水遊び

幼児にぴったり!千葉の水遊びスポット10選

夏のお楽しみはいろいろあるけれど、子供のテンションが一番上がるのは、やっぱり水遊び!

まだ水遊びの経験が浅い、チビッ子たちだって、こんなに暑い夏の日には、青い空の下、思いっきりバシャバシャして遊びたいですよね。

でも、幼児を連れての、海や川へのお出かけは、なかなかハードルが高い…。

そんな親子にぴったりの、気軽に行ける水遊びスポットを、千葉県でさがしてみました。

ぜひ、チェックしてみてくださいね!

 

千葉の水遊びに最適なスポット10選|小さなお子さんにもオススメ

千葉 水遊び 幼児 緑の川

千葉の水遊びスポットは、県内全域に点在していますが、ここでは、

  • 緑が豊富など、環境が良い
  • 地下水を使うなど、水質が良い
  • 清掃が頻繁で、管理がしっかりしている
  • 子供のことをよく考えられていて、満足度が高い

などの、おすすめポイントを持った10ヶ所を、千葉県の地理に詳しくなくても、わかりやすいように、県北部と県南部に分けて、お伝えしていきます。

 

千葉県北部で行くなら

ふなばしアンデルセン公園(船橋市)

千葉 水遊び 幼児 アンデルセン公園

旅行サイトによる、日本のテーマパーク部門で、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに次いでの全国3位に選ばれ、一躍有名になった、ふなばしアンデルセン公園。

ふなばしアンデルセン公園
https://www.park-funabashi.or.jp/and/

広い敷地内を5つのゾーンに分け、さまざまな遊び方を提供してくれる、魅力的な公園ですが、もちろん、水遊びだってできます。

水遊びができるのは、ワンパク王国ゾーンにある『にじの池』と、『アルキメデスの泉』です。

『にじの池』は、中央にシャワーミストを出す噴水があり、晴れていれば、その名前の通り、虹が見られます。

洋服でも入ることのできる、じゃぶじゃぶ池ですが、とても広々としていて、まるで浅いプールのように、のびのびと遊べます。

『アルキメデスの泉』は、科学者アルキメデスが考えたと言われる、ポンプや水車の仕組みを、遊びながら学べる施設です。

難しいことはわからなくても、見たこともない遊び方で水と遊べるので、幼児も目を輝かせてしまうこと、間違いなしです。

このエリア周辺には、日影がほとんどないので、訪れる家族のほとんどが、日よけのための簡易テントを、用意してくるようですよ。

 

手賀の丘公園(柏市)

柏市で人気のじゃぶじゃぶ池といえば、手賀の丘公園です。

ここのじゃぶじゃぶ池の特徴は、なんといってもすべり台でしょう。

地形を利用し、斜面の上の方の池と下の方の池を、小川のような水路でつないだ形になっていますが、その中間にすべり台があります。

石でできたすべり台ですが、幼児でも遊べるくらい短く、なだらかです。

流れる水と共にすべるのは、幼児にとっては、興奮のウォータースライダー体験となるでしょう。

手賀の丘公園のじゃぶじゃぶ池は、自然林の中にあるため、木陰が日よけになってくれるので、見守る大人も快適というところも、高ポイントです。

ただし、林ですので、虫よけ・虫刺されの薬を持って行ったほうが、虫に悩まされることなく、安心して遊べるでしょう。

 

千葉ポートパーク(千葉市)

千葉港に面した、千葉ポートパークの中には、『ウォータープラザ』という、水遊び場があります。

千葉ポートパーク
http://chiba-portpark.com/guidance

階段状に、池が4つほど造られていて、一番上の池から順に、下の池へと水が流れていく形の、ユニークなじゃぶじゃぶ池です。

こちらの水は、水質検査済みの地下水だそう。

地下水だけに、真夏でも冷たさがキープされ、気持ちよく遊ぶことができます。

また、パークの『ビーチプラザ』は、長さ590メートルに渡る、人口海浜になっていて、砂浜を散策できるスポットになっています。

ビーチでの遊泳は禁止ですが、水遊びに行って、貝ひろいまでできるという、ちょっとお得な千葉ポートパークです。

 

香澄公園(習志野市)

