年賀状

年賀状の子供の写真・不妊治療中の方へ送る時にはいくつかのポイントを押さえておこう

不妊治療をしている友人・知人に年賀状を送る際、子供の写真の使用について迷う事はありませんか?

使用する写真だけでなく、添えるメッセージについても色々悩むことだと思います。

今回は、不妊治療をしている方への年賀状に使う写真とメッセージについてのポイントをご紹介します。

また、不妊治療をしている方の年賀状に対する率直な意見をまとめてみました。

 

年賀状に子供の写真はOK?不妊治療をしている方への年賀状を送る際のポイント【写真編】

不妊治療をしている方への年賀状を送る際にどういった写真を使えば良いのでしょうか?

使用する写真のついてのポイントをまとめていこうと思います。

 

「年賀状全面に子供の顔」という写真はNG

子供の顔が年賀状全面に押し出された写真を使うのは辞めるようにしましょう。

不妊治療を受けている人だけでなく、子供がいる方からも、「傷つく人がいる可能性を考えない無神経な人」と思われてしまう可能性があります。

 

どうしても写真を入れたいのであれば控えめに

それでも、子供の様子を載せたいというのであれば、極小さなものを控えめに載せるのが良いでしょう。

年賀状一面に子供の写真を載せるのではなく、複数枚の写真の中に控え目に載せたり、他の写真を大きくして子供の写真を目立たせなくするなど工夫しましょう。

 

シンプルなものが無難

個性的な年賀状を送りたい、可愛い子供の写真を見てほしい、という気持ちは分かりますが、周りへの配慮も必要です。

写真なしのシンプルな年賀状が、やはり無難でしょう。

イラストでも十分個性的な年賀状を作ることができますよ。

 

不妊治療をしている方への年賀状を送る際のポイント【メッセージ編】

次に、不妊治療中をされている方への年賀状を送る際のメッセージについてのポイントについてもまとめていこうと思います。

 

不愉快にさせてしまうメッセージ

相手を不愉快にさせてしまう可能性がある例を挙げてみました。

 

赤ちゃん自慢なもの

「わが子がハイハイ出来るようになった」「ママと言えるようになった」のような、赤ちゃんを自慢でするようなメッセージは、年賀状を受け取った相手が不快な思いをする可能性があります。

目に入れても痛くない赤ちゃんですが、誤解を与えてしまうようなメッセージは控えるようにしましょう。

 

プレッシャーを与えるもの

「赤ちゃんはいつ?」「赤ちゃんができたら一緒に遊ばせようね」と悪気がない文章であっても、不妊治療をしている方にとっては、プレッシャーになってしまいます。

当たり障りのない文章かもしれませんが、不妊治療をしている方の気持ちを考えてメッセージを書くようにしましょう。

 

メッセージもシンプルなものがベスト

メッセージ編でもやはりシンプルなものが無難で好まれます。

出産について年賀状で報告したい場合の例を紹介します。

 

<例1>
新年あけましておめでとうございます。
我が家に新しいメンバーが加わりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

<例2>
新年あけましておめでとうございます。
この度は、出産に伴い長期間お休みを頂戴し、ありがとうございます。
無事に女の子を出産いたしました。
落ち着きましたら改めてご連絡させていただきます。
本年もよろしくお願いいたします。

 

子どもの写真入り年賀状はどう思う?不妊治療をしている人たちの率直な意見

最後は、不妊治療をしている方々の意見についてです。

不妊治療中の方々は、子供の写真入りの年賀状について、どういう風に思っているのか、率直な意見をまとめてみました。

 

年賀状に子供の写真はいらない派

不妊治療中の方であってもそうでなくても、年賀状に子供の写真はいらないという人も多くいます。

他人の子供、特に会ったこともない子供の写真を見ても楽しくないという意見や、自慢したいだけ、個人情報を気にしているのに年賀状の時には子供の写真を載せる気持ちが分からない、という意見があります。

 

不妊治療中なので、気分が落ち込む

不妊治療中の場合は、年賀状を見るたびに気分が落ち込む、ストレスになるという意見があります。

折角の新年のおめでたい時期に、年賀状で相手を落ち込ませてしまうのは、悲しいですよね。

 

不妊治療はやめてしまったが、子供の写真は本当に嫌だ

不妊治療をやめたとしても、悲しい気持ちは同じです。

不妊治療は身体的負担、精神的負担ともに大きいものです。

子供の写真入り年賀状を見ると、その経験を思い出させてしまうこともあり、子供の写真は嫌だという方もいらっしゃいます。

 

幸せアピールをされているよう

落ち込むという意見よりも、不愉快という意見の方が多くありました。

悲しみを通りすぎて、その無神経さにイラつきを覚える人もいます。

中には、イラつきさえ通り過ぎて呆れるといった意見もありました。

 

子供の写真が入っていても気にしない派

子供の写真が入っていても気にしない意見もありました。

気にしない意見3つを紹介します。

 

他人の子供をかわいいと思わないので、年賀状で見てもなんとも思わない

家族ぐるみで付き合いをしていない子供や他人の子供に対して可愛いと思う気持ちがない人もいます。

その子供の写真をもらっても、楽しさも可愛さも感じないので、何とも思わないという意見があります。

 

赤ちゃん写真はそんなに気にならない

赤ちゃんの写真自体は可愛いので、特に気にならないという意見もあります。

写真に添えられているメッセージによっては、特に不愉快な気持ちにならない人もいらっしゃるようです。

 

知り合い程度なら「ふーん」友達なら「可愛い」と思う

年賀状は特に仲良くない人にも送ったりすることがありますよね。

仲良い知り合いであれば、可愛いと思うけれども、特に親しい人でない場合には、「ふーん」とあまり興味は沸かないようです。

年賀状を送ってくれた友達との親しさによって、感じ方は変わるようです。

 

まとめ

12月になると、年賀状の準備を始める人も多いのではないでしょうか。

子供の写真を使うか、どういうメッセージにするか等、毎年楽しく選んでいる人もいるでしょう。

しかし、年賀状を送る友達の中に不妊治療中の方がいる場合には、配慮が必要かもしれません。

子供の写真入り年賀状に対して好意的な意見もある中、

-配慮がない
-落ち込む
-自慢にしか感じない
-プレッシャーを感じる

等といったネガティブな意見があることも忘れないで欲しいと思います。

新年を気持ちよく迎えるために、年賀状を受け取る人の気持ちも考えてあげるようにしてください。


-年賀状

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-