っていることは何もないかと思います。

そんな親御さんや、テニスを習っているお子さんに知っておいて欲しいガットやテンションについて、今回色々調べてみましたので、ぜひ読んでみてください。

 

テニスで使われるガットやテンションとはどんなもの?

テニスを習っていない人にとって、テニス用語は難解そのものです。

まずは、ガットやテンションの言葉の意味やどんなものなのかをまとめてみました。

テニス ガット テンション 子供 女性

 

テニスガットとは?

テニスガットとは別名ストリングとも言い、網目のことを指します。

 

ガットの素材

主にナイロン、ポリエステル、ナチュラルがガットの素材として知られています。

現在主に使用されているガットの素材がナイロンです。

ナイロン製のガットは弾力性に富んでいて、インパクトの衝撃が小さいのが特徴です。

強い打球や柔らかい打球にしたりと、加工によって特性を変えることが出来るため、自分に合ったガットをチョイスすることが出来ます。

 

また、低価格なのも特徴の一つです。

ポリエステル製のガットの特徴はなんといっても耐久性に優れていることです。

ショットのスピードが速く、ボールを打った感触をしっかりと感じることが出来ます。

ただ、パワーがないとボールが飛ばないため、ある程度スイングのスピードがあるお子さん向けのガットかもしれません。

ナチュラル製は牛の腸が原料の天然素材の為、高価ですが、抜群の反発性があり、スピンがかけやすいのが特徴です。

ボールを打った感じは一度打ったら忘れられないと言われる程、手に伝わる感触は柔らかく最高の打球感と言われています。

 

ガットの太さ

ガットの太さにはおおよその標準的な太さがあります。

  • ナイロンガット:1.30mm
  • ポリエステルガット:1.25mm

ガットが太ければ太いほど、ボールは遠くへ飛ばなくなり、打球感が強くなります。

その一方で、コントロールがしやすく、耐久性が上がります。

逆に細いガットは、打球感が軽く、反発性が高くなりますが、コントロールがしにくくなり、耐久性が低くなります。

 

テンションとは?

テンションとはガットの張り方の強さのことを言います。

ガットの引っ張る強さの数値はポンドで表します。

 

テンションの強弱の違い

テニスラケットの素材を決めたら、テンションを決めなければなりません。

テンションの数値が高ければ高いほど、ガットの糸を強く引っ張っていることになり、低い数値のテンションのラケットは、ガットの糸を引っ張る力は弱いということです。

 

子供にあったガットとテンションとは?

ガットにはいろいろな種類があり、そして、テンションについて少し理解が深まったのではないでしょうか。

自分の子供にはどんなガット素材が良いのか、テンションの強さはどれくらいなのか気になりますよね。

子どもにあったガットの素材は何なのか、テンションの強さはどれくらいなのか、調べてみましたので、ご紹介します。

テニス ガット テンション 子供 男の子

 

ガット

テニスを始めたばかりの初心者や子供には、ナイロン製のガットがお勧めです。

安いということもお勧めの理由の一つですが、ナイロン製のガットでボールを打つと、打球感がソフトですので、筋肉がまだ成長しきれていない子供に向いています。

衝撃に耐えられるような筋肉がつき始めてきたら、ナイロンからポリエステルへ変えていくのが良いかもしれません。

 

テンション

一般的なガットのテンションは50ポンド前後です。

この50ポンドの強さは大人向けの強さであり、子供には強く感じるかと思います。

子供の場合は、テンションの強さは40~50に設定するとよいでしょう。

打球感が柔らかいと感じる強さがぴったりの強さです。

そのため40ポンドでも強いと感じるのであれば、40ポンドよりも下げても良いでしょう。

子供は日に日に成長します。成長段階にある子供に強いテンションのラケットを使ってしまうと、ケガをしてしまう可能性がありますので、初めのうちは低く設定するようにしましょう。

 

ガットの張り替え時期

ガットは消耗品です。

ガットも張り替えしなければなりません。

では、ガットの張り替え時期はどれくらいなのでしょうか。まとめてみました。

テニス ガット テンション 子供 ラケット

 

基本は3~4か月くらい

ガットは素材によって張り替え時期の目安は違ってきますが、基本的に3-4月に一度は張り替えた方が良いでしょう。

ボールの飛び方が悪くなったり、打球感が硬くなったように見えたら、張り替え時期かもしれません。

お子さんのプレーを見て、違和感があったりしたら、お子さんに確認してみましょう。

 

緩んできたり、コントロールが悪くなったと感じたら

その他にも、打球音が鈍くなったり、コントロールが以前よりも悪くなったように見えたら張り替え時期かもしれません。

強い力でボールを打つ場合は、それだけガットにも負担がかかりますので、緩みが早まってしまいます。

500円~2,000円位でガットの張り替えは可能です。

 

まとめ

テニス ガット テンション 子供 ラケットとボール

健康ブームの昨今において、いろいろなスポーツを始める人も多くいるのではないでしょうか。

そんな中、日本人テニスプレーヤーが世界で活躍しているのを見て、テニスに興味を持つお子さんも多くいることでしょう。

テニスにはガットやテンションといったテニスラケットの調整が必要になります。

初心者の人は特に難しく感じるかもしれませんが、一度覚えてしまえば簡単です。

  • ガットには素材が複数ある
  • テンションの強さを決める

この二つを決めてしまえば、テニスを始めることは出来ます。

是非楽しいテニスライフを送ってください。


-テニス, 子供

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-