スキー 子供

子供のスキー用品は買うかレンタルするか、どっちがお得?家族タイプ別メリット・デメリット徹底調査!

すぐに成長して、サイズが合わなくなってしまう子供のスキー用品は、買うか、レンタルするのがいいのか迷いますよね。

最近では、スキー場のレンタルでも、豊富なサイズ展開をしており、家族でも気軽にスキーが楽しめるようになってきましたね。

ですが、子供のスキー用品と言っても、さまざま。

グローブ・ゴーグル・帽子やヘルメットなどは、レンタルをしているところは少ないのが現状です。

そこで、今回は、子供のスキー用品は、買うか、レンタルするのがいいのか、どっちがお得かについて、まとめてみました。

家族でスキーを楽しみたいけど、子供のスキー用品はどうしようか、検討中の方のお役に立てたら幸いです。

 

子供のスキー用品どうする?【買う】VS【レンタル】比べてみた!

シーズン中に1回くらいスキーを楽しむなら、子供の成長は早いので、スキー用品はレンタルをした方が断然お得です。

一方で、連泊して遊んだり、1シーズンに数回行ったりする予定がある場合は、購入した方が結果的に安くなる場合もあります。

それぞれのメリットと、おすすめの家族のタイプを紹介していきます。

 

【買う】メリットデメリット・買うのがおすすめなのはこんな家族

ここでは、子供のスキー用品を買うメリット・デメリットと、子供のスキー用品を買うといいタイプの家族について記載します。

 

子供のスキー用品を買うメリット

子供のスキー用品を買う最大のメリットは、「毎回同じ道具を使うことができる」ことです。

同じ板、同じブーツを毎回使うことで、滑る感覚が掴みやすくなり、結果、上達が早くなります。

上達が早い分、スキーが楽しくなるので、冬の家族の思い出として、いい思い出が増えるでしょう。

子供に合ったぴったりのものを、選んであげられることが、子供のスキー用品を買うメリットになりますね。

とくに、スキーをする上で、子供に合ったブーツ選びは、とても重要です。

レンタルだと、サイズが合っていなかったり、防水加工がちゃんとされていない場合も。

足が痛くなってしまったり、足元が濡れてしまったら、モチベーションも下がるし、もうスキーを楽しみたいと思わないですよね。

また、兄弟が多い場合は、子供の成長が早く小さくなってしまっても、お下がりとして長年使うことができます。

最近は可愛くておしゃれな子供用のスキー用品なども充実しているので、お気に入りのものを選べるのも、子供のスキー用品を買うメリットの一つですね。

とくに高価格じゃなくても、中古スキー用品で高品質アイテムが、思いのほかの低価格で手に入ることも。

 

気を付けたいこと・デメリット

子供のスキー用品を買うデメリットは、なんといっても、サイズが合わなくなって使えなくなってしまうことです。

使わないスキー用品は、場所を取る粗大ゴミになってしまうことも。

子供が成長して、サイズアウトしてしまったときに、処分をしなければならない手間も考慮することも大切です。

ただ、多少安くても処分したい方もいます。中古にはなりますが、格安で「ヤフオク!」や「メルカリ」などに安く出品されている子供用のスキー用品もあります。

希望どおりのサイズや、品を見つけるのが大変ではありますが、子供のグローブやゴーグル、帽子などの小物も手軽に安く買えますよ。

スキー用品の購入は、品質や劣化具合から考えて、お買い得であるのか判断するには、初心者には難しいので、詳しい方にアドバイスしてもらうといいですよ。

 

子供のスキー用品を買うといいタイプの家族はこちら

子供のスキー用品を買うといいタイプの家族はこちらになります。

・シーズン中に5回以上はスキーを楽しむ。連泊する。

・レンタルできるスキー場以外のスキー場も楽しみたい。

・最初にお金がかかったとしても、毎回同じ道具を使うことの方を重視する。

・子供にピッタリのサイズ、子供の好みのものを優先したい。

・人が着たものを使いたくない。

・子供が多い。スキー用品を置けるスペースが家にある。

 

【レンタル】メリットデメリット・レンタルがおすすめなのはこんな家族

ここでは、子供のスキー用品をレンタルするメリット・デメリットと、子供のスキー用品をレンタルするといいタイプの家族について記載します。

 

子供のスキー用品をレンタルするメリット

子供のスキー用品をレンタルするメリットとしては、なんといっても、費用が安く済むことと、荷物が減ることです。

シーズン中に1回くらいスキーを楽しむなら、スキー用品はレンタルをした方が断然お得。

その上、レンタル付きのスキーツアーだとさらにお得に!!

