スキー 子供

スキーでの子供の服装はどんな格好?おすすめアイテムを紹介!

冬のスポーツの中でも人気の高いスキーは、子供から大人まで楽しめるスポーツです。

しかし、子供の服装はどんな格好をすれば良いのでしょうか?

そこで子供のスキーで着る服装について、必要なアイテムやおすすめの子供用ウェアブランドをご紹介します!

 

スキー教室で子供の服装に悩む人が多い!どんな格好をすればいいの?

子供のスキー教室で着る服装って、どんなアイテムが必要でどんな格好をしたら良いのか悩みますよね?

このようにスキーで子供が着る服装について悩んでいる人が多く、ネット上で同じ内容の質問をしている人をよく見かけます。

特に初めてスキー教室に参加する場合には、どんなアイテムが必要なのかもわからないという人も少なくなくはありません。

でも心配はいりません!これからご紹介する必要アイテムがあればスキーに必要なアイテムが揃います。

ぜひ参考にして頂き、子供が暖かくスキーを楽しめるように準備しましょう。

 

子供のスキーの服装で必要なアイテムは?

寒いスキー場で過ごすため、暖かく過ごせる服装がマストになります。

そのため基本的には保温性の高いアイテムが必要です。

ここでは、スキーに必要なアイテムをご紹介していきます。

 

スキーウェア

スキーを行うには専用のスキーウェアが必要です。

スキーウェアは、寒いスキー場でも暖かく過ごせるように保温性が高く、また雪がウェアに染み込みにくい素材でできています。

転んだ時にお尻が雪で濡れたりするので、普通の素材では濡れたままとなり体を冷やしてしまうからです。

そのため、ウェアは他の物で代用せずに、スキーウェアを用意しましょう。

また、子供のスキーウェアはスキー場で目立つような明るい色や、目立つ配色のものを選ぶとわかりやすいためおすすめです。

 

インナー

インナーは、薄手で動きやすく、保温性と速乾性が備わったものがおすすめです。

スキーをしている時は、体を動かすため汗をかきます。

汗をかいてもすぐ乾く素材であれば、体を冷やす心配がありません。

インナーはスキーウェアブランドから機能性の高いものが数多く揃っていますが、ユニクロのヒートテックを代用している人も多いようです。

↓【快適スキー!おすすめ子供用インナーはこちら】↓

 

グローブ

グローブは普通の手袋ではなく、スキー用のスノーグローブを用意しましょう。

スノーグローブでないと、すぐに濡れてしまって手が凍るように冷たくなってしまいます。

防水機能付きで、手首までしっかりとカバーしてくれるグローブを選ぶと、雪が入り込む心配がありません。

寒さが気になる時には、グローブの下につけるインナーグローブというアイテムもありますので、必要に応じて用意しておくと便利です。

 

スノーブーツ

雪遊び程度であれば普通の長靴でも良いのですが、スキーの場合には専用のスノーブーツが必要です。

スノーブーツは、滑り止めがしっかりと付いていて防水機能と防寒性が高いものを選びましょう。

手と同じように足も冷えやすいめ、保温性の高いスノーブーツは必須アイテムです。

また、サイズは適正なものを選びましょう。サイズが合っていないと転んだり怪我の原因にもなります。

 

靴下

足下は冷えやすいため、厚手の靴下を用意しましょう。

足が冷えると、思うように動けなくなってしまいますので、長めのタイプで暖かいものを選びましょう。

 

ゴーグル

スキー場では、雪に反射した日光がとても眩しく感じます。

そのため目が開けにくく、強い紫外線も受けてしまうため、ゴーグルは重要なアイテムです。

安全にスキーを行うためにも、しっかりとまわりが見られるゴーグルが必要です。

 

子供のスキーに持っていくと便利なアイテム

より快適にスキーを楽しむために、持っていると便利なアイテムをご紹介します。

必要な時にプラスアルファで加える使い方もできるので、一つ持っていると便利で安心なアイテムです。

 

タイツやスパッツ

防寒性を高めるためにタイツやスパッツをスキーウェアの下にはくと、より暖かく過ごすことができます。

動きやすさのためにも素材は伸縮性の良いものを選ぶようにしましょう。

 

フリース

フリースが一枚あると、寒い時にインナーの上に重ね着ができるので便利です。

フリースは厚手のものより薄手で保温性の高いものを選ぶと、重ね着しても動きやすく暖かく過ごせます。

また、動いているうちに体が温まって暑くなることもあるかもしれません。

体温調節を都度行うためにも、脱ぎ着しやすいタイプのフリースがおすすめです。

 

ネックウォーマー

冷たい風邪が首元を冷やしてさらに寒さを感じやすくします。

そんな時にネックウォーマーがあると、首元の冷えを防ぐと共に全身が冷えるのも防ぎます。

ネックウォーマーは首から口元まで覆えるタイプのものを選ぶと顔まで暖かいのでおすすめです。

 

おすすめの子供用スキーウェアブランド

普通の子供服と違って、スキーウェアブランドは常に使うものではないため、あまりよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめの子供用スキーウェアブランドをご紹介していきます。

おしゃれな子供用のスキーウェアがたくさんありますのでぜひ参考にして下さいね。

 

Phenix(フェニックス)

世界のトッププレイヤーがPhenixのウェアを着ていたことから人気が出たブランドです。

子供用のウェアにも大人用と同様に高性能な素材が使用されているため、安心してスキーが楽しめます。

カラフルでおしゃれなデザインが人気なので、おしゃれな格好でスキーをしたい人にぴったりのブランドです。

https://www.phenix.co.jp/phenix/

ONYONE(オンヨネ)

ONYONEのウェアは、上下分かれたセパレートタイプのため、トイレに行く際にも便利と評判が高いブランドです。

 

カラフルなデザインはゲレンデでも目立つので、迷子になりにくいのも魅力です。
https://www.onyone.co.jp/

 

PONTAPES(ポンタペス)

袖とズボンの裾が最大15センチ程度変えることができ、長く使用することができるウェアが人気のブランドです。

PONTAPESなら、すぐサイズアウトしてしまう子供服でも長い期間使用できるのが魅力です。
https://www.amazon.co.jp/PONTAPES-%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%9A%E3%82%B9-%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2-120%EF%BD%9E150%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA-PONJR-107M/dp/B07HG4VD2N

 

まとめ

子供のスキーで着る服装に必要なアイテムとあると便利なアイテム、またおすすめのウェアブランドについてご紹介しました。

最近はとてもおしゃれで高機能なスキーウェアやグッズがたくさんあります。

ぜひ今回ご紹介した内容を参考にして、お子さんにぴったりのスキーに必要なアイテムを選んで下さい。


-スキー, 子供,

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-