スポット 子供 電車

子供が楽しめる観光列車5選|子供が喜ぶ電車の見えるスポット4選ご紹介

最近は、子供向けに特化した観光列車があることをご存じですか?

子供の好きなキャラクターものの列車をはじめ、子供が楽しんで乗れる遊具を乗せた列車も全国には色々あるようです。

今回は、私が「これ!」と思った観光列車5つの運行日などをまとめてご紹介します。

そして、電車がよく見えるスポットや、電車のおもちゃでよく売れている4つのシリーズについてもまとめて行こうと思います。

 

大人も楽しめる子供が喜ぶ観光列車5選

以前から人気ある大井川鉄道のきかんしゃトーマス号から、九州を走る観光列車まで調べてみましたので、まとめておきます。

電車 子供 喜ぶ 楽しめる 田舎

 

きかんしゃトーマス号(大井川鉄道)

【運行区間】

  • 大井川鉄道「新金谷駅」~「家山駅」 

【運行日】

  • 2020年6月26日~10月19日の中の主に土日

【特徴】

  • きかんしゃトーマス号は期間限定で、本物そっくりの列車が走っています。
  • 車内では、トーマスが大井川本線についてのアナウンスをしてくれます。
  • トーマスをモチーフにした、お弁当やグッズなども販売されており、お土産として購入することも出来ますよ。

【大井川鉄道 きかんしゃトーマス号の運行について】

 

アンパンマン列車(JR四国)

【運行区間】

  • 予讃線8000系アンパンマン列車:
    「岡山・高松」~「松山」
  • 予讃線宇和海アンパンマン列車:
    「松山」~「宇和島」
  • 土讃線アンパンマン列車:
    「岡山」~「高知」
  • 瀬戸大橋アンパンマントロッコ:
    「岡山」~「琴平・高松」
  • ゆうゆうアンパンマンカー:
    「高松」→「徳島」
    「徳島」~「阿波池田」

【運行日】

  • 予讃線8000系 アンパンマン列車:
    ほぼ毎日
  • 予讃線宇和海 アンパンマン列車:
    ほぼ毎日
  • 土讃線アンパンマン列車:
    ほぼ毎日
  • 瀬戸大橋アンパンマントロッコ:
    土休日・夏休みなど
  • ゆうゆうアンパンマンカー:
    主に土日と夏休み・冬休み

【特徴】

  • 車内がアンパンマンで埋め尽くされた、アンパンマン列車。
  • 小さなお子さんにぴったりの観光列車です。
  • ほぼ毎日、運行しているので四国に遊びに行った際に、アンパンマン好き&電車好きの子がいれば、ぜひ乗ってみて下さい。
  • ゆうゆうアンパンマンカーには、プレイルームも用意されていますよ。

【アンパンマン列車について】

 

たま電車(和歌山電鐵)

【運行区間】

  • 和歌山電鐵「和歌山駅」~「貴志駅」

【運行日】

  • 毎日

【特徴】

  • ねこの駅長「たま駅長」をモチーフに作られたのが、たま電車です。
  • 絵本が自由に読めたり、ベビーサークルも準備されていて、赤ちゃん連れでも楽しめる電車となっています。
  • ちなみに、モチーフになっているたま駅長ですが、2匹のねこがそれぞれの駅の駅長をしています。

【たま電車について】

 

SLばんえつ物語(JR東日本)

【運行区間】

  • JR東日本「新津駅」~「会津若松駅」

【運行日】

  • 土日など

【特徴】

  • 自然の中をイメージした「オコジョルーム」というのがあり、滑り台やボールプールなど子供が遊べるエリアが用意されています。
  • また、大きな窓のある展望室もあり、自然を満喫することが出来ます。

【SLばんえつ物語について】

 

特急あそぼーい!(JR九州)

【運行区間】

  • JR九州「別府駅」~「阿蘇駅」

【運行日】

  • 金・土・日・祝日中心に不定期

【特徴】

  • シートはパノラマシート、普通席、白いクロちゃんシートが用意されています。
  • その中でも白いクロちゃんシートは親子で座れるようなシートです。
  • その他にも、絵本コーナー、和室、くろカフェ、木のボールプールなどが揃い、子供向けの観光列車です。
  • 記念乗車証は旅の思い出となりますね。

【特急あそぼーい!】

 

東京で電車がよく見えるスポット4選

次に紹介するのは、電車がよく見えるスポットです。

どの施設も無料でビュースポットに入れるのも魅力の1つです。

それでは、4箇所ご紹介します。

電車 子供 喜ぶ 楽しめる 山手線

 

本芝公園

【住所】

  • 東京都港区芝4丁目15番地1号

【交通アクセス】

  • 「三田駅」A6出口から 徒歩1分

【特徴】

  • この公園も駅から近いので、色々な電車を見ることが出来ます。
  • 珍しいのはモノレールでしょうか、他にも新幹線も見ることが出来ます。
  • トイレなどの設備もきちんとしているので、ピクニックがてら電車を見ながら遊びに行きたい公園だと思います。

【URL】

 