1シーズンにそんなに行かない家族や、荷物はできるだけ少なくしたい家族は、やはり子供のスキー用品をレンタルするのがおすすめです。

子供用レンタルは現地申込の場合もありますので、ツアー詳細をご確認ください。

スキー場でのレンタルの場合、おおむね1日2,000円〜3,000円ですので、滑れば滑るほどお得になります。

信頼できるショップだと、クオリティも高いですし、サイズが合わなくなってしまう心配はほぼありません。

一方で、1シーズン5回以上はスキー場へ行くのが間違いないなら、値段だけでいうと、シーズンレンタルの方がお得な場合もあります。

 

気を付けたいこと・デメリット

子供のスキー用品をレンタルするデメリットは、毎回違うスキー用具を使うので、道具に慣れるために時間がかかり、その分上達も遅くなる点です。

レンタルのスキー用品は品質もバラバラですので、中には防水加工がちゃんとしていないものもあります。

また、着脱に手間取って、子供が大泣きしたり、イライラの原因になることも。

毎回道具が違うと、滑り心地も変わるので、うまく滑れず、モチベーションが下がったり、全然スキーを楽しめないのは、避けたいですね。

その点、シーズンレンタルなどで、あらかじめ信頼のおけるショップにお願いしておくのもアリかと思います。

また、スキー場によっては、用意してないスキーや雪遊びの必需品もあるので、事前のチェックは必要です。

必ず、ゴーグルやタートルネックのインナー、ソックス、グローブ(手袋)は事前に用意するかレンタルできるか確認しておきましょう。

ヘルメットや帽子、ネックウォーマーもあるとよりよいですね。

最後に、レンタル品を万が一損傷したときのための保障金がいくらかの確認も必要です。

相場は大体1日500円程度ですが、用品毎の保障なのか、1日単位の保障なのかによって費用が変わるので、あらかじめ確認したほうがいいでしょう。

 

子供のスキー用品をレンタルといいタイプの家族はこちら

・スキー場に行くのは、1シーズン3・4回以下で滞在は4日以下。

・初期投資にお金をかけるより、毎回費用がわかる方がいい。

・毎回同じ道具じゃなくてもスキーを楽しめる。

・自分の好みのものが使うことにこだわりがない。

・人が着たものでも特に気にしない。

また、シーズンレンタルはこんな家族におすすめです。

・1シーズン5日間以上、スキー場へ行く

・自宅にスキー用具一式がおける場所がある。

・スキー場までスキー用具を持っていける。

・自宅に帰ってきてから、レンタルしたスキー用品一式をレンタル会社に返すのも手間に感じない。

 

まとめ

すぐに成長して、サイズが合わなくなってしまう子供のスキー用品は、買うか、レンタルするのがいいか、メリット・デメリットをまとめました。

子供のスキー用品を買うメリットは、なんといっても同じ道具が使えるので、レンタルに比べて道具に合わせる時間が省略され、上達が早いです。

また、自分に合った好みのタイプが使えるため、モチベーションもあがりますね。

2シーズンで6回以上スキーを楽しむ家族にとっては、子供のスキー用品は買った方が金額的にもお得になることが多いです。

子供のスキー用品をレンタルするメリットは、スキー場までスキー用品一式を持たずに行ける手軽さと、安さですね。

1シーズンに行っても4回以下で、3日以上滞在しない家族や、毎年スキーをするか分からない場合などには、レンタルならとてもお得にスキーが楽しめます。

ご自身の家族のタイプにあわせて、ぜひお得に、スキーや雪遊びなどのウィンタースポーツを楽しんでくださいね。


-スキー, 子供

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-