年賀状

【年賀状の子供の写真】独身の友人はどう思うのか?気を付けた方が良いポイントをご紹介

年賀状は、子供の写真を使ったものを準備しているけれど、独身の友人には送っても良いのかなと迷っている方、いらっしゃいませんか?

今回は、そんなお悩みを解決できるように、独身の友人への年賀状を送る際のポイントをメインにご紹介していこうと思います。

また、独身の方は写真付きの年賀状を貰った時どんな反応をするのかをまとめてみました。

そして、年賀状の写真で悩むくらいなら、年始の挨拶をSNSで行うのはいかがでしょうかという、提案をさせていただきたいと思います。

 

【年賀状】子供の写真・独身の友人へ送る際のポイント

まずは、冒頭でもお話しした、独身の友人へ送る年賀状について、注意するポイントをご紹介していこうと思います。

 

独身の友人へは写真入りではなく写真なしバージョンを用意

独身の方は、子供の写真入りの年賀状については、あまりいい印象を持たない方が多いようです。

中には、子供の成長が見られるものは嬉しいと思う人もいるようですが、少数派です。

ですので、子供の写真が全面に配置されている年賀状ではなく、シンプルな写真なしバージョンを用意する方が良いでしょう。

 

写真を入れたいのであれば家族写真がおススメ

独身の友人が年賀状で知りたいのは、友人の子供の成長ではなく、友人自身の近況です。

写真を使った年賀状を送りたいのであれば、家族写真を使用する方が良いでしょう。

友人の近況が、文字だけでなく、写真からも知ることが出来ますよね。

 

近況を知らせるようなメッセージを多めに入れる

シンプルなデザインの年賀状を準備した場合は、メッセージは多めに入れるようにしましょう。

ここで、1つ注意なのは、子供の近況ばかりを書いてしまうのはNGという事です。

折角子供の写真入りの年賀状をやめたのに、これでは同じことですよね。

なので、自分自身の近況をメインに、子供については少しだけ触れるというようなメッセージを書くのが良いでしょう。

 

年賀状に子供の写真が載っていた!そのとき独身者の反応は?

独身の方々が、子供の写真入りの年賀状を貰った時の反応を集めてみました。

これから、年賀状を送ろうと思っている方々は、独身の方々の反応を参考に年賀状のデザインを考えてみて下さい。

 

ネガティブ派

まずは、ネガティブ派の意見をまとめてみました。

年賀状を送った本人は「そんなこと思ってないのに」と思っても、もらう側としては、様々な反応が出てくるようです。

 

あてつけだと思ってしまう

幸せそうな写真を見ると、ついついあてつけだと思ってしまう方が多いようです。

送った方にそんな感情は少しもなくても、受け取り方は千差万別です。

 

マウンティングされた気分

「私は子供もいて、あなたより幸せなのよ」という意味にとられてしまい、マウンティングされたと感じる方もいらっしゃるようです。

最近、マウンティングと言う言葉を結構聞きますよね。

「自分の方が優位だと思いたいがために、相手を一方的に格付けし、さらにそれをアピールすること」をマウンティングと言うそうです。

これは、女性に多い反応です。

 

年賀状の送り主と比べて落ち込む

「○○はこんなに幸せそうなのに、私は…」と落ち込んでしまう人もいます。

上記お話しした反応は、「怒り」の反応でしたが、こちらは少し違うようです。

ですが、マイナスの反応ですよね。

 

親に見られて結婚についての話を延々とされる

地味にきついのが、親からの「結婚はまだか」攻撃。

うっかり、友人からの子供の写真付き年賀状を見られた日には、結婚話を延々と聞かされる目になります。

新年から、そのような話はちょっとツライですよね。

 

ポジティブ派

ポジティブな意見もいくつかありました。

 

子供の成長が見られるのが楽しい

ポジティブな反応をしてくれる独身の方々は多くは無かったですが、このように子供の成長を楽しみにしてくれるという反応もあるようです。

親戚のおばさん、おじさんの気分と似たような感じでしょうか。

 

特に気にしない

結構いたのが、この「特に気にしない」派です。

写真が載っていても、載っていなくても、どちらでもいいという方も一定数いらっしゃいました。

 

独身でも既婚でも関係ない!SNSを活用しよう

最後に、「年始の挨拶にSNSを活用するのはいかがでしょうか」という提案です。

これだけ、SNSが普及しているのであれば、うまく活用するのは当たり前のことではないでしょうか。

ここでは、SNSの利用の仕方をまとめてみたいと思います。

 

年賀状を書かないことを友達で話し合う

「お互いに年賀状を書かない」と取り決めをする方法です。

まずは、今年は年賀状じゃなくてSNSで新年の挨拶をするという友人を募りましょう。

そして、しっかりと話し合い、年賀状はいらない、1月1日に連絡を取り合うという事を話し合います。

 

年賀状の代わりにメールやLINEで連絡を取り合う

1月1日当日、メールやLINEなど様々な手段で、新年の挨拶をしましょう。

そこでは、あえての子供の写真などもいらないでしょうし、近況を話して、終了というのが良いでしょう。

年賀状が来ないという物足りなさはありますが、子供の写真を見て不愉快な気分になる事もありませんし、余計なストレスにさらされることもありません。

写真1つで、友人関係にひびが入りそうなであれば、このような手段を取るのも良いと思います。

 

まとめ

・独身の方には、子供の写真入りの年賀状は避けるのが良いでしょう。

・子供の写真入り年賀状を見た反応は人それぞれですが、少なくともネガティブな意見が多いことは覚えておいた方が良いでしょう。

・最後に、年賀状を送り合うのも良いですが、これだけSNSが普及していますので、そちらを活用するのも1つの手だと思います。

年賀状はもらって嬉しいものと思いがちですが、内容によっては人に不愉快な思いをさせてしまう事があります。

送る相手によって、内容を少しずつ変えてあげるという配慮も必要なのかもしれません。


-年賀状

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-