フリマ

フリマを出店するなら知っておきたい!集客に繋がるレイアウトのコツやよく売れる物を紹介

自宅で使わなくなった物をフリマで売るなら、なるべくたくさん売りたいと誰もが思うのではないでしょうか。

たくさん売るために必要なのが集客です。

いかに集客できるかによって、売上が大きく変わります。

そこで、集客に繋がるレイアウトのコツやフリマでよく売れる物を詳しく紹介します!

 

フリマの出店はレイアウトが大切!

フリマ 出店 レイアウト ポイント

フリマでは、いろんな種類の物を出品しているお店がたくさん並んでいます。

お店が数多く並ぶ中で、お客さんが集まるお店とそうでないお店の違いは何だと思いますが?

それは、商品のレイアウトの違いにあります。

例え同じ商品でも、商品の並べ方や見せ方によって売り上げが大きく変わってくるのです。

お客さんの目を引きつけるようなレイアウトをしているお店には、自然とお客さんが集まってきます。

商品の種類やジャンルが混在しているフリマでは、ただ商品を並べているだけでは目に止まらない可能性があります。

そのため、「このお店の商品をもっと見たいな」と思わせるレイアウトが集客に繋がるのです。

 

集客に繋がるレイアウトやコツを紹介

どんなレイアウトを行えば、数多くお店が並ぶフリマでお客さんが足を止めて商品を見てもらえるのでしょうか?

ここでは、集客に繋がるレイアウトのコツを紹介していきます。

フリマ 出店 レイアウト 売上UP

 

アイテム毎に分ける

フリマで人気のあるお店の特徴の一つが、どんな商品が売られている店なのか、わかりやすいレイアウトであることです。

例えば、子供服と紳士服や婦人服がごちゃ混ぜに置いてあるよりも、アイテム毎に分かれている方がわかりやすいですよね?

バックや洋服、小物なども同様に、種類によって分けたレイアウトにする事でお客さんが安心して商品を手に取る事ができます。

また、子供服ならサイズ毎に分けて並べるのもおすすめです。

サイズの合わない子供服を買おうと思う人はいませんので、あらかじめサイズ毎に分かれていると選びやすくて便利ですよね。

最も大切な事は、お客さんの立場になってレイアウトを考えるという事です。

「自分がお客さんだったら、こんな風にレイアウトしてあると見やすいな」と思うようなレイアウトを心がけましょう。

 

値段はわかりやすく表示

値段は誰にでもわかりやすく、シンプルで大きめに表示しましょう。

気に入った商品が見つかっても、値段がわからなければ購入する気にはなれませんよね。

値段表示がしっかりとしているお店は、お客さんの安心に繋がるため、購入してもらえる可能性がアップします。

また、目立ちたいからと値段表記を派手に飾りすぎるのは避けて、分かりやすい表示を心がけましょう。

また、アイテム1個ずつに値段をつけていると値段を表示する作業に時間を要してしまいます。

そんな時には、「100円コーナー」「200円コーナー」のように値段別にしたレイアウトもおすすめです。

 

何を売っている店なのかわかりやすくディスプレイする

そのお店が何を売っているお店なのかを一目でお客さんに認知してもらう事もとても重要です。

フリマは、広い会場の中にたくさんのお店が出店しています。

例えば、子供服を求めてフリマへ来ているお客さんは、「子供服」の表示があるお店や子供服がありそうな店を探します。

このように、遠くからでもどんな物を売っているお店なのかわかるように表示しておくと、お客さんも一目で分かりますよね。

 

洋服はハンガーラックを利用

洋服などは、畳んで並べるよりもハンガーラックにかけて陳列しましょう。

お客さんが畳んである洋服を見る時には、洋服を広げて全体を確認しますよね。

ハンガーにかけておけば、わざわざ洋服を広げる手間が要りません。

お客さんの中には、すでに買い物をしていて荷物を手に持っている人も多くいます。

ハンガーラックにかけてあれば片手で見る事ができるので、気軽に商品を手に取る事にも繋がります。

特に子供服の場合には、ベビーカーを引いているお客さんも多いため、ベビーカーから手を離す事なく商品を見ることができます。

また、ハンガーラックならお客さんが商品を戻した後に畳み直す必要がないので、お店側も好都合なのでおすすめです。

 

商品の大きさによってメリハリをつける

商品の大きさによって置き場所を決めるという方法もおすすめです。

バッグなどは全体が一目でわかるようにレイアウトの後方に置いておくだけでもどんなバッグなのかすぐ分かります。

しかし、小物やポーチなどの小さなものは、後方よりもレイアウトの手前の方に並べる方が商品をよく見ることができます。

特にピアスやイヤリングのような小物は、実際に手に取って見る人が多いため、奥よりも手前に並べましょう。

また、同じ物が数個ある場合には、一つだけ商品全体を見せる様に横に並べ、その他は縦に並べればスペースを無駄無く使えます。

 

フリマでよく売れるものは?

せっかくフリマで出店するなら、たくさん売りたいですよね。

でもフリマではどんな物がよく売れているのでしょうか。

そこで、フリマでよく売れる物をいくつかご紹介します。

ぜひ出品する物を選ぶ際の参考にして下さいね。

フリマ 出店 レイアウト 服屋

 

子供服

休日の公園の中でフリマを行う時などに多いのが、子供連れ家族のお客さんです。

子供服は、すぐにサイズアウトしてしまったり、汚れてしまったりするため、フリマはお手頃価格で購入できると人気です。

特にブランド物の子供服は、新品で購入すると高額ですが、フリマなら手が届く価格で買えるので特に人気があります。

 

食器

食器は女性のお客さんを中心によく売れる商品の一つです。

フリマでは高級なブランド食器もお手頃価格で買えるため、主婦層から人気があります。

食器類は毎日使う物のため、季節関係なく一年中いつでも売れる商品です。

自宅で使わずに眠っている食器があれば、ぜひ出品してみてはいかがでしょうか。

 

ディズニーグッズ

コレクターも多いディズニーグッズは、今も昔も変わらず人気があります。

キーホルダーや置き時計など、ディズニーのキャラクターグッズであればどの商品でもよく売れると評判です。

使わなくなったディズニーグッズが自宅にあればぜひ出品したい商品です。

 

アウトドア用品

フリマではアウトドア用品も人気です。

アウトドア用品を新品で揃えるとなると高額になりがちですが、フリマなら手頃に購入できます。

キャンプは最近流行っているため、フリマでも人気が高いと評判です。

特に春から夏の季節は、アウトドアを楽しむ人が多くよく売れますので、出品するならこの季節がおすすめです。

 

ブランド品

ブランド品といっても、ルイヴィトンなどのハイブランド品でなくてもよく売れます。

例えば、ナイキやアディダスなどの知名度のあるブランドは男女問わず人気があります。

フリマに訪れるお客さんの中には、ブランド品目当てで来る人もいるほどです。

ノーブランドよりも高値で売れるので、自宅で眠っているブランド品があったらぜひ出品しましょう。

 

まとめ

フリマ 出店 レイアウト 靴

フリマでたくさん売るために重要なのがレイアウトです。

いかにお客さんの目を引くか、また何を売っているのかわかりやすい店なのかがとても大切です。

今回ご紹介したレイアウトのコツやフリマでよく売れる物を参考にして、ぜひお客さんの集まる人気のお店にしてくださいね。


-フリマ

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-