川遊び

魚釣り&魚取りが楽しめる岡山の川遊びスポット8選

『ヒラメ』と聞いて、皆さんは海にいる平べったい魚を想像しませんか。

ですが、岡山では川魚の『アマゴ』のことを指します。

川魚の代表格で、今回ご紹介するスポット紹介でも沢山名前の出てくるお魚です。

それでは、岡山県内の川釣り&つかみ取りスポットをキュッとまとめてご紹介します。

 

岡山の自然について

岡山県には高梁川、旭川、吉井川の3つの一級河川があります。

川遊び 岡山 川 自然

ところで、一級河川という言葉は聞いたことがあるかと思いますが、どんな河川のことを言うかご存じでしょうか?

一級河川とは、簡単に言うと国土交通大臣が特に重要として指定した水系のことを言います。

全国では109の水系がこの一級河川として指定されています。

岡山県では、そんな3つの河川を流れるきれいな水と、温暖な気候、長い日照時間により稲や果物の産地として有名です。

 

岡山の魚が取れるスポット8選

川遊びができるスポットは岡山県全域に点在しています。

今回は8つの施設をまとめてご紹介していきます。

川遊び 岡山城 ボート

 

源流の郷 右手養魚センター

渓流ではお魚を放流してもらい、その後魚釣りやつかみ取りをすることが出来るので、魚を釣り上げる楽しみを十分に感じることが出来ます。

釣り竿などはレンタルできますので、手ぶらで行っても十分に楽しめます。

ちなみに、えさはいくらなので、虫などが苦手な方も自分で餌付けもできますよ。

また、このセンター内にはアスレチック公園やキャンプ場なども併設していますので、色々な楽しみ方が出来ます。

右手養魚センターHP:https://genryunosato-ute.com/

 

阿波森林公園・阿波渓流釣り場

阿波森林公園のより、少し上流に上がった所、落合川の指定場所で魚釣りを楽しむことが出来ます。

放流ではなく天然のお魚が生息しているのが、この施設の魅力です。

魚のつかみ取りは、バンガロー棟の近く人工渓流で出来ます。

こちらの公園はバンガロー、テントサイト、オートキャンプサイト、炊事場、トイレなどアウトドアを楽しむために必要な施設が充実しています。

 

日名倉養魚場

こちらは、川釣りと池釣り(いけす)での2通りの魚釣りと、魚の掴み取りが体験できます。

川釣りは魚を放流してから釣りを始めるので、たくさん釣れるようですよ。

魚のつかみ取りは4月中旬~10月中旬までですが、魚釣りは年間を通して楽しめます。

BBQ場も併設しているので、釣ったお魚をその場で味わう事も出来ます。

日名倉養魚センターHP:https://hinakura.com/

 

蒜山塩釜養魚センター

全国名水百選に選ばれた塩釜冷泉で育てた魚を、釣ったりつかみ取り出来る施設です。

大切に育てられた7種類のお魚(ニジマス、アマゴ、ブラウントラウト、カワメ、イワナ、ブルックトラウト、イワナとアマゴの交雑魚)は身が締まりとても美味しいそうです。

魚釣り、つかみ取りどちらも捕まえた魚はリリースすることはできませんので、自分で持ち帰るか、またはその場で食べていきましょう。

塩釜冷泉はとても冷たい水ですので、つかみ取りは夏季限定です。

蒜山塩釜養魚センターHP:http://siogama.sakura.ne.jp/

 

津黒川河川公園

津黒いきものふれあいの里内ある河川公園では、放流された魚(アマゴやニジマス)を釣ったり、つかみ取りしたりできます。

もちろん、BBQ場もあります。

こちらの施設はGWと夏休み以外は事前予約制です。(GWと夏休みは先着順)

前日の16時30分までに電話でご予約ください。

電話:0867-67-7011
津黒川河川公園HP:https://plus.harenet.ne.jp/~tsuguro/index.html

 

泉源園地

こちらは、池でアマゴのつかみ取りが出来るスポットです。

残念ながら魚釣りはできません。

捕まえた魚は、調理棟とBBQ棟で調理して食べることが出来ます。

夏期のみの営業となっていますので、営業日を確認の上、遊びに行ってみてください。

 

のとろ原キャンプ場

こちらの施設も、アマゴのつかみ取りのみで魚釣りはできません。

備蓄池からお魚を受け取り、つかみ取り場に放したら、つかみどりスタートです。

そーっと触るのコツです。

捕まえた後は塩焼きにして味わいましょう。

のとろ原キャンプ場HP:https://notoro.net/camp/tukami/tukami.htm

 

小森キャンプ村

小森キャンプ場の前を流れるのは清流、豊岡川です。

こちらの川で魚釣りを楽しむことが出来ます。

特に放流などはしていないので、天然のお魚が釣れます。

浅瀬で水遊びをしたり、水深深めの場所では泳いでいる方々もいるので、釣りをする場合は場所に気を付けてくださいね。

ちなみに、こちらのキャンプ場はレンタルできるものが多いので、手ぶらでもキャンプを楽しむことが出来ますよ。

小森キャンプ村HP;http://komoricampmura.web.fc2.com/

 

魚釣りに必要な道具

川で魚釣りをしようと思うと、釣り竿で釣る場合と、網でそのまますくう場合の2通りのやり方があると思います。

それぞれに必要なものをご紹介しますので、魚釣りの参考にしてみてください。

川遊び 釣り 釣り竿

 

釣り竿で魚取り

・釣り竿
・釣り糸
・釣り針
・ウキ
・えさ
・たも網

https://item.rakuten.co.jp/matsucame/tsu4258/
『初心者釣りセット 釣り入門セット』

こちらでは初心者用の釣り具セットが購入できます。

まずは川で釣りをしてみたいというお子さんにもぴったりだと思います。

 

網を使う魚取り

天然の川でお魚を捕る場合に必要なものを挙げてみました。

・魚取り用のあみ
・バケツ
・水槽
・タオル

https://item.rakuten.co.jp/chanet/107301/
『お魚ふぉとケース(ふた付き)』

魚を取った後の観察ケースをご紹介します。

奥行きが短いのは、ケースに入れたお魚が動き回らずに観察ができるからです。

 

まとめ

川遊び 上流 川

・魚釣り、魚取りは放流してくれた施設内で出来る場合と天然の川で行う場合の2種類ありますので、好みに合わせて選びましょう。

・釣り具など必要なものはありますが、レンタルできる場所も多いので、施設の設備を確認の上お出かけしてみてください。

これから暑くなり、絶好のお出かけ日和ですよね。

是非、涼しみながら楽しんでください。


-川遊び

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-