子供 年賀状

年賀状で子供産まれる予定の報告をしてもいい?気をつけたい点などを詳しく紹介

普段なかなか会えない人にも新年の挨拶や近況報告を行える年賀状。

これから子供が産まれる予定の人は、年賀状で出産予定の報告と新年の挨拶を、併せて行っても良いのかと悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで、年賀状にて子供が産まれる予定を報告しても良いのか、報告する際に気をつけた方が良い点などを説明します。

また、子供が産まれる予定を報告する文章例も年賀状を送る相手別にご紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。

 

年賀状に子供産まれる予定の報告を入れてもいい?

これから出産の予定がある人に悩みがちの年賀状。

年賀状で新年のご挨拶と一緒に子供が産まれる予定であることを報告してもよいのか悩みますよね。

 

結論から言うと、出産予定を新年の挨拶と一緒に年賀状に書いても良いかは、相手との関係性によって変わります。

仲の良い友人や親戚などには、新年の挨拶と一緒に出産予定を報告しても大丈夫です。

友人や親戚には、子供が産まれる予定を報告しないと逆に「水くさい」などと思われてしまう可能性も。

 

気をつけたいのが、会社の同僚や上司などの職場関係の人です。

年賀状の本来の目的は、あくまで新年のご挨拶とされています。

「職場の同僚や上司との関係は良好だから大丈夫」と思うかもしれませんが、年賀状での報告は避けましょう。

公の場である職場の人との関係に私事を持ち込むのは控えた方が良いからです。

職場の同僚や上司への出産報告は、年賀状とは別に行うのが望ましいです。

 

また、実はなかなか子宝に恵まれずに悩んでいる人に対しても配慮も行う必要があります。

年賀状に近況を添えることは良いことですが、相手によっては困惑させてしまう可能性もあることを認識しておきましょう。

 

年賀状で出産予定の報告をする際の注意点

年賀状で出産予定の報告を一緒に行う際には、あくまで新年のご挨拶に添える程度に報告するようにしましょう。

年賀状の本来の目的を忘れないことがとても重要です。

ここでは、子供が産まれる予定を年賀状にて報告する場合に気をつけたいポイントについて説明します。

 

一方的な報告にならない

本来の目的である新年のご挨拶を冒頭にきちんと行いましょう。

初めからいきなり「子供が生まれる予定です」などと一方的に書かれてあると、相手が困惑してしまいます。

年賀状が出産報告の葉書にならないように気をつけましょう。

 

相手の健康を願う文面がメインになるようにする

年賀状には新年の挨拶の他に、もう一つの目的があります。

それは、相手の健康を願う事です。

相手や相手の家族への気遣いのある一言を添えましょう。

「ご家族ともどもお体にお気をつけ下さい」などの一言でも構いません。

年賀状を送る相手への温かい気持ちを加えましょう。

 

出産予定の報告は手書きで書く

近年は、印刷やパソコンによって年賀状を作成する人が多くなりました。

子供が産まれる予定については、あくまで添える程度が望ましいため、印刷ではなく手書きで付け加えましょう。

手書きにする事で、報告を長々と書いてしまうことを防げます。

また、私事報告は手書きの方が気持ちが込められている印象も与えます。

 

【子供産まれる予定】報告例文

実際にどのように子供が産まれる予定を報告したら良いのでしょうか?

ここでは、年賀状で子供が産まれる予定を報告する文章の例をご紹介します。

親戚へ送る文章と、友人や会社の同僚へ送る文章と分けてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

親戚などの場合

「あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

私事ではございますが、近況報告させて頂きます。

今年○月、我が家に新しい家族が加わる予定です。

生まれたらぜひ顔を見に来てくださいね。

まだ寒い日が続きますが、くれぐれもご家族共々お体に気をつけて下さい。」

 

友人や会社の同僚などの場合

「あけましておめでとうございます。

昨年中は公私にわたり大変お世話になりました。

お陰様で長きに渡ったプロジェクトも、無事に終了することができました。

本年はより一層チームに貢献したいと思っております。

蛇足ながら近況報告をさせて頂きます。

実は子宝に恵まれ、現在お腹に○ヶ月目になる子供がおります。

私事のため遠慮しておりましたが、ここにご報告させて頂きます。

新たな家族のためにもこれからより一層努力して参りますので、改めてどうぞよろしくお願い申し上げます。

新春とは名ばかりの寒さがまだ続いております。

どうぞお身体ご自愛下さい。」

 

まとめ

年賀状で子供の産まれる予定を一緒にする場合には、相手との関係性が重要であることがわかりましたね。

年賀状の本来の目的は、あくまで新年のご挨拶です。

相手の立場に合わせた報告の仕方をすることで、相手への親しみや愛情、敬意を示しつつ報告することができます。

ぜひ今回ご紹介した注意点や例文を参考にして、心の込もった出産報告を年賀状で行いましょう。


-子供, 年賀状

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-