子供 新学期

新学期が「つらい」子どもたちへ・不安な気持ちを抱えているあなたへ伝えたいこと

みなさん新学期を楽しみにしていますか?

新学期を楽しみにしている子どもがいる一方で、実は、新学期がつらいと感じている子どもも沢山いるのです。

新学期をつらいと感じてしまう原因は一体何なんでしょうか。

今回は、新学期の「つらい」原因とみんなの意見をまとめてみました。

また、新学期に疲れを感じやすい人の特徴、解消をご紹介します。

 

新学期の「つらい」原因・みんなの意見まとめました

新学期 つらい 意見

新学期の「つらい」原因を調べてみました。

また、他の人はどう思っているのかについてもまとめてみました。

 

授業についていけるか心配

新学期 つらい 授業

新学期の「つらい」原因の一つに、学校の授業についていけるか心配という事が挙げられます。

特に二学期の新学期を迎える子どもに多い原因です。

一学期の授業に追いつていくことができず、その状態で二学期の新学期を迎えるのがつらいようです。

一学期で習った内容は既に理解していることを前提に、二学期の授業が始まってしまうため、ついていけないのでは?と心配になってしまうのも当然ですよね。

 

人間関係で悩んでいる

新学期 つらい 人間関係

人間関係に悩んでいる場合も、新学期をつらく感じてしまう原因です。

特に小学生高学年や中学生以降の子どもに多くみられます。

学校生活における人間関係は選ぶことができません。

性格の合う友達が学校にいなくても、無理やり付き合わなければいけないこともあります。

クラスではある程度の仲良い人で集団やグループを作ることも多々あり、その中に入って自分を偽ることもあるかもしれません。

そんな人間関係を思うと新学期がつらいな、と感じてしまうようです。

 

学校で孤立している

新学期 つらい 孤立

学校で孤立している場合、新学期はつらいと感じるのは当然です。

特にいじめられて孤立している場合は、新学期ほどつらいものはありません。

また、いじめられているわけでもないけれど、何となく休み時間になると、一緒に行動する友達がいないと言うような孤立もあります。

学校内という狭い生活の中で孤立するのは、その人にしか分からないつらさがあるのです。

 

先生との関係に不安がある

新学期 つらい 先生

嫌いな先生、苦手な先生がいる場合も新学期はつらいものです。

自分だけ先生に怒られてばかりいると感じていたり、悩み事を相談しても親身になってくれない先生だったりすると、不安を感じてしまいますよね。

新学期は新しい先生との出会いに心を弾ませる子どももいますが、担任の先生が変わってしまう不安を抱える子どももいるのです。

 

新学期に疲れを感じやすい人は?

新学期 つらい 疲れやすい

新学期に疲れを感じやすい人にはどういった特徴があるのでしょうか。

新学期に疲れを感じやすい人の特徴をまとめてみました。

 

真面目な人

真面目な子どもは疲れを感じやすい傾向にあります。

とは言っても、真面目であることは決して悪いことではなく、むしろ歓迎すべきメリットです。

しかし、真面目だという特徴があるために、何かつらいことがあった時などに、上手に捌け口を見つけることができずに、我慢してしまうのです。

何か嫌なことがあっても、学校を休んではいけない、と感じてしまい自分に厳しくなってしまうようです。

 

内向的な人

外交的、内向的、どちらが悪い、どちらが良いという事はありません。

どちらもその人の持っている性格です。

ただ、内向的な子どもの場合、人との付き合いが負担になることもあり、新学期を迎えるにあたって辛いと感じてしまうのです。

沢山の子供と一緒に集まって何かを作業するという事が苦手な傾向があり、学校という大きな集団の中で、みんなでワイワイすることが重荷となってしまうようです。

 

新学期に学校へ行くのがつらいときの不安解消方法

新学期 つらい 不安解消

新学期に学校へ行くのがつらいとき、どのようにしたら不安が解消されるのでしょうか。

新学期に学校へ行くのがつらいときに役立つ不安解消方法を紹介します。

 

自分の好きなことをやってリラックスする

好きなことをとことんやってリラックスしましょう。

ゲームでもスポーツでも好きなことなら何でも構いません。

何も考えずに、集中して楽しめる何かに打ち込んでみてください。

 

無理に学校へ楽しさを求めない

学校は学校。と割り切った考え方をするということも一つです。

学校は楽しい場所という概念を捨ててしまってください。

学校は勉強をするところであって、人間関係で煩わしい思いをする場所ではない、と淡々とした気持ちで過ごしてみましょう。

 

本当に行けなかったら休んでもいい

新学期 つらい 休む

本当に学校に行くことがつらい場合、無理していく必要はありません。

世の中で一番大切なことは学校ではありません。自分自身が何よりも大切なのです。

行けるようになったら行けば良いのです。

 

まとめ

新学期 つらい まとめ

新学期をウキウキした気持ちで迎える子どもばかりではありません。

いじめにあっていなくても、中には新学期がつらいと感じる子どももいるのです。

新学期がつらい理由は人それぞれですので、それぞれの解消方法がありますが、まずは以下のことを試してみてはいかがですか?

  • 好きなことを思いっきりしてストレスを発散させる
  • 学校が楽しい場所ではないと割り切る
  • 無理に学校に行く必要はない

新学期はつらい、そんな気持ちを抱えているのはあなただけではないのです。


-子供, 新学期

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-