芝浦中央公園

【住所】

  • 東京都港区南1-2-28

【営業時間】

  • 1月~4月と10月~12月:7時~17時
  • 5月~9月:6時~19時

【定休日】

  • 12月31日~1月3日

【交通アクセス】

  • JR京浜急行「品川駅」東口より 徒歩10分

【特徴】

  • JR「品川駅」のすぐ近くの大きな公園です。
  • 4つのエリアがあり、その中でもD面というエリアが電車のビューポイントなのです。
  • 東海道新幹線がおよそ3~6分の感覚で走り、時間によってはのぼりとくだりがすれ違う瞬間もみることができる、新幹線好きにはたまらないスポットです。

【URL】

 

渋谷ヒカリエ

【住所】

  • 東京都渋谷区渋谷2-21-1

【営業時間】

  • ショッピング:10時~21時
  • カフェ・レストラン:11時~23時
  • クリエイティブスペース:11時~23時

【定休日】

  • 元旦

【交通アクセス】

  • 東急田園都市線・東京メトロ副都心線「渋谷駅」15番出口 直結
  • 東急東横線・JR・東京メトロ銀座線・京王井の頭線「渋谷駅」 2階連絡通路直結

【特長】

  • 商業施設というイメージが強いと思いますが、渋谷駅がすぐという事で、電車を楽しめるスポットにもなっています。
  • 特に、11階にあるガラス張りの「スカイロビー」は山手線・埼京線を見下ろすことが出来ます。
  • そしてもう一か所、4階の吹き向けエリアでは、東京メトロ銀座線が地上を走るところを見られる数少ないスポットになっています。

ぜひ、ショッピングがてら、お子さんと電車も楽しんでみて下さい。

【URL】

 

KITTE

【住所】

  • 東京都千代田区丸の内2幼芽7-2

【営業時間】

  • 11時~23時(日・祝11時~22時)

【定休日】

  • 1月1日
  • 法定点検日

【交通アクセス】

  • JR「東京駅」丸の内南口より 徒歩1分
  • 丸の内線「東京駅」より 地下道直結

【特徴】

  • KITTE6階の屋上庭園は、ビル群の中にありながら、緑豊かな癒しのスポットです。
  • 2012年に復元が完了した、JR東京駅の丸の内駅舎も一望する事ができます。
  • もちろん、電車も見ることが出来、その中でも沢山の新幹線を見ることが出来ます。
  • 柵がガラス製なので、背の低いお子さんでも、じっくりと見られるようになっています。

【URL】

 

電車好きな子供が喜ぶプレゼント4大シリーズ

最後に、子供が喜ぶ電車と言えば、電車おもちゃ4大ブランドだと思います。

今回は、簡単にはなりますが、この4大ブランドを紹介していきます。

電車 子供 喜ぶ 楽しめる プラレール

 

プラレールシリーズ

子供たちに大人気のプラレール。

車両を眺めるだけでなく、線路を自分で組み立てたり、情景部品を組み合わせてみたり色々な遊び方が出来ます。

そして、プラレールをおススメする1番の理由は、子供の年齢や理解度によって遊び方の難易度を変えることが出来るところです。

今では、1歳半の子が遊べるセットも販売されています。

【タカラトミープラレール公式HP】
https://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/

 

BRIOシリーズ

電車好きのお子さんがいる家庭ではメジャーだと思う、スウェーデン発のブリオ。

その中でもレールウェイシリーズが有名です。

プラレールのように線路やその付属品を増やしていくだけで、レイアウトを自分好みのものに仕上げていくことが出来ます。

そして、プラレールとの一番の違いは、木製であること。

折角インテリアにこだわっていても、子供のおもちゃで統一感がなくなっていまったと思っている親御さんにもぴったりだと思います。

【BRIO公式HP】
https://www.briojapan.com/

 

きかんしゃトーマスシリーズ

きかんしゃトーマスのおもちゃは数多く販売されていますが、その中でも、マテル社の木製レールシリーズはとてもおしゃれなおもちゃです。

木製ならではの感触など、プラスチックにはない温かみがありますよね。

注意点として、この木製シリーズは偽物が出ていたりするようなので、正規のルートで購入することをおススメします。

また、プラレールでもきかんしゃトーマスの車両が販売されていますので、良ければそちらもチェックしてみて下さい。

【きかんしゃトーマス公式通販ページ】
https://www.thomasandfriends-store.jp/

 

レゴシリーズ

レゴでも電車をモチーフにしたおもちゃがあります。

幼児向けの「レゴデュプロ」と4歳以上対象の「レゴシティ」です。

レゴなので、お値段がちょっぴりお高めですが、知育玩具としても使えるレゴですので、特別な時のプレゼントとして、購入するのも良いのではないでしょうか。

【レゴ公式HP】
https://www.lego.com/ja-jp

 

まとめ

電車 子供 喜ぶ 楽しめる 新幹線で遊ぶ子供

  • 子供が楽しめる観光列車は全国各地で運行されている
  • 電車の見える公園やスポットは駅に近い場所がおススメ
  • それぞれに良さのある電車のおもちゃ、年齢に合わせて選ぶのが良いでしょう

観光列車の運行ですが、コロナウィルスの影響で運行日が変わる可能性は十分にあります。

HPのリンクを貼っておきましたので、そちらを確認の上、予約や遊びに行ってみて下さい。


-スポット, 子供, 電車

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-