子供 年賀状

【年賀状に子供の名前】宛名は連名?家族宛ての正しい書き方・子供の敬称

年賀状の宛名部分に、どのように子供の名前を書くのか悩んでしまう、という方はいらっしゃいませんか?

年賀状に子供の名前を入れる基本的なルールや、年賀状の宛名の敬称は何を使えばいいのかまとめてみました。

また、どんなときにも対応できる、基本的な宛名の書き方のルールについてご紹介します。

 

年賀状に子供の名前を入れるときのルール

年賀状の宛名に子供の名前を入れるときにはどんなルールがあるのか、調べてみたのでご紹介します。

 

宛名を連名で書く時の基本的な順番

宛名を連名で書く時には、名前を書く順番にルールがあります。

1番右側に世帯主の名前を書き、世帯主の左隣に、世帯主の配偶者の名前、そして世帯主の子供の順番に書くのがルールとされています。

 

子供が多い場合の書き方

相手の家族に子供が多い場合もありますよね。

全部の名前を書いてしまうと、ハガキをめいっぱい使うことになってしまい、読みにくくなってしまいます。

3人から4人がギリギリです。それより多い場合は、世帯主の名前の横に「御家族御一同様」と書くのが良いと思います。

 

子供や配偶者の名前が分からない時にはどうする?

子供が幼稚園や小学校に通っている場合、お母さんだけとのお付き合いしかないこともありますよね。

そんな時は、知っているお母さんやお父さんの名前を書き、その横へ「御家族御一同様」と書き添えると良いでしょう。

年賀状をもらって相手の家族の名前が分かれば、翌年からは名前を書いて年賀状を出すことができますね。

 

両親の名前が分からない時にはどうする?

子供の友達に年賀状を出すこともあると思います。

子供の名前しかわからない場合は、子供の名前を書き、子供の名前の横に「御家族御一同様」と書くと良いでしょう。

 

子供の名前につける敬称はどのように決める?

宛名に書く子供の敬称はどのように決めて言えばいいのか、ご紹介します。

 

基本はどんな相手も「様」

送る相手の年齢や性別にかかわらず、基本的にはどんな相手でも「様」と書くのが無難です。

 

「くん(君)」や「ちゃん」を使ってもよい場合

送る相手の子供が生まれたばかりだったり、小学生低学年までであれば、「様」を使わなくても構いません。

「くん」、「ちゃん」を使ってはいけないという決まりはありませんので、子供が小さい内には使っても問題ありません。

 

子供の成長に合わせて敬称も変える

「くん」、「ちゃん」を使い続けていると、いつまでも子ども扱いだと思われてしまう事もあります。

相手のお子さんが、小学校高学年になるころには、「様」と変えるのが、良いと思います。

年賀状を貰った子供も「様」になっているのを見て大人になった気分がするかもしれませんね。

 

年賀状の基本的な宛名の書き方

宛名を書く上での基本的なルールについて、まとめていこうと思います。

 

宛名は黒字で書く

宛名は必ず黒色のペン又は筆ペンで書くようにしましょう。

相手に失礼になってしまいますので、間違っても赤色など他の色で書いてはいけません。

 

修正テープ・修正ペンは使わない

年賀状を沢山書いていると、誤字や脱字が出てくることがあると思います。

修正テープや修正ペンを使いたくなってしまいますが、書き直すことも面倒なのか、と相手に思われてしまい、失礼なことになってしまいます。

年賀状がもったいない、面倒くさいと思わずに、間違えてしまったら必ず書き直すようにしましょう。

 

二重線を引いての書き直しはNG

二重線を引いて修正することも上記同様NGです。

相手に失礼な行為になりますので、新しく書き直してください。

 

省略した文字は使わない

漢字の中には省略できるものも沢山ありますよね。

普段省略した漢字を使うこともあるかと思いますが、年賀状の宛名には省略した漢字は使ってはいけません。

自分の名前の漢字が省略されていたら、モヤモヤする気持ちになるのではないでしょうか。

年賀状を貰う相手の気持ちを考えて書くようにしましょう。

 

縦書きが基本

日本語は縦に書くのが正式な書き方です。

最近では、宛名を横書きに書く人も多くいますが、本来は縦に書かなければなりません。

更に、表面と裏面の書き方を揃えなければいけませんので、両面共に縦書きにするのが正式です。

目上の方や上司などへ送る年賀状などは正式な書き方である縦書きで送ることをお勧めします。

 

まとめ

連名の順番や敬称の書き方等、年賀状の宛名書きで悩んだことがある人も多くいると思います。

年に一度しか書かない年賀状ですので、ルールを忘れてしまいがちです。

しかし、年に一度しか出さない年賀状だからこそ、しっかりとしたルールを抑えておきたいですよね。

-宛名は黒字で書く

-修正ペン・修正テープは使わない

-二重線で修正しない

-省略漢字は使わない

-縦書きで書く

など、難しいルールはありません。

最近では横書きで書く人も多く、時代の流れとともにルールも変わってくるかと思います。

しかし、基本的な決まりは変わることは滅多にありませんので、きっちりとした年賀状を書くようにしましょう。


-子供, 年賀状

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-