衣替え

衣替えをしない?メリットが多い!衣替えをしないタンス収納

季節が変わる時に悩みとなる衣替え。

もし、しなくても良いなら手間も時間もかけずに済みます。

衣替えをせずに済む収納術について調べてみました。

 

衣替えしないタンスの整理整頓方法

衣替えを行わない整頓方法が「タンス整理」です。

ただ片付けるだけではなく、タンスの整理方法が5つあります。

そんなポイントをまとめますので、お役立てください。

衣替え タンス 収納されたTシャツ

 

収納場所を1箇所に決める

衣類の収納場所を1箇所にまとめましょう。

まとめることで管理もしやすいですし、洋服の量も自然と決まります。

1箇所で片付けきれないほど洋服が増えてしまったという場合、断捨離がオススメです。

 

洋服を厳選する

洋服の厳選は難しいものですが、「これ以上着ることはないだろう」というものを選んでいきましょう。

ワンシーズン着用をしなかったり、タンスの中から出てくることがなかったものは処分してください。

収納の理想は、収納場所に対して80%前後にとどめておくことです。

衣類を良い状態で管理を行うためにもベストといえます。

 

季節別・種類別に分類

収納する洋服は、「季節」と「種類」に分類してみましょう。

衣替えを行わなくて良いタンス収納。

手に取りやすい・タンスの中がごちゃごちゃにならないようにすることがポイントです。

 

立てて収納

タンスで収納をする際「立てて収納」をしてください。

重ね置きは、散らかる原因になりやすいのです。

また、ぱっと見で分かりにくくなってしまいます。

たたみ方の基本は以下の通りです。

1.シワを伸ばして床に広げたら、両袖から中心に向かってたたむ

2.袖を後ろに織り込んで長方形状にする

3.裾のほうから2つ折りにし、さらにもう一度折る

襟がついているポロシャツなどは襟がある方を必ず表にしてください。

タートルネックやパーカーは内側に入れましょう。

 

ほぼ使わないものは圧縮袋へ

厚手のニット類など立てて収納をするにしてもかさばってしまう。

そのような場合は「圧縮袋」を利用しましょう。

衣類専用の圧縮袋の中には、防虫効果が施されているものもあります。

虫食いを簡単に防げてオススメです。

圧縮をした衣類は、タンスの一番下に平置きしましょう。

 

衣替えをしないメリット

タンス収納で衣替えを行わないのは手抜きをするという意味ではありません。

衣替えをしないからこそのメリットもたくさんあるのです。

ここでは、そんなメリットをご紹介します。

衣替え タンス OKサイン

 

無駄な買い物が減る

収納場所を決めているので、それ以上入らないと判断すれば買い物をしなくなります。

その結果、無駄な出費が抑えられるのです。

もし、長く着用できるものを購入したいという場合、手持ちの衣類を断捨離してください。

そうすることで、ベストな収納状態をキープできます。

 

洋服が選びやすい

洋服がたくさんあると、コーディネートを考えるのも一苦労です。

また、着用したいものをなかなか探せないということもあるでしょう。

1箇所にある程度決まった洋服であれば、選びやすくなります。

一定の着数であれば、把握も管理も楽です。

 

衣替えの面倒な作業からの開放

衣替えに丸1日かかってしまうことも珍しくありません。

季節を見ながら行わなくてはいけないので、本当に面倒です。

この手間か開放されることは大きいメリットといえるでしょう。

これまで衣替えを行ってきたという場合、タンス収納に切り替えることが大変だと感じるかもしれません。

しかし一度頑張ってスタイルを変更するだけで、年に2回の手間から開放されるのです。

衣替えに使ってきた時間を有意義なものにできるでしょう。

 

衣替えをしないデメリット

何事にもデメリットはあります。

衣替えに対しても、数は少ないですがいくつか要素はあるでしょう。

ここでは、衣替えをしないデメリットをご紹介します。

衣替え タンス デメリット

 

湿気対策や防虫対策をしなければならない

衣替えをしないタンス収納を行う場合、湿気・防虫対策は必須です。

湿気を防ぐタンスシートや防虫剤がありますので、それらを購入使用してください。

安いものを見つけたタイミングで大量購入をするということもあるでしょう。

しかし、こうしたグッズには使用期限があります。

使用期限が切れていないか必ず確認しておきましょう。

お取替えサインが付いているタイプは、サインチェックはマメに行うのがオススメです。

防虫剤は、以下の2点ご注意ください。

  • 成分は上から下に作用するので、一番上に置く
  • 溶けて衣類を傷める可能性があるので、違う種類の防虫剤同士を置かない

です。

 

コーディネートのマンネリ化

洋服を選びやすいということは、一定アイテムだということになります。

コーディネートは楽になるものの、いつも同じでマンネリ化してしまうと悩むむこともあるでしょう。

しかし、それを解消するポイントが「小物」にあります。

ベルトやバッグ、靴や帽子などで印象をがらりと変えることができるのです。

例えば、組み合わせの王道「黒×白」で考えてみましょう。

グレーやベージュの小物を合わせると、フォーマルな印象にまとまります。

赤やグリーンの小物を合わせると、華やかな印象に変化します。

特にベーシックカラーは、あらゆる差し色効果を取り入れやすいのでマンネリも解消しやすいのです。

さらには、ヘアスタイルに変化を与えるだけでもイメージが新鮮になりますので試してみてください。

 

まとめ

衣替え タンス 収納 子供服

  • 衣越えをしないタンス収納には魅力が沢山ある
  • 整理整頓方法やコツを掴んで通年ベストな状態がキープできる
  • デメリットは対処方法を取り入れて解決可能

ストレスから開放されるためにも、ぜひともタンスを使った収納を実践してみてください。

衣替えなし収納は「キレイを保つ」ためにもオススメです。


-衣替え

© 2020 yakudats.com-役立つ情報を紹介-