香澄公園は、大型商業施設が立ち並ぶ、幕張エリアにほど近い公園です。

ところが、そんな都会の中にいると思えないような、緑の中での水遊びが、できてしまうのです。

じゃぶじゃぶ池としては広さがあり、のびのびと遊ぶことができますが、深さは最も深いところでも、40センチ程度なので、幼児でも遊びやすいです。

地下水を汲み上げ、滅菌処理をしたものを流していたり、週に一度は、清掃のために休みをもうけていたりと、衛生管理がしっかりとされているところも、安心感があります。

また、じゃぶじゃぶ池のすぐそばには、バーベキューのできるエリアがあります。

いっぱい水遊びをして、お腹を空かせてから、美味しいバーベキューを食べるという、大満足な休日プランも、立てられそうですね。

 

青葉の森公園(千葉市)

千葉県立の施設である、青葉の森公園でも、水遊びができます。

『水の広場』のじゃぶじゃぶ池には、上から雨のように水が降ってくる『雲の噴水』や、水が湧き出る『泉の噴水』など、子供が喜ぶ仕掛けが、用意されています。

「噴水の迫力はちょっと怖い…」という子にも、小川のせせらぎのような、おだやかな水の流れる、水路もありますので、ご安心を。

じゃぶじゃぶ池周辺に、木陰はありますが、多くの方は、簡易テントを用意して、パーソナルエリアを、確保されているようです。

『水の広場』に隣接する施設、『つくしんぼの家』は、千葉市の『赤ちゃんの駅』に登録されていて、授乳室や、パパも使えるおむつ替えコーナーがあります。

また、トイレに幼児用便座があるというのも、幼児連れに優しい、青葉の森公園です。

 

千葉県南部で行くなら

百目木(どうめき)公園(袖ヶ浦市)

千葉 水遊び 幼児 百目木公園

百目木公園での、幼児の水遊びスポットは、小川のような水路です。

地下180メートルから汲み上げた、冷たくて綺麗な井戸水を利用しているという、人気のせせらぎです。

真夏でも、冷たい水の流れるせせらぎは、毎シーズン、子供達でにぎわっています。

また、百目木公園には、有料プールがあるのですが、こちらも同じく、井戸水利用というので驚きです。

プールにも、幼児用の『ファンタジープール』がありますので、お子さんの水慣れレベルに合わせて、せせらぎかプールか、選んで遊びに行ってみるのもいいですね。

 

富津公園ジャンボプール(富津市)

こちらは富津市にある、海と緑に囲まれた公園の中のプールです。

富津公園ジャンボプール
https://www.cue-net.or.jp/kouen/futtsu/

ここにある4つのプールのうちの、『児童プール』は、水遊び用おむつの幼児でも、入ることができます。

おむつOKのプールは、なかなかないので、幼児がプールデビューするには、最適なスポットですね。

パラソルや日傘、脚付きテントの使用はできませんが、簡易テントの利用がOKなのは、暑いプールサイドでは、とっても助かります。

比較的混雑しないので、のんびりゆったり、子供のペースに合わせて遊べるプールです。

 

上総更級公園(市原市)

市原市の中心部近くに、2015年にオープンした、まだ新しく、きれいな公園です。

じゃぶじゃぶ池の水深は浅く、幼児が安心して、水遊びに熱中できる感じです。

池のある『けやき広場』は、池を取り囲むように、けやきの樹が植えられています。

年数が経ち、公園のけやきが成長するにつれ、じゃぶじゃぶ池の風景も、またさらに自然の清々しさが増すことでしょう。

上総更級公園は、大きなショッピングモールのすぐそばにあります。

ショッピングのついでに、手軽に寄ることができるので、一日の行動のプランニングがしやすい、ちょっと便利な水遊びスポットです。

 

道の駅ちくら・潮風王国(南房総市)

外房の海に面し、海の幸を買ったり味わったりできる道の駅ちくらに、なんと、水遊びのできるスポットがあります。

道の駅ちくら・潮風王国
https://shiokaze-oukoku.jp/

こちらのじゃぶじゃぶ池の特徴は、海水を引いてきているということ。

ただの水遊びというよりは、まるで海で遊んだかのような、ちょっと特別な感じがします。

しょっぱい海水に、初めての幼児はびっくりかもしれませんね。

また、潮風王国の裏手の海は、岩場になっているので、気軽に磯遊びもできます。

アクアシューズを用意し、岩場におりて、小魚やカニを観察してみるのも、楽しいですよ。

潮風を感じながらの水遊びは、まさに、潮風王国ならではです。

 

千葉県酪農のさと(南房総市)

千葉県酪農のさとは、南房総の山の中にある、日本酪農発祥の地につくられた施設です。

千葉県酪農のさと
http://www.e-makiba.jp/

酪農資料館や、ヤギや白牛のいる牧場がある施設ですが、こちらの中に、親水公園があり、水遊びができるようになっています。

敷地内に、丸山川という小川が流れていて、そこで水に親しむことができるように、配慮されているのです。

川岸には、遊歩道が整備されていて、川の中には、飛び石も設置されています。

自然の川ですので、水量の増減はありますが、基本的には浅い川なので、幼児の水遊びも大丈夫。

牧場ののんびりとした雰囲気の中、自然を満喫する水遊びができそうです。

 

幼児の水遊び・チェックすべきポイントとは?

