花火

手持ち花火の撮り方!iPhoneを使ってマスターしよう

友達や家族と楽しむ手持ち花火。

今、この手持ち花火を使って文字や絵を撮影するのが大人気になっています!

幻想的で素敵な思いで作りが出来そうですよね。

でも初めてだと少し難しく感じる人も多いでしょう。

そこで今回は、iPhoneを使って花火アートを撮影する方法と、そのコツをご紹介します。

そして、花火文字が撮影できるオススメアプリや、アイテムもピックアップ。

また、どんな文字や絵が撮影しやすいかもご紹介していきます。

 

手持ち花火の撮り方!iPhone標準カメラの方法

手持ち花火で、花火アートを撮影する方法は、誰でも簡単に出来ちゃいます!

ここではiPhoneの標準カメラで、花火アートを撮影する時の基本ルールと、綺麗に撮るコツを説明します。

 

iPhoneで手持ち花火を撮る基本ルール

まずiPhoneで手持ち花火を撮る時は、iPhone機能の一つである【長時間露光撮影】を使います。

【長時間露光撮影】とはシャッターのスピードを遅くして撮影することを言います。

この機能を使えば、動く物が、流れのある物として撮影されます。

例えば走る車のライトが線のように撮影できたりするのです。

この方法を使えば、一瞬で消えてしまう手持ち花火も、文字や絵として、写真に残す事が出来るのです。

 

やり方はとっても簡単!

①livephotoをオンにする

②撮影

③撮った写真を下から上にスワイプし、エフェクトを出す

④エフェクトの中で、長時間露光を選択する

たったこれだけです。

この機能を使ったことがない人も、すぐに慣れるので、是非本番前に一度試してみましょう。

 

iPhoneで花火文字を綺麗に撮るコツ

手持ち花火で、花火の文字やアートを撮影する時は、6つの事に気を付けましょう!

 

①手振れしないよう、固定して携帯を持つ

手持ち花火 撮り方 iphone 固定

写真を撮る時の基本。でも撮影夢中になるとついつい疎かになってしまいますよね。

綺麗な花火アートを撮りたい時は、脇を締めて携帯がブレないように固定して、撮影するようにしましょう。

 

②フラッシュはオフ

フラッシュを付けていると、手持ち花火を持っている人と花火が両方とも、不自然に光ってしまいます。

フラッシュをオフにすれば、花火だけを明るく映すことができ、綺麗に撮影できるのです。

撮影の際は、フラッシュオフを忘れないようにしましょう。

 

③ズーム機能は使わない

普段の写真だと良く使うズーム機能ですが、実は画像が荒くなってしまう欠点があります。

撮影時は、ズーム機能を使わないよう気を付けましょう。

 

④お手持ちのiPhoneのHDRモードを確認

HDR機能は、写真自体の色が鮮明になるので、出来れば使う事をお勧めします。

ただ少し古い携帯でHDRモードを使うと、撮影に時間がかかるので、HDRモードはオフにして撮影するのが一般的でした。

ですが最新iPhoneは、その欠点がなくなり、早く撮影できるのです!

ただこれは機種によるので、HDR機能に時間がかかるか、からないかをチェックをして、使用の有無を決めておきましょう。

 

⑤AE/AFロックでピントを合わせる

手持ち花火 撮り方 iphone ピント

AEは明るさの自動調整、AFはピントを自動で合わせる機能です。

iPhoneは、ピントを合わせたい場所の画面を長押しすれば、AE/AFロックが作動します。

簡単に使える機能なので、是非活用しましょう。

 

⑥人も花火も綺麗に撮りたいなら、マジックアワーに撮影しよう

手持ち花火 撮り方 iphone 時間帯

花火を撮るなら暗くなってからと思う人も多いでしょう。

実は、マジックアワーも花火撮影にオススメなのです。

マジックアワーは、日没前の空の薄明りが残る時間。

この時間ならフラッシュなしで、人の顔も花火も綺麗に撮ることが出きます。

マジックアワーなら誰が花火アートを作っているかも、綺麗に写真に残こすことが出来るのです。

 

