衣替え

俳句で「衣替え」はいつの季語になるの?

衣替えといえば、一般的に皆さん春や秋に行っていると思います。

そのため俳句で「衣替え」を使う時に、春や秋の季語として使ってしまう人が多いのではないでしょう?

ですが、俳句の世界では「衣替え」は別の季節の季語として使われています。

俳句ではどの季節の季語として使うことが出来るのか気になる人のために、「衣替え」の季語についてや俳句について紹介していきたいと思います。

 

「衣替え」の季語はいつを指しているの?

多くの人が「衣替え」は春または秋の季語だと勘違いしていると思います。

ですが実際は別の季節の季語なのです。

これは俳句を作うえでとても重要ですね。

俳句の季語「衣替え」についてまとめてみました。

後で俳句の作り方やプレバトの人気の秘密も解説しているので良かったらそちらもご覧ください。

衣替え 俳句 季語 書く女性

 

「衣替え」は夏の季語だった!

衣替えは「更衣」と言われ、江戸時代4月1日に綿入れと脱いだそうです。

現在では、冬から春に着ていた衣を夏物に変えることをいうので、衣替えは「初夏」の季語として使われます。

俳句界では、「衣替え」は夏の季語とされているので、俳句を作る際は注意してください。

 

そもそも衣替えはいつから始まった?

皆さんは衣替えがいつから始まったものなのか知っていますか?

習慣になっているため、いつから始まったものなのか知らない人はほとんどではないでしょうか?

衣替えは、中国の風習で日本に伝わってきたのは平安時代です。

日本に伝わってから衣替えは、宮中行事として定着し、平安時代の中期くらいから始まったとされています。

当時衣替えは、旧暦4月1日と10月1日の2回行われていました。

平安自体の服装と言えば「着物」だったので、季節ごとの衣装はありませんでしたが、下着などで温度調整をしていたようです。

明治時代にあると、日本人は着物から、洋服に変わって、明治5年に礼装礼服を廃止して、洋装の大礼装を制定着用が義務付けられました。

明治6年になると新暦が施行され、6月1日~9月30日までは夏服、10月1日~5月31日までは冬服というのが、企業や学校などでは定着しました。

衣替えはこんなにも昔から行われているものということがおわかりいただけたと思います。

 

俳句を作って楽しもう

俳句は日本文化の伝統で、5・7・5の17音で表現する詩です。

そして世界で最も短い定型詩と言われています。

学校の授業でも習うため、誰でも1度は俳句を作ったことがあるのではないでしょうか?

季節や風景を感じて作るので、比較的に誰でも簡単に作ることが出来ると思います。

俳句の作り方さえ覚えれば、誰でも俳句を楽しむことが出来ると思いますし、俳句の魅力に気づくことが出来ると思うので、是非試してみてください。

衣替え 俳句 季語 筆と紙

 

俳句の作り方

俳句の作り方がイマイチわからないという人のために作り方を簡単にまとめておきます。

  • ~作り方①5・7・5で表す。~

    基本的には5・7・5の17音で俳句を作ります。
    「しょ」などのように拗音の場合は、2文字を一緒に発音するので、1文字としてカウントしてください。

  • ~作り方②季語を入れる~

    俳句内には、季語を入れるのが基本的です。
    季語とは、季節を表した言葉で、四季のある日本では、親しまれた言葉です。
    春でいれば、桜
    夏でいえば、海
    秋でいれば、紅葉
    冬でいれば、雪というように季節を感じることが出来る言葉を季語と言われているので、そこ季節になった季語を使い、俳句を作るようにしましょう。

  • ~作り方③生活の中から俳句の材料を見つける~

    私たちが生活している中に、俳句で使える材料がたくさんあります。
    身近な物、自分が好きな物や場所などを材料として俳句を考えると、誰でも作りやすいと思うので、参考にするといいでしょう。

  • ~作り方④自分が伝えたいことは何なのか考える~

    自分が俳句で何を1番伝えたいのか考え、それを俳句の中心として考えていくと俳句が作りやすくなります。

 

衣替えを使った俳句を紹介!

先ほども言いましたが衣替えは「更衣」と言われています。

そして歳時記では、「更衣」を使った俳句がたくさんあったので、いくつか紹介していきます。

家中の畳を拭いて更衣 ~作者~能美昌二郎

更衣はたちの頃のワンピース ~作者~渡辺八枝子

結局は断捨離出来ぬ更衣 ~作者~美川美代子

 

プレバトが人気な理由とは?

プレバトは、現在多くの人からとても人気な番組の1つです。

衣替え 俳句 季語 テレビ

では、どうしてこんなにも人気なのかについてみていきましょう。

人気の理由1、夏井先生の毒舌査定

プレバトで俳句バトルの放送から、全国的にも俳句ブームが引きおこっています。

俳句の査定をしている夏井先生は、2017年度の放送文化基金賞まで受賞したすごい先生でえ、今では活躍の場が広がりました。

プレバトでは、芸能人たちが作った俳句を査定し、相手が誰だろうと容赦なく、鋭い指摘を繰り出しています。

この毒舌加減がプレバトの見どころになっていて、多くの人からの人気を集めているんです。

 

人気の理由2、査定結果で昇格がある

才能査定ランキングは、夏井先生の査定結果で昇格などがあります。

この昇格制度があることで、誰がどのような結果になるのか視聴者がワクワクしながら見ることが出来るので、毎回飽きず楽しめるんです。

才能ありや凡人、特待生、名人、永世名人というように格付けされるため、芸能人も永世名人になれるように頑張っている所も楽しめる部分ではないでしょうか。

 

人気の理由3、俳句が映像化される

プレバトでは、芸能人が作った俳句が映像化されることが、人気の大きな理由になっているでしょう。

映像化することで、読み手がどのような発想をして、どんな気持ちでどのような光景を読んでいるのか視聴者もわかりやすく、共感することが出来ています。

このような理由からプレバトという番組は多くの人から人気があり、楽しめる番組になっています。

 

まとめ

衣替え 俳句 季語 風鈴

春や秋などに衣替えをするため、多くの人は春や秋が衣替えの季語だと勘違いしていましたが、実際は初の季語だということや平安時代から衣替えがあったことをおわかりいただけたでしょうか。

衣替えが夏の季語だとわかったと思うので、夏の俳句を作る時は是非活用してみてはいかがでしょうか?

また俳句は、日本文化の伝統的なものですし、現在はプレバトがきっかけに俳句ブームがきているので、あなたも是非俳句を作って楽しんでみてはいかがでしょうか?

俳句に興味をもった人のために作り方も簡単に紹介しておいたので、参考にして俳句を作ってみてください。

またプレバトを見ても俳句の楽しさを知ることが出来ると思うので、プレバトを見てみるともっと俳句の魅力をすることが出来るでしょう。

-衣替え

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-