衣替え

まだ使ってない?100均の圧縮袋は衣替えにピッタリだった!!

梅雨が明ける前になんとか夏物の衣替えが終わって、ホッと一息。

すっかり片付いたなと思っていたら、クリーニングに出していた冬物のコートが戻ってきて、結局クローゼットはパンパン・・・

特に冬物から春夏物への衣替えの際は、冬には活躍してくれるアウターやセーターも、収納するとなるととても厄介ですよね。

100均 圧縮袋 衣替え ぐちゃぐちゃ

そんなかさばる衣類は、圧縮袋でコンパクトに収納しましょう!

100均ショップには、使用用途によって様々なサイズや種類の圧縮袋がありますよ。

なんと、布団用や毛布用など嬉しい品揃えも!

クローゼットの収納スペースも増えるし、見た目もスッキリ!!

オシャレなデザインの圧縮袋もあるので、テンションも上がりそうです。

今回は、100均の中でもダイソー・セリア・キャンドゥの3社で手に入る圧縮袋のご紹介、そして、圧縮袋の上手な使い方や注意点についてお話したいと思います。

 

衣替えシーズンに役立つ100均の圧縮袋とその機能の違い

ダイソー・セリア・キャンドゥともに、衣類用以外にもトラベル用や携帯用などのラインナップがあり、そのサイズ展開は豊富です。

衣替えの時期ならではの、衣類用・布団用圧縮袋に焦点を当てて一押しアイテムをご紹介したいと思います!!

100均 圧縮袋 衣替え ふとん

 

衣類用圧縮袋

  • ①セーターやトレーナー、フリースなど厚手の衣類にオススメ
    ・ダイソー「厚物衣類用圧縮袋」
    普通の圧縮袋よりサイズが大きく、厚手のトレーナーやセーターなど、最大2枚圧縮可能。

  • ②かさばるアウターに嬉しいアイテム
    ・ダイソー「吊れる圧縮袋」
    ダウン最大2枚を圧縮し、そのままハンガーラックに吊るして収納できます。
    価格は300円ですが、クローゼットの収納スペースに余裕が出ますね。

  • ③薄手の衣類やマフラー、帽子など小物、子供服
    ・3社ともにサイズ豊富な圧縮袋が活躍します。
    セリアやキャンドゥにはオシャレな柄やカラーものもありますし、ダイソーには子供が喜びそうなディズニーやサンリオ柄の商品もあります。
    面倒な衣替えも、テンションを上げて、楽しく衣替えができそうですね!

  • ④衣装ケース用・押入れ収納ケース用
    ・3社ともにラインナップしていますし、大きいサイズならコートも十分圧縮できますよ。
    ・ダイソー「衣装ケース用まとめて」
    こちらは200円の商品になりますが、一般的な衣装ケース2個分(セーターフリースなど約12~20枚)を1個分に圧縮できる優れもの!

 

布団用圧縮袋

100均にはサイズ豊富な布団用圧縮袋だけでなく、こたつ布団用や毛布用など嬉しいラインナップもありますよ!

  • ①シングル掛け布団用
    ・3社ともにラインナップしており、サイズも110×100㎝。
    シングル掛け布団1枚を四つ折りにして圧縮できます。

  • ②敷布団用
    ・ダイソーのみ、サイズ130×100㎝のものがあり、敷布団が十分収納できますよ。
    ただし、200円の商品です!

  • ③毛布やブランケット、タオルケット
    ・3社ともにラインナップ。
    サイズも60×90㎝程度あり、大物衣類にも使えるのではないでしょうか?

  • ④こたつ布団や座布団、クッション
    ・あると便利!なサイズ展開も3社ともに揃っています。

  • ⑤ワンセットまとめて収納
    ・ダイソー「ふとん一式まとめて圧縮袋」
    シングル掛け布団と敷布団、さらに毛布をセットにして圧縮できます。
    衣替えというよりは、ゲスト用に重宝しそうですね!
    価格は300円。

  • ⑥羽毛布団用
    ・ダイソー「羽毛布団用圧縮袋」
    羽毛布団は素材がデリケートなため、圧縮には向いていませんが、ダイソーは専用の圧縮袋をラインナップしていますよ!

 

圧縮袋の機能の違い

さらに、圧縮袋と一言でいってもその機能や使い方によって違いがあるので、少し説明しますね。

  • 逆止弁付き圧縮袋
    袋を閉じた後、衣類をクルクル巻いて空気を抜く。
    掃除機が不要であるものの、比較的ボリュームの少ない衣類に向いています。

  • ・バルブ式圧縮袋
    袋を閉じたら、逆止弁のついたバルブから掃除機で空気を抜く。

  • ・スライダー式圧縮袋
    スライダーで袋のジップを最後まで閉めず、少しの隙間に掃除機を差し込み空気を抜く。

 

圧縮袋の上手な使い方と注意点

圧縮袋はかさばる衣類や布団を収納するのにとても便利なもの。

より効果的な使い方と忘れがちな注意点をお話ししていきますね。

100均 圧縮袋 衣替え ポイント 若い女性

 

プラスαでもっと上手く使う

  • ダニ予防にダニ対策圧縮袋(ダイソー)を使う
  • 圧縮袋用の防虫剤を一緒に入れる
    (通常の防虫剤は密閉されていると揮散されにくい)
  • シリカゲルなどの乾燥剤を一緒に入れて湿気を避ける

 

圧縮収納の注意点

・パッケージにある収納期限目安を参考にする
(目安を超えると圧縮率が低下し元に戻ることがある)

・圧縮し過ぎない
(シワや生地の痛みの原因に)

・衣類は洗濯してから、布団はしっかり乾燥させてから
(カビやダニの原因に)


・自宅の掃除機が対応しているか確認
(ダイソンなど海外の掃除機や、ハンディタイプなど特殊な形状のノズルは対応していないことが多い)

・羽毛布団対応か確認
(もともと圧縮には向いておらず、中の羽根が折れてしまうとフカフカな状態に戻らないことも)

 

まとめ

100均 圧縮袋 衣替え 計算機

衣替えシーズンに頭を悩ませるのが、かさばる衣類をいかにコンパクトに収納するか、という問題でした。

そこで活躍するのが圧縮袋!

100均で手に入る、衣替えに活躍する機能的なアイテムはコチラ

  • ダイソー「厚物衣類用圧縮袋」
  • ダイソー「吊れる圧縮袋」
  • ダイソー「衣装ケース用まとめて」
  • ダイソー「ふとん一式まとめて圧縮袋」
  • ダイソー「羽毛布団用圧縮袋」

ダイソーの商品は痛いところに手が届く、機能的な商品が多いといえますね。

一通り必要なものが揃うのは3社同様、それぞれのカラー、どれを選ぶのかはアナタ次第です!

自分らしく、楽しく衣替えができるとよいですね!!

-衣替え

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-