花火文字に特化したiPhoneアプリはこれ

手持ち花火 撮り方 iphone アプリ

先ほど紹介した、長時間露光撮影の他にも、アプリをインストールすれば、簡単に花火アートが撮影できます。

そのアプリは【InstantX】。

これはバブル撮影という機能を使って、花火アートを撮影するアプリです。

バブル撮影とは、カメラのシャッターを開けたままにして、指定した時間を撮影できる手法。

その指定時間内に花火で文字を書いて、花火アートを撮影します。

このアプリは、無料でインストールできる上に、操作も簡単。

花火アートを撮る時は、事前にインストールしておきましょう。

標準カメラを使っての【長時間露光撮影】と、比べて撮影するのも面白いですね。

 

綺麗な花火アートを撮るためのアイテムは?

手持ち花火 撮り方 iphone 必須アイテム

これを知っていれば、他の人より花火アートが綺麗に撮れるアイテムを2つご紹介します!

 

使いやすい花火はスパーク系!

1つ目は、撮影で使う花火。

まずは、煙の少ない手持ち花火を選びましょう。

通常は、キラキラした紙が巻いてある【すすき】といわれる花火が主流。

でもそれだと煙が沢山出てしまうのです。

そうすると撮影した時、煙が写真に移って、ぼんやりとした写真になってしまいます。

できれば紙が巻かれていない、【スパーク系】の花火を選びましょう。

またスパーク系の中でも、長い柄の花火は火が長持ちし、消えにくいのでオススメです。

中には2分半消えない花火も!

これなら急いで文字を書かく必要がなく、安心して撮影を楽しめますね。

 

撮影時に三脚を使えば失敗無し!

あると嬉しいアイテムの2つ目は、三脚です。

三脚があれば全員で撮影できる上に、手振れも心配なし!

でもわざわざ花火アートのために買うのももったいないと思うかもしれません。

実は100均でも購入が可能なのです。

リモコン付きなど、高機能の三脚が欲しい時は、Amazonなどのネットで簡単に購入できます。

お好みの三脚を見つけて、撮影の際に用意しておきましょう。

 

デザインは多種多様!iphoneを使った手持ち花火アートのアイデア

手持ち花火 撮り方 iphone アイディア

手持ち花火での花火アートは、考え次第で色々な絵や文字を作り出すことが出来ます。

ここでは良く使われる人気の花火アートを紹介します。

 

少ない人数でも大丈夫!2人で作る花火アート

親子や友達同士で、簡単に花火アートをしたい時、どんなアートにするか迷いますよね。

そんな時は、「ハート」や「星」の絵がオススメです。

他にも「猫」や「ウサギ」などの絵が比較的簡単に書くことが出来ます。

またちょっと難しく感じますが、2人ならスマイルマーク☺ を作る事も可能です。

まず一人が花火を2つ上の方に持ち、もう一人が下側に座って花火を動かす方法です。是非参考にしてみて下さいね。

 

皆で思い出作り!3 人以上で作る花火アート

大人数の花火アートでオススメなのは花火文字でメッセージを書くこと。

ただ日本語だと画数が多かったりするので、英語の文字がオススメです。

例えば【HAPPY】 や【LOVE】、【SMILL】などよく花火文字で使われるワードです。そこにハートや星などの絵をプラスするのも可愛いですね!

大人数でやる時は注意点として、隣との間隔は十分にあけるようにしましょう。

そのため、大人数といっても、横並びで5・6人までで行うようにしましょう。

 

まとめ

手持ち花火を使っての花火アート撮影、意外と簡単にできることがわかりましたね。

友達や家族と素敵な花火アートを撮影して、夏の思い出作りをしてみて下さい!


-花火

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-