水遊び

期待できる効果は?|0歳児の水遊びのねらい

0歳児の水遊びには、どんな効果があるの?

夏の暑い日には水遊びをさせたいですよね。

0歳児にとっては、お風呂以外で冷たい水に触れる初めての場面かもしれません。

この記事では初めての水遊びに関して、どんなねらいや効果があるのか、また気を付けるポイント等についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

水遊び 0歳児 水しぶき

 

水遊びで五感を刺激する

「触れると冷たい」、「歩くとパシャパシャ音がする」、「透明でキラキラしている」等水遊びは五感をフルに使って0歳児の感覚を刺激することができます。

 

遊び心を養う

水は形が変わるので自由に遊ぶことができます。

水に慣れ、水を自由に扱えるようになると遊び心も大きくなります。

水面を叩いて水しぶきや波紋ができる、コップで水をすくって体にかけてみる等、形のあるおもちゃとは違った感覚的な遊びが水遊びではできます。

 

想像力を豊かにする

自分の動き方で水の形が大きく変わる、プカプカ浮くおもちゃと一緒に水に入るなど、様々な遊び方ができ、0歳児の想像力を豊かにすることができます。

興味や関心を持ったもので好きな水遊びをさせて、想像力を伸ばしてあげましょう。

 

体力をつける

水遊びは普段の遊びと比べ、非常に体力を使います。

水中で動いたり、おもちゃで水をすくって遊ぶ等自然と運動量が増え、体力や水中で体制をコントロールする力が身についていきます。

 

情緒が豊かになる

水遊びに慣れてくると、水がヒンヤリして気持ちが良い、光にキラキラ反射して水面がキレイ、自分が動くことで水面に模様ができる、パシャパシャと音がする等たくさんの情報を感じることができ、情緒が豊かになります。

 

0歳児の水遊びで気を付けるポイント

水遊びは普段の遊びと異なるため、気を付けるポイントがあります。

以下に注意しながら0歳児との水遊びを楽しみましょう。

水遊び 0歳児 シャボン玉

 

水遊びをする前に体調をチェック

体調が悪い時や、食後に元気がないとき、赤ちゃんの機嫌が良くないとき等も水遊びは控えましょう。

また水遊びをする前に肌トラブルが無いか等、全身の状態をチェックすると良いでしょう。

 

暑さ・日焼け対策

屋外で水遊びをするときは、日陰で遊ぶようにしましょう。

屋根や日よけカバーのあるビニールプールにしたり、帽子をかぶると安心です。

またどうしても日差しに当たってしまう場合は、ベビー用の日焼け止めを塗っておくと良いでしょう。

 

水温・水深をチェック

屋外で水遊びをする場合でも、冷えすぎを予防するために水温はぬるま湯(28度~30度位)にしましょう。

水深も初めは浅くしましょう。

水を怖がるようなら1㎝位からスタートし徐々に水量を増やすと良いと思います。

 

水遊びする時間は10分単位で

水遊びは普段の遊びと比べ、予想以上に体力を消耗しています。

0歳児の水遊びは10分毎に休憩や水分補給をさせるようにしましょう。

また全体の遊び時間も長くても20分~30分位と、長時間水遊びをすることは控えましょう。

 

赤ちゃんから目を離さない

まだ水のことをよく知らない0歳児の赤ちゃんにとっては、水の危険性もよく理解できていません。

水遊びには危険がつきものなので、どんな状況でも子どものそばにいて目を離さないようにしましょう。

 

水遊びをしたあとはしっかり休憩

水遊びが終わったらすぐに体の水滴を拭き、乾いた清潔な服に着替えさせましょう。

また水遊びは予想以上に体力を消耗しているので、その後はたっぷりお昼寝をして休憩をとるようにしましょう。

 

0歳児の水遊びデビュー方法

0歳児の水遊びってどうやって始めたらいいの?という疑問にこちらではお答えします。

水遊びのデビュー方法や、0歳児といっても成長の時期によって遊び方が変わってくるので、ぜひ参考にしてみてください。

水遊び 0歳児 川 親子

 

まずは自宅で水遊び

0歳児の水遊びなら、まずは自宅のお庭やベランダにビニールプールを設置し、水に慣れるところから始めてみましょう。

おすわりが安定してきたら、本格的に水遊びを始めてOKです。

 

遊び方(おすわり期)

おすわり期の赤ちゃんなら、まずはビニールプールの外から手や足を水に少しつけてみて、パシャパシャと遊んでみましょう。

慣れてきたらビニールプールの中に入り、手足を動かしてみましょう。

またコップ等を使って少量の水を赤ちゃんにかけてみましょう。最初は足や手にかけて徐々に慣れさせていくと良いでしょう。

 

遊び方(たっち・あんよ期)

たっち・あんよ期の赤ちゃんなら、おもちゃを使って水遊びをしても良いでしょう。

プカプカ水面に浮いたおもちゃに触れる、掴む、すくう等の遊びにチャレンジし感覚を養っていきましょう。

また水鉄砲やじょうろを使って水を出すと、水の形がいつもと違ってくるので、赤ちゃんは興味津々になるでしょう。

 

0歳児の水遊びに便利なアイテム

水遊びを満喫するためにあると便利なアイテムをご紹介します。

しっかり事前に準備し思いっきり水遊びを楽しみましょう。

水遊び 0歳児 バスポンチョ

 

ビニールプール

自宅で水遊びをする場合は、ビニールプールを用意すると良いでしょう。

水を張る際は水温がなかなか上がらないので、お湯を足して人肌の水温に調節します。

また大きなビニールプールは膨らませるのが大変なので、空気入れがあると助かります。

 

レジャーシート

屋外で水遊びをする場合は、疲れて休憩したり荷物をすぐそばに置いたりするのにレジャーシートがあると便利です。

 

おもちゃ

0歳児の水遊びも、水の中で使えるおもちゃがあるとより一層楽しくなります。

家の中にあるものでも、食器用洗剤の空容器を水鉄砲にしたり、ペットボトルの底に穴をあけてじょうろにしたり、スポンジをお魚の形に切り抜いてプカプカ水面に浮かぶおもちゃにすることもできます。

 

着替え、帽子

水遊びが終わった後は、乾いた清潔な服に着替えましょう。

また日差しの当たる屋外での水遊びの場合は、熱中症対策、紫外線対策のために帽子をかぶると良いでしょう。

 

多めのタオル

水遊びをしている赤ちゃんだけでなく、そばで付き添う大人も水に濡れる場合があります。

水遊びをしているときは赤ちゃんから目を離すことができないので、手の届くところにタオルを多めに用意しておくと良いでしょう。

 

飲み物

屋外での水遊びは、水に触れているといっても気温が高く、水分不足になる可能性があります。

こまめに水分を補給し熱中症を予防しましょう。

 

まとめ

水遊び 0歳児 プール 親子

今回は0歳児の水遊びに関して、どんなねらいや効果があるのか、また気を付けるポイント等についてもご紹介しました。

また水遊びをするときの便利なアイテムもご紹介したので、これから水遊びを始める方はぜひ参考にしてみてください。


-水遊び

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-