ゴールデンウィーク 公園 子供 旅行 穴場

ゴールデンウィーク♪子供と穴場・東北の遊び場に出かけよう!

長く寒い季節を乗り越えた東北の春は、自然もイキイキで、わくわくムードがいっぱい!

そんな東北地方の、魅力たっぷりな穴場スポットを、県別にご紹介しますので、ゴールデンウィークに子供を連れて遊びに行ってみませんか?

この時期に東北を訪れる際の注意ポイントもまとめましたので、あわせてチェックしてみてくださいね!

 

ゴールデンウィークに子供と行きたい!穴場の東北6県お出かけスポット

ゴールデンウィークに訪れたい、東北の穴場お出かけスポットはこちらです。

お子さんの好みに合わせて、ぴったりの場所を探してみてくださいね!

 

青森県『八戸公園こどもの国』

★八戸公園こどもの国
https://www.city.hachinohe.aomori.jp/shisetsuannai/toshikoen/8118.html

敷地の総面積が37ヘクタールと、とにかく広大な八戸公園。

その中にある『こどもの国』は、ジェットコースターやゴーカートのある遊園地ゾーン、動物舎のある動物ゾーン、バーベキューのできるわんぱくゾーンなどに分かれ、どこをとっても子供の“大好き!”が詰まっています。

こんなに充実しているのに、市営公園だけあって入場は無料で、遊園地の乗り物チケットも格安というのが、子供連れにはありがたい!

東京ドーム8個分もの広さですから、人出の多いゴールデンウィークであっても、ごちゃごちゃと混雑した印象はなく、そのゆったり感が大人にも嬉しい、穴場スポットです。

 

岩手県『くずまき高原牧場』

★くずまき高原牧場
http://kuzumaki.jp/

岩手の牧場と言えば、全国的にもメジャーな小岩井牧場が思い浮かぶかもしれませんが、他にも訪れるべき穴場の牧場があります。

こちらの『くずまき高原牧場』は、視界の開けた気持ちの良い丘の上にあり、ゴールデンウィークには、鯉のぼりと桜が一緒に見られるという、なんとも素敵な牧場です。

ポニーやヒツジやウサギなどの、可愛い動物たちと触れあえることはもちろん、アイスクリームやバター作りの体験、牛のお世話体験など、さまざまな形で牧場に親しむことのできる企画が用意されています。

場内には宿泊施設もありますので、泊りがけで牧場の休日を満喫するというのも、楽しそうです。

 

秋田県『なまはげ館』

★なまはげ館
https://namahage.co.jp/namahagekan/

ゴールデンウィークに秋田県を訪れるのなら、せっかくなので、秋田の有名な伝統民俗行事である「なまはげ」に、触れてみてはいかがでしょう?

実際に使われていたという、たくさんのなまはげ面の展示や、彫師による面作りの実演、衣装をつけて記念撮影ができる変身コーナーなどがあり、古くから続くこの伝統行事について知る、良い機会となりそうです。

また、隣接する男鹿真山伝承館では、なまはげ行事の再現を生で見る体験もできますので、日頃子供のしつけに悩んでいるという方は、子供の健全な成長に力を貸してくれるという神様・なまはげに、会いに行ってみては!?

 

宮城県『仙台空港臨空公園』

★仙台空港臨空公園
https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kurin/rinkuukouen2.html

飛行機好きの子供には、こんな穴場スポットはいかがでしょうか?

仙台空港の滑走路のすぐそばにあるこの公園は、目の前で飛行機の離着陸をながめることのできる、最高のビュースポットなのです。

さらに、この公園が貴重なのは、子供の大好きな遊具や、休憩にちょうどいい東屋(あずまや)がしっかりあること。

離着陸のない時間には遊具でめいっぱい遊んで、飛行機の姿が見えたら飛行機に手を振って…と、長時間飽きずに楽しめますね!

 

山形県『わくわくファーム前森高原』

★わくわくファーム前森高原
http://maemori.jp/

最上町の『わくわくファーム前森高原』は、ほどよい広さの敷地の中に、乗馬体験やヒツジやヤギとのふれあい、ゴーカートやバギーといった、たくさんのお楽しみがぎゅっと詰まった、穴場スポットです。

高原内の小川はきちんと整備されていて、ゴールデンウィーク中はそこで水遊びをする子供たちも、たくさんいるのだそう。

期間中は賑わいますが、大混雑というほどではなく、特に小さな子供と一緒に自然の中でゆったりとした時間を過ごすには、最適の環境ですよ。

 

福島県『アクアマリンふくしま』

★アクアマリンふくしま
https://www.aquamarine.or.jp/

東日本大震災で甚大な被害を受けながら、わずか4ヶ月で復活を遂げた、奇跡の水族館『アクアマリンふくしま』。

こちらでは、普段は決して足を踏み入れることのできない水族館の裏側を、ボランティアガイドの方が楽しく説明しながら案内してくれる、バックヤードツアーがおすすめです。

飼育に関わるさまざまな場面を、30分もかけてたっぷりと見せてくれるバックヤードツアーは、なかなか他にはないそうなので、アクアマリンふくしまを訪れて、是非こちらのツアーに参加してみてくださいね♪

 

ゴールデンウィークに子供と穴場レジャー!東北ではこんなことに注意

東北の穴場レジャーを心おきなく楽しむためには、ゴールデンウィーク時期の東北地方の注意ポイントについて、知っておくことも大切です。

ここでは服装と交通情報について、お伝えしていきます。

 

気候を考えた服装を!

東北の平地では、おおむね長袖シャツの上にカーディガンなどの羽織りものという形で対応できますが、北部にある青森県や岩手県では、もう一段温かいジャケットやコートなどの用意があると、安心です。

標高の高い場所は、一日の中でも寒暖差が激しく、晴れた日中は暖かいと感じても、日が陰った途端に寒くなりますので、訪問先が山寄りの地域であれば、ジャケットやコートは必須となります。

東北以外の地域にお住まいの方は、おおむね1~2ヶ月前に着ていた服装をイメージして用意すると、良いそうですよ。

 

交通情報に注意!

車でお出かけになるという場合は、道路状況にも注意が必要です。

特に、東北の山間部や標高の高い地域では、ゴールデンウィークにも雪の影響が残っていることがあります。

また、太平洋側の4県を通る『復興道路』や『復興支援道路』の中には、一部開通していない区域もあります。

お出かけ前には、以下にご紹介するサイトなどで、道路状況を確認したほうが安心です。

★国土交通省東北地方整備局・道路状況提供システム
http://road.thr.mlit.go.jp/

★国土交通省東北地方整備局・復興道路復興支援道路サイト
https://tohoku-fukkoudouro.jp/

 

【まとめ】ゴールデンウィークは子供と穴場の東北お出かけスポットへ!

東北には、広大な自然を感じられるスポットや、ちょっとマニアックでわくわくするスポットなど、いろんな穴場があちこちに点在しています。

多くの人がお出かけするゴールデンウィークは、そんな穴場を狙って、計画を立ててみてはいかがでしょうか?

きっと、思い出に残るゴールデンウィークになりますよ!


-ゴールデンウィーク, 公園, 子供, 旅行, 穴場

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-