子供 年賀状

年賀状の差出人の連名は?子供の名前や横書きの方法などを紹介!

家族連名で年賀状を出す時に悩みがちなのが、差出人の子供の名前の書き方。

そこで、年賀状の差出人名に子供も一緒に連名にする場合の書き方や名前の順番、連名にする際のポイントを解説します。

連名時のポイントでは、家族が多い場合や三世帯で暮らしている家族の場合の差出人の書き方についても紹介しています。

また、横書きにする場合の差出人名の書き方についても解説しますので、横書きで書きたいという人は必見です。

 

【年賀状の差出人】連名で子供も一緒に横書きにする方法

家族ぐるみのお付き合いのある人や、親戚に送る年賀状には家族連名で送ることが多いですよね。

ここでは、年賀状に子供の名前も連名で書く時の書き方と、宛名や差出人名を横書きで書く場合の書き方も解説します。

 

子供も一緒に連名にするには?

子供も一緒に連名で年賀状を出す場合には、世帯主、配偶者、子供の順に名前を書きます。

子供の名前は年齢の順に名前を書き、大きい子供から先に書いていきます。

子供の名前の後に年齢を入れると、より相手にわかりやすい年賀状になります。

あまり頻繁に会えない親戚などには、年齢を入れることによって子供の成長を感じてもらえます。

年齢を入れる時には、名前の後に()を付けて年齢を書きますが、子供の写真を年賀状に使用する場合には写真の下に年齢を書く方法もあります。

また、生まれたばかりの子供の名前や、珍しい読み方や字を使用する名前の場合には、ふりがなも加えるとよりわかりやすくなります。

 

横書きで書く差出人名の書き方は?

縦書きよりも横書きの方が慣れているという人も多いのではないでしょうか。

横書きの場合も、縦書きと名前を書く順番に変わりはありません。

横書きの場合には世帯主の下、もしくは右隣に家族の名前を書きましょう。

「年賀状の宛名や差出人名は、絶対に縦書きでないといけない」というようなルールはありません。

縦書きでも横書きでもどちらでも問題はありません。

ただし、裏面のメッセージが横書きなら表面も横書きにするなど、裏表で書き方を統一する方が綺麗にまとまった年賀状になります。

また、縦書きが苦手という人は、無理に縦書きにする必要はありませんので、書きやすい横書きにするのがおすすめです。

 

【年賀状の差出人】連名にする際のポイント

個人で年賀状を出す場合と違って、連名で送る場合には気をつけるポイントがいくつかあります。

ここでは、差出人名を家族連名にする際のポイントについて説明します。

 

世帯主はフルネームで書く

名前の一番初めに書く世帯主の名前は、フルネームで書きましょう。

世帯主の名前に続いて、配偶者や子供は名前だけを書きます。

この時に、下の名前の書き始めと書き終わりのラインを家族全員揃う様に書くと、受け取った人が読みやすく綺麗に見ることができます。

 

家族が多くて連名で書ききれない時には?

4人家族や5人家族のように、家族の人数が多い場合には、家族全員の名前が差出人名のスペースに収まらないというケースがよくあります。

そんな時には、世帯主の名前の後に「他 家族一同」と書いて名前を省略するとスペースを取らずに差出人名を書くことができます。

 

差出人と同様に、年賀状を送る相手の家族が多い場合にも、家族の名前を省略することが可能です。

その際には「〇〇家ご家族一同」と書くか、世帯主の名前を書いた後に「御家族様」と書きます。

はがきのスペースは限られていますので、家族が多い場合には家族名を省略して書くと、見た目がスマートになります。

 

祖父母などの三世代同居で暮らしている家族の場合には、一般的に世帯主と配偶者の後に子供や祖父母の順で書きます。

しかし、親戚へ送る年賀状の場合などには、年長者である祖父母を優先して名前を書くケースもあります。

年賀状を送る相手と家族との関係性なども考慮して差出人名の順番を決めましょう。

 

【年賀状の差出人】表と裏のどっちに書くの?

差出人名は表面に書くのか、裏面に書くのか悩む人も多いのではないでしょうか。

答えは、表裏のどちらでも大丈夫です。

しかし、一つだけ気をつけるのは、表裏の両面には書かないことです。

表面に差出人名を書いたら裏面には書かないというように、どちらか一面のみに書きましょう。

 

まとめ

一年の初めの挨拶である年賀状は、子供も含めた家族連名で出したいという人も多いのではないでしょうか。

特に親戚や家族ぐるみでお付き合いのある友人などには、家族全員の名前で新年のご挨拶をしたいですよね。

子供を含めた連名で年賀状を出す時の差出人名の書き方について説明しました。

差出人名の順番や書き方、ポイントなどをぜひ参考にして頂き、気持ちの込もった年賀状を送りましょう。


-子供, 年賀状

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-