潮干狩り

徳島県の県南で潮干狩りは出来ない?原因は何か調べてました

徳島県の県南は阿南地区、那賀地区、海部地区の3つの地区を合わせた地域のことです。

現在、徳島県では潮干狩り場はほとんどなくなり、いくつかの海岸は釣りのスポットになっているところが多いです。

では、なぜ徳島の県南で潮干狩りが出来なくなってきているかというと、理由の1つとして、貝毒があげられます。

貝毒に対応しながらの、潮干狩り場の運営や管理はとても大変です。

この貝毒についての詳しい理由は、後でご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

徳島の県南で潮干狩りができるスポット鞆磯(ともいそ)

徳島の県南で、釣りのスポットでもある鞆磯という場所が、潮干狩りも出来るようです。

潮干狩り 徳島 県南 海

基本的なデータをまとめてみました。

住所

徳島県海部郡海陽町

 

開催期間

特に決まりはありません

 

料金

無料です

 

駐車場

きちんとした詳細は不明ですが、近くにコインパーキングがあるようです。

 

アクセス

電車:海部駅から 徒歩20分

 

採れる貝

アサリなど

 

現在の状況

鞆磯は、昔は潮干狩りや海水浴場としてにぎわっていましたが、現在は釣り場として有名です。

徳島県の県南地方では、鞆磯のように昔は潮干狩りで賑わっていた場所が、釣り場となっていることが多いです。

採れる貝も貝毒に侵されている場合が多くなっていて、なかなか潮干狩り場としての賑わいはないようです。

 

徳島県の県南で潮干狩り場が少なくなったワケ

徳島県の海では、貝毒の発生が多く、潮干狩りを禁止しているエリアや時期があります。

徳島の貝毒情報についてもまとめてみましたので、ご紹介します。

潮干狩り 徳島 県南 貝毒

 

貝毒とは

「麻痺性貝毒」と「下痢性貝毒」の2種類に分かれます。

いつも私たちが食べている貝の貝毒は、「麻痺性貝毒」が多いです。

例えば、ホタテガイ、アサリ、カキ、ムラサキガイなどの2枚貝を食べることによって、食中毒を起こしてしまいます。

ちなみに、「下痢性貝毒」はムラサキガイが毒化することによって、食中毒が起こります。

 

徳島県での貝毒情報

2020年6月19日にも「ウチノ海」で採取したカキから貝毒が見つかっています。

貝毒は、見つかり次第、マスコミや県の水産振興課のHPで知らせてくれるので、潮干狩りに行こうと考えていましたら、貝毒情報を調べてから行くようにしてください。

 

徳島県の県南について

徳島県は、東部、中央地区、南部、西部に分かれています。

今回の記事で書いている県南とは南部のことです。

その県南について調べてみましたのでご紹介します。

潮干狩り 徳島 県南 海辺

 

県南と呼ばれる市町村

まずは、県南に属している市町村をまとめてみます。

  • 阿南地区:阿南市
  • 那珂、勝浦地区:勝浦市、上浦市、那賀町
  • 海部地区:牟岐町、美波町、海陽町

この地域の中から、ピックアップした阿南市と美波町について、少し説明しておきます。

阿南市:四国最東端の地方自治体です。

室戸阿南海岸国定公園の北端でもあります。

美波町:室戸阿南海岸国定公園でもある海岸には、アカウミガメが産卵に来ることでも有名です。

ウミガメで町おこしも行っています。    

 

県南部の気候

県南は、南海型、太平洋側機構であり、年中温暖な地域でもあります。

ただ、山がちなので県東部に比べて、一日の寒暖差が大きい地域です。

また、四国山地に当たる山間部は台風、梅雨、秋雨の時期になると特に降水量が多くなります。

この降水量の多さは、日本全国で比べても、とても多い雨量です。

 

まとめ

潮干狩り 徳島 県南 波

  • 徳島県県南では、潮干狩りが出来ないわけではないですが、昔、潮干狩り場だった所も釣りスポットになっています。
  • 潮干狩りが出来なくなった理由の1つは、貝毒によります。
  • 貝毒は食中毒を起こすので、貝毒情報が流れた場合は、潮干狩りはやめておきましょう。

徳島県の県南では残念ですが、潮干狩りが出来る場所は、ほとんどありません。

もしも、潮干狩りがする場合は情報を得てから行くようにしてください。


↓【お出かけ前に要確認】潮干狩りの持ち物、服装、注意点はこちらより↓

-潮干狩り

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-