潮干狩り

北海道の日高は無料の潮干狩り場ばかり?北海道でも潮干狩りに行ってみよう

北海道日高地区では調べた限り、有料のきちんとした潮干狩り場はありませんでした。

元々、この地方では、無断で貝などを採ることは禁止されています。

ただ、ごく浅瀬の場所で採れたものならば、持ち帰っても良いそうです。

今回ご紹介する潮干狩りスポットは、無料だけれども設備などは何もない、全て自己責任のスポットです。

漁協のルールなどもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

北海道日高町の潮干狩りスポット

日高町の潮干上がりスポットを2つ見つけることが出来ました。

どちらも、地元の人が行くようなスポットでしたが、基本的なデータを調べてみましたので、ご紹介します。

潮干狩り 日高 海

 

元静内橋の下

【住所】
北海道日高郡ひだか町

【開催期間】
特に決まりはありません

【料金】
無料

【駐車場】
近くに5台くらい停められる駐車場有り(無料)
潮干狩りシーズンには早くに埋まってしまう事が多いです。

【採れるもの】
アサリ

【特徴】
上の項目にもあるように、アサリが良く採れるそうです。
アサリ目当ての方は、この元静内橋下で潮干狩りをおススメします。

 

ドライブインアサリ浜前

【住所】
北海道日高郡新ひだか町東静内195-1

【開催期間】
特に決まりはありません

【料金】
無料

【駐車場】
詳細は不明ですが、近くに停めることが出来るようです。

【採れるもの】
フノリ、マツモ、ツブ、タコなど

【特徴】
シーズンになると、テトラポットに海藻がびっしりと生えていて、フノリ、マツモ共に簡単に採ることが出来ます。
アサリはと言うと、テトラポットの下に隠れているので、採るのにコツがいりそうです。

 

日高地方管内の主な規則やルール

漁業調整のために、漁師さんと一般の方、どちらも守らなくてはいけないルールが存在します。

ただ、浅瀬での潮干狩りは漁業権に触れないとこのことで、潮干狩りが出来るようになっています。

潮干狩り 日高 禁止

 

採捕の禁止

いくつかの水産物は、漁師さんと一般の方を問わず、採捕してはいけない時期があります。

主に潮干狩りで採れそうなものをご紹介しておきます。

下記の期間は採捕は禁止されています。

  • アサリ:7月16日~9月30日まで
  • エゾバフンウニ:9月1日~10月31日まで
  • キタムラサキウニ:9月15日~10月31日まで

 

使える道具

禁止されている漁具は

  • 熊手
  • スコップ
  • ナイフ

などです。

使っても良いのは「徒手による採捕」となっています。

個人のブログでは、熊手やスコップなどを普通に使っていますが、原則は使わないことをおススメします。

 

日高町の潮干狩りで採れる生き物

上で紹介した通り、本州とは少し違うものが採れるようです。

1つずつご紹介します。

潮干狩り 日高 アサリ

 

アサリ

北海道沿岸のほとんどの砂浜に生息しています。

水温の上がってくる春から秋にかけて成長し、冬の水温の低い時期にはほとんど成長しません。

水温の違いで成長の仕方が変わってくるんですね。

 

ツブ

北海道では食べられる巻貝をあわせて「ツブ」と言います。

お刺身にすると、コリコリとした食感が美味しい貝です。

潮干狩りでは、そこまで大きなものは採れないようですが、探してみるのも良いでしょう。

 

フノリ

上記でご紹介した通りテトラポットにびっしりと生えています。

フノリは手採りで採取します。

お味噌汁にするのが一般的で、その他は酢の物などが合うようです。

 

マツモ

春に旬を迎える海藻の1つです。

フノリと比べると、採れる量がとても少なく、北海道でも貴重な海藻です。

こちらも、手採りでの採取となります。

食べ方は、お味噌汁やお吸い物の具にしたり、そばやうどんと一緒に食べたりします。

 

まとめ

潮干狩り 日高 バンザイ

  • 日高地方で潮干狩りが出来るエリアはそんなに多くありません
  • 採れるものは、本州とは少し違ったものが多いようです。
  • 海藻類が採れるのは、日高地方の潮干狩り場ならでは。

日高で潮干狩りをしたいと考えている方は、漁業権のあるエリアなどに注意し、楽しく潮干狩りをしてください。


 

↓【お出かけ前に要確認】潮干狩りの持ち物、服装はこちらより↓

-潮干狩り

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-