入学

【入学後の抱負・例文】専門学校の願書の書き方・自分の夢や希望をかなえよう!

専門学校の願書で自分の抱負や希望をどのように伝えたら良いのか分からないという方はいらっしゃいませんか?

願書を書く機会は多いものではないだけに、戸惑うこともあるものです。

ここでは、専門学校の願書に書く「入学後の抱負」の例文を3つご紹介。

また、専門学校側に伝えたいポイントもまとめていきます。

最後には、願書を書く前に知っておきたい専門学校のことも3つ調べてみました。

希望や展望そしてアピールにつながるような願書つくりにぜひお役立てくださいね。

 

【入学後の抱負】例文紹介・専門学校の願書でアピールしよう!

専門学校の願書は、ただの書類ではありません。

「この学校で学びたい」という意志や希望を伝えられる場所でもあるのです。

そこで、自己アピールをして好印象につなげる「入学後の抱負」の例文を3つご紹介しますので、参考にしてみてください。

より分かりやすいように「医療事務の専門学校」を例とします。

 

希望と意志を明確にした例文

希望と入学の意志を明確にした例文は以下のようなものです。

・将来、医療事務の資格をとり医療現場でさまざまな患者さんのお役に立ちたいと考えています。貴学にて勉学にいそしみ、夢に向かって頑張りたいです。

「こうなりたい」という希望。

そして、そのために努力をしたいという意志をまとめた文章です。

 

専門学校・学科に対する魅力と自身の希望をあわせた例文

専門学校・学科が魅力的で、それが自身の希望に沿っていることをアピールする例文です。

・貴学の医療事務科では、資格取得に向けた環境、そして、即戦力につながる実習プログラムが充実している点に大きな魅力を感じました。この実習プログラムで、積極的に学びながら、現場で必要な知識と技術を習得したいです。

学校の特徴や魅力的だと感じた要素をまとめた文章です。
「この学校だからこそ」の部分を記すのがポイント。

 

専門学校に入学出来たら行いたいことや将来の展望を含めた例文

入学出来たら具体的にどのような時間を過ごしたいのかを具体的に記した例文です。

・貴学に入学出来たら、実習やボランティアプログラムに積極的に参加したいです。「医療人」として学びそして経験をし、医療事務資格取得を目指します。

真摯な姿勢をアピールし、学びを実践につなげる前向きな文章です。

学校の魅力と自身の希望、双方をみせることができます。

 

入学後の抱負・願書や面接で専門学校側に伝えたいポイント

入学後の抱負は、願書や面接時に学校側にしっかり伝えることが大切です。

将来につなげるためにも、学校に伝えておきたいポイントをチェックしてみてください。

ここでは、そんなポイントについてまとめていきます。

 

これまでどんなことを行ってきたのか

専門学校・学科問わずに「どんな姿勢で生活を送ってきたのか」を伝えてください。

・ショートステイをして異文化に触れた
・ボランティア活動などを行った
・部活動などで仲間をまとめたり共に努力して賞を勝ち取った
・資格試験を受けた

など、ポジティブで努力をしたものをアピールすると好印象です。

入学後も真面目に通学し、努力をするだろうと感じてもらうことが大切。

誠実さのアピールにもつながります。

 

専門学校で何を学び経験をしたいのか

なぜこの専門学校を選んだのかというアピールにもなるポイントです。

学校のカリキュラムやシステムを引用し、どう学び活かしたいのかを示してください。

「この学校だからこそ」の内容にすると、学校側の目に留まりやすくなります。

 

社会に出たらどのように活躍をしたいのか

専門学校は、その名前の通り「ある専門」に特化した勉強ができる場所です。

・将来的にどのような形で社会と関わりたいのか
・専門学校で学んだことをどのように活かしていきたいのか

などをアピールしてください。

将来の希望や展望が明確であるほど印象は良くなります。

 

入学後の抱負を伝えるなら知っておきたい専門学校のこと

抱負は自身の中から出てくるものです。

しかし、そればかりでは良い願書は仕上がりません。

「専門学校のことを知る」のもまた大切なことなのです。

そこでここでは、抱負を伝えるために知っておきたい専門学校のことを3つご紹介します。

 

学校理念について

各専門学校では「理念・精神」というものがあります。

スペシャリストを育てる環境である専門学校。

学校側が求める人物像と、自身の希望を考えてみてください。

2つについて考えた時、合致する点を願書に記載すると伝わりやすくなります。

 

カリキュラムについて

基本的な授業内容から、任意参加のプログラム。

さらには、教員数や授業時間数なども把握しておくのがオススメです。

「自身が必要としている学習環境がある」という点をアピールする際に役立ちます。

 

専門学校卒業生の進路について

専門学校の多くは、就職データを公表していますので、確認してみてください。

多くの先輩が活躍しているという事を確認しアピールポイントにすれば「意欲的」という印象を与えられます。

細かいデータともいえる進路に関する事柄。

これを把握していると、学校側も「強い希望と意志を持っている」と感じてくれるのです。

 

まとめ

・入学後の抱負が伝わる願書の例文をチェック
・専門学校側に伝えたいポイントを把握しておくと、より好印象な願書が書ける
・専門学校について知ることは大切なこと

希望の職に就くための学習環境がある専門学校。

入学後の抱負をしっかりと伝えることで、学校側に好印象を与えることができます。

また、願書そのものの「質」の向上にもつながるのです。

夢を叶えるための大切な第一歩としてぜひとも、充実した内容の願書を書いてみてください。


-入学

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-