スキー 子供

東海地方でスキーをするならどこへ行く?子供におすすめのスキー場5選

東海地方は、どの県を指すのか覚えていますか?

東海地方とは、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の4県、または静岡県を抜いた3県を指す場合もあります。

この4県で、スキーが出来そうな場所は限られていそうですが、実は探してみると、スキー場があるんです。

特に、愛知県はスキー場のイメージがないですが、1箇所だけ見つけました。

今回は、その愛知県のスキー場を含め、5箇所のスキー場をご紹介します。

 

東海地方で子供におすすめのスキー場5選

東海地方のスキー場の中でも、キッズパークが充実している子供向けのスキー場をご紹介します。

スキー場選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみて下さい。

スキー場 子供 おすすめ 東海 雪山

 

ひるがの高原スキー場

【住所】
岐阜県郡上市高鷲町ひるがの4670-75

【営業時間】
8時~16時30分

【料金】
リフト1日券
大人:4000円
子供(4歳~中学生以下):2600円
ハイティーン割(16歳~18歳):2900円 シニア:2900円
※その他にもいろいろな料金形態があるので、詳しくは公式HPをご覧ください。

【交通アクセス】
電車:長良川鉄道 美濃白鳥駅下車 郡上白鳥バス停より ひるがの公園スキー場まで
車:東海北陸自動車道 ひるがの高原スマートインターより 5分

【駐車場】
600台/1000円

【URL】
https://www.hiruganokogen.com/

【子供向け施設】
ネットで仕切られた「ひるがもキッズランド」が設置されています。

ロングそりコースや雪山遊びなどが出来ます。

入場料 大人:500円 子供:1000円
(リフト券の有無により値段が変わります)

また、ファミリゲーム大会やスノーラフティングも出来ますので、家族みんなで楽しんでください。

 

高鷲スノーパーク

【住所】
岐阜県郡上市高鷲町西洞3086-1

【営業時間】
平日:8時~16時30分
土日祝:7時30分~16時30分

【料金】
リフト1日券
大人:4900円
子供(4歳以上中学生以下):2100円
ハイティーン割(16歳~18歳):4000円 シニア:4000円
※その他にもいろいろな料金形態があるので、詳しくは公式HPをご覧ください。

【交通アクセス】
車:東海北陸自動車道 一宮JCTから 約60分
  東海北陸自動車道 美濃関JCTから 約45分
高速バス:名古屋駅から ひるがの高原バス下車 シャトルバスのバス停まで徒歩すぐ

【駐車場】
あり/1000円

【URL】
https://www.takasu.gr.jp/

【子供向け施設】
キッズパークで出来る遊びは

  • そり遊び
  • 大きな雪山
  • チュービング
  • ふわふわ滑り台
  • スノーモービルランド(土日祝のみ営業)

などです。

入園料を払ってしまえば、ふわふわ滑り台、遊具、そりなどのレンタルが無料となります。

また、斜面を登るのにはスノーエスカレーターがもちろん完備されていますよ。

毎週末にはキッズイベントも行われているので、そちらもぜひ利用してみて下さい。

入園料が大人子供共通で700円です。
(当日のリフト券などがあると無料になります)

スノーモービルは大人子供共通で1000円です。

 

ダイナランド

【住所】
岐阜県郡上市高洲町西洞3052-2

【営業時間】
平日:8時~16時30分
土日祝・年末年始:6時~16時30分

【料金】
リフト1日券
大人:4900円
子供(4歳以上中学生以下):2100円
ハイティーン割(16歳~18歳):4000円 シニア:4000円
※その他にもいろいろな料金形態があるので、詳しくは公式HPをご覧ください。

【交通アクセス】
車:東海北陸自動車道 高鷲ICより 10分
  東海北陸自動車道 ひるがの高原スマートICより 15分
シャトルバス:無料(ダイナランド~ホテル/ヴィラ・モンサン~高鷲スノーパーク~
ひるがの高原スキー場)

【駐車場】
2000台/1000円

【URL】
https://www.dynaland.co.jp/

【子供向け施設】
ファミリー向けのキッズ専用ゲレンデ「Snow Baboon」が設置されています。

エリアは

  • チャレンジバーン
  • ちびっこ広場(雪遊び専用ゾーン)
  • 練習バーン
  • そりゾーン

に分かれています。

また、斜面を登るには、ビギナーリフトとスノーエスカレーターの2通りがあります。

キッズエリアにしてはリフトがあるのは珍しいですよね。

入園料は大人子供共通で1000円です。

ビギナーリフトの1日券は800円です。

初めてのスキーにぴったりのキッズゲレンデですよ。

 

