スキー 子供

子供のスノーボード板の選び方! 長さや幅はどれくらい?

子供がスノーボードを始めたいって言っているけど、スノーボード板ってどう選べば良いの?

未経験者だから、どの長さを選べばいいのかわからない。

そんな方のために、スノーボード経験者の筆者が、スノーボード板の選ぶポイントについてわかりやすくまとめてみました。

また、ボード板と同じくらい重要な、ブーツ選びについてもまとめましたので、参考にしてくださいね。

 

子供のスノーボード板の選び方!長さ・幅・形状はどれ?

初めての方は、どんな板が良いのか悩んでしまうと思います。

ここで大事なのは、「お子様が扱いやすいボード板を選ぶこと」です。

デザインを重視して買ったら、扱いづらい板だったということがないように、長さ、幅、形状を見て、ボード板を決めましょう。

 

①長さ

ボード板の長さによって、ターンのし易さが変わってきます。

長めのボード板にしてしまうと、コントロールしづらくなってしまいます。

一般的には、身長から−10㎝〜−15㎝くらいの長さのボード板を選ぶと良いと言われています。

大体、口か鼻くらいの長さですね。

身長には個人差がありますので、ちょうど良いサイズがない場合は、店員さんに相談してみましょう。

 

②幅

あまり気にすることはないと思いますが、ブーツの先やかかとが、ボード板よりちょっと出るくらいがちょうど良いです。

しかし、足の大きさが平均よりも大きい、小さい場合は、幅を考慮する必要があります。

ボード板の幅が狭い方が、コントロールし易いのですが、狭すぎると、ターンの時にブーツが雪面にあたり、転倒の恐れがあります。

また、幅が広いと安定しますが、ターンしづらくなります。

良いなと思った板があったら、ブーツを合わせて確認してみましょう。

 

③板の形状

板の形状には何種類かありますが、初心者にオススメなのはフラット型です。

安定感がよく、操作しやすいのが特徴です。

また、軽く、柔らかいボード板はコントロールしやすく、取り回しやすいので、選ぶ時に考慮しましょう。

 

スノーボードのブーツを選ぼう!選び方のポイントは?

スノーボード用品を選ぶにあたって、ブーツ選びは特に重要です。

自分に合っていない、履いている時に違和感があるブーツは、板の操作にも影響するので、ケガの元になります。

安全に楽しむためにも、しっかり選びましょう。

ブーツ選びのポイントを理解すると、探しやすいので、覚えておきましょう。

 

①フィット感

履いた時にフィットするブーツを選びましょう。

履いた時にブカブカだと足の踏ん張りがきかず、ターンの時にエッジの切り替えがしづらくなります。

しかし、きつすぎるのもダメです。

滑走していると、足が疲れてきますし、むくんできます。

ブーツがきついととても窮屈になり、「早く脱ぎたい」と思ってしまいます。

たくさん滑って早く上達したい場合は、足の疲れやむくみに考慮する必要があります。

 

②サイズ

ブーツのサイズは、いつも履いている靴のサイズで大丈夫です。

「足の成長とともに、大きくなるから大きいサイズを」と思いがちですが、大きいサイズを選んでしまうと、ブカブカになり、踏ん張りが効かなくなります。

選ぶ際には、ウインタースポーツ用の靴下も持っていき、実際に履いて確認しましょう。

購入後、少し大きいとお子様が思ったら、中敷きなどで調整すると良いです。

 

③柔らかさ

ターンをする際に屈伸動作が重要になってきますから、なるべく柔らかいブーツだと楽です。

しかし、お値段的にも高いかもしれません。

予算を設定しているのなら、予算内のブーツを何足か履いてみて、柔らかいブーツ、履き心地の良いブーツを選びましょう。

 

【まとめ】スノーボード用品は子供と一緒に決めることが大事!

初めてのご家族は、一度、スポーツ用品店に足を運び、直接商品に触れてみることをおすすめします。

ボード板は、口か鼻までの長さで、ブーツがちょっと出るくらいの、フラット型の板を選ぶと良いです。

ブーツは、柔らかく、ブカブカにならず、フィット感がちょうど良いものを選びましょう。

また、子供と一緒に決めることで、子供が愛着を持って、ボード板やブーツなどを、大事に使ってくれることでしょう。

今回ご紹介した、ブーツ選び、ボード板選びのポイントを参考に、気に入った商品が見つかるといいですね。


-スキー, 子供

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-