楽しそうな施設がいっぱいで、早速お出かけしたくなりますね。

その前に、チェックすべきポイントを、おさらいしておきましょう。

千葉 水遊び 幼児 チェックリスト

 

家を出る前のチェックポイント

幼児を水遊びに連れて行こうと決めたら、まずは、行く先の施設のルールを確認しましょう。

お子さんがおむつをしている場合、施設によっては、入ることができない場合があります。

また、水遊び用のおむつならばOKという場合でも、立って遊ぶだけなら良いけれど、座ってお尻をつけて遊ぶのはNGなど、細かいルールがあったりします。

次に、お子さんの体調のチェックです。

  • 体温・食欲・睡眠の様子
  • 鼻水や咳などの、風邪症状がないか
  • 目ヤニや、目の充血・腫れはないか
  • 湿疹・かぶれなど、皮膚の異常はないか
  • 爪は短く切ってあるか

後あとつらい思いをさせないように、しっかりジャッジしてあげてくださいね。

 

水遊び場でのチェックポイント

水に入る前には、必ずトイレを済ませましょう。

遊び始めたら、どんな水深の場所であれ、絶対に、目を離さないでくださいね。

幼児は、たった数センチの水でも、溺れてしまいますし、大暴れしながら溺れるというイメージとは逆で、とても静かに溺れるのだそう。

幼すぎて、自分に何が起こっているか、理解できず、助けを呼ぶこともできないので、必ず近くで見守りましょう。

また、公共の場である以上、どこかに不審者がいることもあり得ますので、とにかく幼児からは、目を離さないことが大切ですね。

遊び時間は、一気に長時間ではなく、休憩をはさみ、短時間を複数回、とるようにした方がいいでしょう。

水に濡れているので気付きにくいですが、実は水遊びの時には、かなり汗をかいています。

こまめに水分を摂らせ、熱中症を予防してあげてくださいね。

 

水遊びの持ち物・あると便利なアイテム

水遊びの持っていくもので、意外と見落としがちなもの、あると便利なものをまとめてみました。

千葉 水遊び 幼児 夏のアイテム

 

持ち物は?

まずは着替えですが、ここでお伝えしたいのは、大人の着替えです。

浅い水場だから、大人は大丈夫だと思っていても、意外と濡れてしまうものです。

特に、水遊びグッズが持ち込み可能な場所だと、まわりの子が遊んでいる水鉄砲に、いつの間にか被弾して、びしょ濡れなんてことも…。

そんなハプニングがあっても、笑って楽しめるように、大人も着替えを持って出かけましょう。

また、屋外の水遊び場は、ほとんどが日よけされていませんので、日焼け止めや、太陽から頭を守る帽子のご用意を。

虫がいることもありますので、虫よけや虫刺されの薬があれば、安心です。

最後に、水遊びの後は、急速に体が冷えますので、冷えた体を温める用に、大きめのバスタオルを持って行ってくださいね。

 

便利アイテムは

  1. ポップアップテント(ワンタッチテント)
    http://www.northeagle.co.jp/products/10/ne992.html
    日よけになったり、活動基地として使えることはもちろんですが、小さな子供の着替えの、目隠しとしても使えます。

  2. カート
    https://book.yamazen.co.jp/product/campers/multi_carry/EMC-80
    水遊び場は、駐車場から遠く離れている場合も多いので、荷物運び用のカートがあれば、何かと増えがちな水遊び用の荷物も、余裕で運べます。

 

まとめ

千葉 水遊び 幼児 後ろ姿

個性豊かな、千葉の幼児向け水遊びスポット、いかがでしたか?

千葉県では海水浴だけでなく、いろんなスタイルで夏の水遊びを楽しめますね。


みなさんも、親子でとっておきの、夏の思い出を作ってみてくださいね。

-水遊び

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-