新学期

新学期の『だるい』、その原因と解消法とは?

気持ちも新たに臨んでいたはずなのに、新学期に『だるい』と感じてしまう人がいます。

この記事では、そんな新学期のだるさの、心理的・身体的な原因と、その解消法について、調べてみました。

 

新学期にだるいと感じるのはなぜ?

新学期 だるい なぜ

一年の中でも、とりわけ新学期にだるさを訴える中学生や高校生が多いのは、なぜなのでしょう?

まずは新学期の『だるい』の原因を、ひも解いてみましょう。

 

緊張状態からのゆるみ

新学期 だるい いつから

長い休みの終わりが近付き、新学期の始まりを意識するようになった頃から、緊張を感じだす生徒が増えてきます。

その緊張状態は、新学期が始まり、新しい環境にある程度馴染むまでの間、続くことでしょう。

だるさがやってくるのは、その少し後です。

緊張状態の真っただ中にいる時には、気持ちが張りつめているため、だるさを感じにくくなっているからです。

環境に慣れ、張りつめていた気持ちが少しゆるんだ時、初めて、それまでの心身の疲れを実感して、『なんだかだるい…』となるわけですね。

逆をいえば、この種のだるさは、緊張がゆるむほど環境に馴染んだという証でもありますので、そんなに悪いものではないという、考え方もできそうです。

 

心のエネルギー不足

新学期 だるい 心

『心のエネルギー』とは、人の元気や意欲の素になるもののことです。

心のエネルギーを満たす方法には、

① 安心感

② 楽しいと感じる体験

③ 認められる体験

の、3つの要素が必要だと言われています。

新学期のせわしなさの中で、これらをまんべんなく得ることができるかというと、現実には、なかなか難しいでしょう。

そのため、消耗するばかりで、エネルギーが一向に補充されず、結果として、覇気のない『だるい』状態になってしまうのです。

 

うまくいかない事が積み重なった

新学期 だるい うまくいかない

新学期には、無意識のうちに自分自身にも、周りに対しても、期待してしまうものなのかもしれません。

『新しい環境で、たくさん友達を作ろう』

『○年生になったのだから、勉強もしっかりやらないと』

『部活でも、大会に向けて雰囲気を盛り上げていこう』

そんな抱負のひとつひとつが、思い描いていたようには進んでいないと感じた時、心には密かに、ダメージを受けます。

新学期を機に、自分の環境を良いものにしたいという、前向きな気持ちがある子供ほど、日々起こる小さな挫折の積み重ねは、堪えることでしょう。

そんな心のダメージが、感覚的な『だるさ』を引き起こしてしまうと、考えられています。

 

新学期、だるい理由はもしかして病気?

ここまで、新学期にだるいと感じやすくなる理由を、心理的な背景からお伝えしてきましたが、

もちろん理由はそれだけではありません。

病気を背景とした、身体の不調によって起こる、だるさもあるのです。

 

思春期の新学期に多い『起立性調整障害』とは?

新学期 だるい 病気

心理的なだるさにとどまらず、朝起きられないほどの、身体的だるさを感じるようになったら、起立性調整障害の可能性があります。

起立性調整障害とは、自律神経の乱れからくる病気で、これによって循環器系の調節がうまくいかなくなり、倦怠感や立ちくらみ、頭痛や失神といった症状が、あらわれるのだそうです。

 

小学校高学年から中学生までの、思春期の子供に最も多いとされている病気ですが、ストレスの多い生活をしていると、年齢に関係なく、発症することがあります。

起立性調整障害は、決して怠け癖などではなく、本人にもコントロールすることができない、身体の病気のひとつです。

この病気が疑われる場合、医療機関で受診し、医師の診断を受けて治療しなければ、自然に良くなるということは、ありません。

意志の強さや気合といった精神論で、どうにかできるものではないということを、本人も周囲も、きちんと理解することが大切です。

こちらのサイトに、起立性調整障害についての、詳しい説明の他、簡易チェックリストも載っていますので、参考にしてみてくださいね。

★子供に起こりやすい起立性調整障害(恩師財団済生会HP)
https://www.saiseikai.or.jp/medical/column/od/

 

その他の疾患の可能性も…

原因のはっきりしないだるさが長引いている場合、他にも疑われる疾患は、いろいろあります。

甲状腺疾患・糖尿病・悪性腫瘍・貧血・脚気などなど…。

その他にも、脳の働きが関係する、小児慢性疲労症候群という病気もあります。

 

これらは、医療機関での診察や検査を受けなければ、判明することはなく、改善も望めません。

だるさが長引き、何かおかしいと思ったら、まずは医師に相談してみましょう。

そうして、疾患かどうかの確認をしてもらうことが、新学期の抜けないだるさを克服するための、第一歩になるのです。

 

新学期の『だるい』を解消する方法

新学期 だるい 解消法

もしも、新学期のだるさが、気持ち的なものであれば、子供本人の心がけや家族の協力によって、解消することができます。

有効とされている解消法を、3つご紹介しますので、是非、参考にしてみてくださいね。

 

まずはリラックス

なによりも、最初にしてほしいことが、新学期の緊張に疲れてしまった心を、リラックスさせることです。

たとえ短くても、自分のためだけに使う時間を作り、外の世界を忘れて楽しみましょう。

何をしていいのかわからなかったら、一度自分の好きなことをリストアップして、それを順番にやってみても、いいかもしれません。

  • 『好きなお菓子を食べる』
  • 『好きなアイドルの動画を観る』

など、内容はなんでも構わないので、少しの間好きなことだけをして、頑張った自分を、甘やかしてあげてくださいね。

 

友達と話す

新学期 だるい 友達

心の中にたまったモヤモヤは、口に出して人に話してみると、案外すっきりとするものです。

相手は、新学期になってできた、新しい友達でなくてもかまいません。

進学やクラス替えで、離れ離れになってしまった友達とも、携帯電話などを通じて、気軽に連絡がとりやすい時代です。

それを活かして、近況報告がてらお話しをしてみては、いかがでしょうか?

案外、みんな同じような気持ちを感じていることがわかって、心が軽くなったりするかもしれません。

話せる友達が思い当らない時は、家族に話してもいいですし、あるいは日記のような形で、文章にしてみるのも良いですね。

とにかく、内にたまったものを、一旦外に出すというのは、その後の毎日に立ち向かっていくためには、とても大切なことなのです。

 

生活習慣をただす

正しい生活習慣を送ることは、自律神経をうまく働かせることにつながり、身体面だけでなく、精神的にも、良い影響をもたらします。

たとえば、新学期を迎える前の、長い休みの中で、夜ふかし癖がついてしまっていたりしませんか?

特に睡眠は、脳の疲労を取る大切な時間なので、一定時間きちんと確保することが重要です。

仕事の都合で生活が不規則になりがちな大人と違って、子供は生活時間を、固定することが可能です。

本人が気を付けることももちろんですが、家族が協力をして、子供の体内時計が狂わないように、生活のリズムを整えてあげましょう。

 

【まとめ】新学期の『だるい』は、放置せずに上手に向き合いましょう

新学期 だるい 向き合う

期待に胸をふくらませた新学期が、『だるい』という状態になってしまうには、様々な要因がからんでいることがわかりました。

身体の病気の可能性もありますし、『うまくやっていきたい』という気負いが、自分自身を追い込んだ結果ということも、あるようです。

けれど本来、『うまくやっていきたい』という想いは、成長に必要な、良いストレスであるはず。

だるさを上手に解消しながら、できるだけマイペースに、新学期に臨んでくださいね。


-新学期

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-