子供

【ギプス】雨の日の子供の対策は?快適にサポートする方法紹介します

子供が怪我をしてしまいギプスを装着することになったという方はいませんか?

雨の日にギプスが汚れるのは、大人同様、子供も気になるものです。

そこでオススメしたいのが「サポート」をすることです。

ここでは、ギプス装着時の子供にできる雨の日対策を2つご紹介。

また、サポートグッズを使用することの利点を3つチェックします。

最後には、サポートグッズを子供に使用する際の注意点も2つ調べました。

子供の不快さを少しでも軽減する方法を取り入れ、サポートしてあげてくださいね。

 

【ギプス】雨の日の子供に出来ることとは?

 ギプス 雨の日 子供 できること

雨の日ともなると、大人でさえ綺麗に保つことが難しいギプス。

子供であればなおさらの事です。

「多少の汚れなら仕方ない」と考えるかもしれません。

ギプスの装着期間は意外と長いもの。

だからこそ、雨の日の子供に対して出来ることを考えていきます。

ここでは、その方法を2つご紹介します。

 

防水カバー

防水カバーは雨の日はもちろん、入浴時にも使用できます。

ビニール袋やシャーリング付きのゴムなどでも対応はできますが、「雨の侵入を防ぐ」のはカバーがオススメ。

 

「TAKUMED 繰り返し使える ギプスカバー 防水」

伸縮性の高いシリコン製なので、装着もしやすく繰り返し使用可能な40cmカバーです。

 

「LimbO プレミアム 防水プロテクター」

腕用のゴム製カバーです。

日本製なので安心感も抜群。

サイズが4サイズ用意されていますから、お子様の体格・年齢に合わせて選べます。

 

歩行用のカバー

ギプス箇所が足という場合、雨の日に歩くとすぐに汚れてしまいます。

そんな時に便利なのが「歩行カバー」です。

 

「AOIREMON ギプスシューズ 」

左右どちらでも使える歩行カバーです。

つま先とかかとの圧力を下げた作りで、足に負担を掛けずに歩行ができます。

また、ファスナーも2つついていますから、ギプスサイズにフィットさせやすいのも特徴的です。

防水カバーと組み合わせると、雨の日のギプスも快適。

 

「アルケア キャストシュー・WP M 歩行用キャストカバー」

シンプルな作りでつま先までしっかりとカバーしてくれるタイプです。

船底形状なので、歩きやすさも十分。

面ファスナータイプですから、子供1人でも着脱しやすい歩行カバーです。

 

「BEATON JAPAN 腕つり用サポーター」

傘からギプスが出てしまう際にも安心なのがアームホルダーです。

親指部分がフックになっていますので、安定感もじゅうぶんです。

また、肩パットがついているのも嬉しいポイント。

長時間のお出かけ時の肩への負担も軽減できます。

 

雨の日でも快適に過ごせるギプスのサポートグッズの利点

 ギプス 雨の日 子供 サポートグッズの利点

病院や医療施設では、ギプスに巻く包帯を定期的に交換してくれることもあります。

また、包帯交換の方法を指導されるという親御さんもいるかもしれません。

しかし雨の日ともなると、ギプス本体も濡れてしまうこともあるのです。

だからこそ、サポートグッズがオススメ。

ここでは、なぜサポートグッズの利点について3つご紹介します。

 

衛生環境が保てる

サポートグッズは、ギブス部分すべてをカバーしてくれます。

ですので、汚れる可能性が低くなるのです。

これは、衛生環境を良い状態に保ってくれるとも言えます。

 

防寒効果が期待できる

特に足のギプス装着時には、足が冷えやすいものです。

サンダルや靴を履いていても、雨に濡れれば指先が冷えてしまいます。

サポートグッズを取り入れることで、雨に濡れること・ギプスや普段の靴だけで地面に足を付けずに済みます。

雨天時はもちろんですが、寒いときにもピッタリです。

 

気持ち悪さを軽減

ギプスが雨に濡れてしまうと気持ち悪いと感じます。

敏感な子供であれば、グズグズが始まってしまうこともあるのです。

サポートグッズでこの気持ち悪さを軽減できます。

防水カバーと歩行カバーを組み合わせれば、ほとんど濡れる心配はありません。

 

雨の日用ギプスサポートグッズを子供に使用する際の注意点

 ギプス 雨の日 子供 注意

雨の日に子供へ使いたいギプスのサポートグッズ。

お手頃価格で、怪我の箇所やお子様の快適な環境を守ることができます。

とはいえ、使用時には注意をしておきたいポイントがあります。

ここでは、注意ポイントを2つご紹介します。

 

サイズを確認する

十分にサイズは確認してください。

「ギプスを巻いているのだから大きめを購入しよう」という方もいるようですが、それは間違いです。

サポートグッズは「ギブス部分を考慮されたサイズ設定」なのです。

雨の侵入から守るためにも、ジャストサイズを選ぶことが大切。

 

季節によって蒸れ感や寒さを考える

 ギプス 雨の日 子供 季節

季節によって、冷えや蒸れを感じやすくなります。

出来る限りの対策をしてみてください。

・「ギプスの上から履けるめちゃのび靴下」
Amazonはこちらより

ギプスの上から履ける靴下。

春夏用であれば、通気性もあり汚れもカバーできます。

寒い季節であれば、秋冬用を準備すると安心です。

 

まとめ

 ギプス 雨の日 子供 まとめ

  • ギプスを装着している子供の雨の日はサポートグッズで乗り切る
  • サポートグッズを取り入れるメリットは大きい
  • 子供にサポートグッズを使用する際の注意点を確認しておくと安心

ギプス装着というだけで子供はストレスを感じるもの。

さらに雨の日ストレスを感じさせないためにも、ぜひともサポートグッズを利用してみてください。

怪我の程度にもよりますが、装着期間が長くなる場合もあります。

少しでも「快適でいられる方法」があれば積極的に取り入れるのがオススメです。


-子供

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-