オススメ記事 保育園 衣替え

保育園から衣替えのおたより|子供が快適に過ごせる!用意すべきものはなに?

保育園のおたより|衣替えって必要?タイミングは?何を用意すればいいの?

一般的な制服などの衣替えは、6月と10月です。

ですので、そのころに保育園などから、衣替えについて書いてある「おたより」がくる時期になります。

子供は大人よりも体温が高いため、とっても暑がり。

体温調節機能がまだ発達してないので、服で体温を調節しないと、「あせも」になることもあります。

デリケートな子供たちの肌に負担をかけないように、衣替えのタイミングで、季節に合った衣服を用意しましょう。

保育園 おたより 衣替え 兄弟

 

衣替えが必要な理由

子供は風の子元気な子。といいますが、まだ自分の温度調節が苦手な子供もいます。

夢中で遊んで、びっしょり汗をかいた後も、そのまま・・・なんてコトも。

自分で着ている服を着替えて、気温にあった服を選べるようになるためには、周りの大人のサポートが必要です。

季節の変わり目は、気温の変化に幅があるため、上手に衣類で調整してあげましょう。

 

6月の衣替え

6月の梅雨から夏にかけては、子供たちが楽しく遊んで、汗をかいた後も心地よく過ごせるように、保育園では、こまめに着替えを行います。

登園の時も、なるべく半袖や風通しの良い衣服を着ましょう。

また、保育園で水遊びやプールが始まるのもこの時期。

「おたより」で随時お知らせがあると思いますが、水着やタオルなども、事前に用意しておくといいですよ。

 

10月の衣替え

10月になると、すっかり涼しい季節に。

気持ちよく外で遊んで、汗をかいたりしたときに、体が冷えないように、長袖などの秋物に着替えを行います。

最近は暑さが続くこともあるので、厚着で来園しまった場合、着替えができるように多めに衣類を準備するといいでしょう。

朝晩の送迎時は肌寒いことも。

ですが、こどもの活動量はとっても多いので、すぐ体温が上がって、汗をかいてしまいます。

夏も、冬も、子供に「あせも」ができやすいのは、体温調節が発達してない子供ならでは。

ですので、着替えも長袖だけではなく、半袖と長袖の両方の準備するのがおススメです。

 

衣替えで用意したほうがいいもの

夏の衣替えでしたら、薄手の洋服、半ズボン、下着類、着替えた後の服をいれるビニール袋を用意しましょう。

冬の衣替えは、逆に、遊んで汗をかいた後も、冷えて風邪をひかないように、長袖や厚手の洋服、下着類、着替えた後の服をいれるビニール袋があるといいですね。

衣類や袋には、名前を書きましょう。

 

衣替えで気を付けるポイント

6月の衣替えでは、薄着になっているので、爪を短く切っておくのがポイントです。

保育園 おたより 衣替え 保育士と子供

爪が伸びていると、遊んでいる時に、子供同士で爪が当たって傷つけてしまうことも。

また、爪が長いとバイキンが挟まりやすくなります。

爪についたバイキンが口に入り、病気の原因になるリスクもあります。

自分の子供とお友達のためにも、爪はこまめに切りましょうね。

 

また、保育園の「おたより」の中には、各園で、決められた洋服について記載があります。

「紐がついている洋服はおやめください」など、保育園の決まりを守って、持っていく洋服を選んであげましょう。

最後に、サイズを確認するのを忘れずに!

昨年は着れたけれど、今年はもう服が小さくなっている!なんてことも。

小さな子供ほど、成長は早く感じるものです。

今の子供のサイズに合っているかどうか、保育園に持っていく前に、今一度確認するといいですよ。

 

まとめ

保育園 おたより 衣替え ブランコ

季節を通じて、子供たちが心地よく楽しく過すためにも、衣替えはとっても大切です。

衣替えを通じて、汗をかいたら、汗が冷える前に、着替えをすることや、季節に合った服を選ぶ、などなど、

その日の天気や、自分の体温に応じて、子供たちが自分で着替えができるようになります。

そのためにも、保育園から衣替えの「おたより」がきた時は、ぜひ季節に合った衣類を用意してあげましょうね。


-オススメ記事, 保育園, 衣替え

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-