茶臼山高原スキー場

【住所】
愛知県北設楽郡豊根村坂字湯字御所平70-185

【営業時間】
平日:8時30分~17時
土日祝:8時~17時

【料金】
リフト1日券
大人:2500円
子供:1000円
※その他にもいろいろな料金形態があるので、詳しくは公式HPをご覧ください。

【交通アクセス】
車:東名自動車道 豊田IC 国道153号を飯田方面へ 72㎞

【駐車場】
1000台/無料

【URL】
http://www.chausuyama.jp/exercise/2014022119103644.html

【子供向け施設】
愛知県唯一のスキー場です。

キッズエリアでは、そり専用のゲレンデと初心者や子供が使えるファミリーゲレンデがあります。

そりは1日1000円でレンタルしています。

ファミリーゲレンデにはスノーエスカレーターが設置されているので、リフトに乗れなくても安心です。

 

めいほうスキー場

【住所】
岐阜県郡上市明宝奥住水沢上3447-1

【営業時間】
平日:8時~16時30分
休日:7時30分~16時30分

【料金】
リフト1日券
大人:4300円
シニア:3300円
子供:2000円
中高校生:3300円
※その他にもいろいろな料金形態があるので、詳しくは公式HPをご覧ください。

【交通アクセス】
電車:長良川鉄道郡上八幡駅から バス60分
車:東海北陸自動車道 郡上八幡ICから 国道472号経由 40分
  東海北陸自動車道 名古屋ICから 1時間40分

【駐車場】
3500台/1000円

【URL】
https://www.meihoski.co.jp/winter/

【子供向け施設】
西日本最大級のキッズゲレンデが設置されています。

キッズエリアは「ひつじのショーンスノーランド」といいます。

そりや、チューブ、スノーストライダーは無料でレンタルしています。

キッズエリア内にはスノーラフティングも出来るようになりました。

入園料:大人子供共通1200円(当日リフト券があると無料になります)

また、屋内にもキッズランドが設けられていますので、スキーに飽きてしまった子は、ぜひ利用してみて下さい。

 

雪遊び用にあると便利な子供の持ち物

キッズエリアでは、無料でそりなどレンタルできる場合もありますが、そうじゃないスキー場も結構あります。

そこで、雪遊びを存分に楽しんでもらうのに必要な持ち物をご紹介します。

スキー場 子供 おすすめ 東海 手袋

 

ソリ

無料で貸し出してくれることが多いそりですが、形によっては小さな子は滑りにくい場合があるかもしれないので、そりは購入していくのが正解だと思います。

名前だけは分かるところにしっかりと書いておきましょう。

また、そり滑りの時だけでなく、雪の上の移動(ゲレンデから駐車場へなど)の時に子供を乗せて移動すれば、子供がどこかへ行かずついてきてくれるので便利だそうです。

 

サングラスやゴーグル

サングラスやゴーグルのように日差し対策は必要です。

スピードの出る遊びをするのであれば、ゴーグルをおススメしますが、そり遊び程度であれば、お気に入りのサングラスでもいいでしょう。

目を光から守るために準備してください。

 

帽子

防寒対策として必要ですし、転倒時の衝撃を多少なりとも軽減してくれます。

 

雪用の靴と手袋

靴は滑らないものが必要です。

安心感が違いますよね。

手袋も雪用の水を通さないものを用意しましょう。

ちなみにウェアは買ってもサイズがどんどん変わるので、レンタルで十分でしょう。

 

まとめ

スキー場 子供 おすすめ 東海 スノボ

  • 東海エリアのスキー場は、岐阜県に集中していましたが、愛知県にも1箇所スキー場があります。
  • キッズエリアもそれぞれ工夫がしてあります。
  • 小さな子供と雪山に行って、キッズエリアを楽しむ場合にも、必要な持ち物の準備はしていきましょう

東海エリアでも、気軽に行けるスキー場が結構ありましたね。

また、2020年―2021年度の詳細な情報が出ていないので、スキーに行く場合は、公式HPで、1度確認することをおススメします。


-スキー, 子供

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-