バス 子供

京急バスの子供料金は?京急バスでは電車と組合せた観光チケットを発売中

通勤、通学と生活の中に京急バスがあるという方もいるでしょう。

生活に密着した交通機関ではありますが、実は観光きっぷにも力を入れているのです。

京急バスと京急線のフリー区間を利用すれば、かなりの区間が行き来できるようになります。

お得で便利に利用可能です。

今回は、京急バスの子供料金そして、普段から利用したいお得な割引や観光特化のきっぷをご紹介します。

京急バス利用時の参考にしてみてください。

 

京急バスでの子供区分と運賃について

京急バスでは、大人料金や子供料金という区分が設けられています。

料金に関する詳しい部分と子供料金に対する区分をここではまとめていきます。

知っていると、より快適に利用できるでしょう。

京急 バス 子供 料金 笑顔

 

子供運賃の区分について

京急バスでの子供運賃の区分と支払い方法はどのようなものなのでしょうか。

以下、それぞれについて見ていきます。

  • 小児

6歳以上12歳未満の利用者は、ここに分類されます。

小児運賃の場合、大人の運賃の「半額」となり、10円単位での四捨五入です。

ICカードで全額を支払う場合は、1円単位に四捨五入となります。

  • 幼児

1歳以上6歳未満の利用者は、ここに分類されます。

幼児運賃の場合、「同伴する幼児2人まで」は無賃となるのです。

3人目からは小児運賃・1人での利用は小児運単が適用されます。

空港バスなどの定員制の際は、幼児1人が座席を占有するのであれば、小児運賃が必要です。

  • 乳児

1歳未満の利用者は、ここに分類されます。

乳児運賃の場合、人数に限らずいかなる場合も無賃です。

なお、中学生以上は「大人運賃」が適用されます。

 

大人と一緒に子供がバスに乗る場合の料金

大人と同伴の子供運賃についてですが、乳児の場合は無賃で利用可能です。

幼児の場合は、大人が同伴すれば「幼児2人分」までは無賃で利用できます。

ただし、それ以上の場合(3人目から)は、小児運賃が必要です。

小児運賃は、大人と一緒でも規定通りの小児運賃が適用されます。

 

運賃の1円・10円単位について

子供のバス利用の運賃の「端数」について気になるという声もあるでしょう。

以下、1円単位・10円単位それぞれの端数と支払い方法に対する取り扱いをまとめていきます。

  • 1円単位の運賃について

京急バスでは、現金の場合は1円単位は適用されません。

しかし、交通系ICカードでの支払いの場合は適用されます。

現金と交通系ICカードの2つを使って支払いたいというケースは、1円単位が適用です。

  • 10円単位の運賃について

京急バスの場合、現金での支払いの場合は10円単位は適用されます。

同様に、交通系ICカードでの支払いも適用内です。

このことから、現金と交通系ICカードの2つを使って支払うケースにおいても適用です。

 

普段でも使えるお得な割引

日常的に京急バスを使用するという際におすすめしたいのが「割引の活用」です。

京急バスでは、お得な割引システムがいくつか用意されています。

ここでは、そんなシステムについてまとめていきましょう。

京急 バス 子供 料金 SALE

 

環境定期割引

【対象】
通勤定期券を所持している人と同乗する「同居家族」

【利用範囲】
京急バス全線(高速バス・空港バスは対象外)

【実施日】
土日祝日・年末年始()12月25日~1月7日)・お盆期間(8月12日~16日)

【運賃か発売金額】
・定期券面表示区間
大人 100円
子供 50円

・定期券面区間外
定期券所持者 100円
大人 100円
子供 50円

【特徴】
通勤定期券を所持している同居家族であれば土日祝日はお得に京急バスが利用できます。

日常的に京急バスを利用しているという理由ばかりではなく、エコの意味合いもあるのです。

自家用車ではなく、環境に優しいバス利用をすることで排ガス量削減につなげる目的があります。

 

ファミリー割引

【対象】
実施日期間内に京急バスを現金、交通系ICカード、回数券で利用する大人同伴の小児1人

【利用範囲】
京急バス全線(ワンコインバス鎌田エリア・羽田空港エリア・ビックファン平和島・高速バス・空港バスを除く)

【実施日】
3月26日~4月5日・4月29日~5月5日・7月20日~8月31日・12月25日~1月7日

【運賃か発売金額】
大人1人につき同乗小児1人が無料

【特徴】
連休や子供の長期休みの期間に合わせた割引システムです。

大人1人につき小児1人が無料となりますので、とてもお得に乗車することができます。

「大人1人につき」というのがポイント。

2人であれば、小児2人分が無料となるのです。

ご家族全員がお得に京急バスを利用できます。

 

ふれあいパス

【対象】
70歳以上

【利用範囲】
京急バス全線(高速バス・空港バスを除く)

【実施日】
・3ヶ月 通年
・6ヶ月 6月~7月、12月~1月

【運賃か発売金額】
3ヶ月 12600円
6ヶ月 21000円

【特徴】
70歳以上の利用者全てに適用されるお得な割引システムです。

公的書類の写しと顔写真を持参することが条件となります。

毎日京急バスを利用する、利用頻度が高いという場合には規定料金で全線が乗り放題です。

お出かけの際に生活にと利便性の高いシステムとも言えるでしょう。

バス営業所な案内書で手軽に申し込みが可能です。

 

ワンコインパス

【対象】
京急バス指定の4エリアと1路線

【利用範囲】
・蒲田エリア
・羽田空港エリア
・浦賀エリア
・久里浜エリア
・ビックファン平和島
・平和島競艇
・平和島劇場

【実施日】
通年

【運賃か発売金額】
大人 100円
小児 50円

【特徴】
指定区間を大人は100円・小児は50円で利用可能です。

エリア内であれば、どこで乗り降りをしてもこの料金となります。

大きな範囲ではないからこそ、目的地に合わせた利用がしやすいのが大きな魅力です。

 

都内1日乗車券

【対象】
京急バス利用者

【利用範囲】
東京都内の京急バス全線(高速バス・空港バスを除く)

【実施日】
通年

【運賃か発売金額】
大人 500円
子供 250円

【特徴】
東京都内を走る京急バスの全線が1日乗り放題です。

何度乗っても・降りても大人は500円、子供は250円ですので観光やお出かけにピッタリ。

バスの車内でも購入することができますから、お手軽な利用もできます。

 

観光におすすめ電車も乗れるフリーきっぷ

生活に密着した利用をすることが多い京急バス。

しかし、京急バス・京急線が力を入れているのが観光にも使えるフリーきっぷです。

お出かけや旅行の際に利用するとコスパも抜群。

ここでは、そんなフリーきっぷについてご紹介します。

京急 バス 子供 料金 電車

 

鎌倉フリー環境手形

【発売期間】
1月1日~3日を除く通年

【有効期間】
購入日当日

【発売金額】
大人 600円
小児 300円

【発売場所】
・京急バス鎌倉営業所、鎌倉駅前案内所
・鎌倉市観光協会
・北鎌倉古民家ミュージアム
・円覚寺
・江ノ電鎌倉駅、長谷駅

【利用範囲】
電車
江ノ電鎌倉駅~長谷駅

バス
・鎌倉駅東口~北鎌倉駅
・鎌倉駅東口~大塔宮
・鎌倉駅東口~浄明寺
・鎌倉駅東口~大仏前
・鎌倉駅東口~名越

【特徴】
京急と江ノ電のバスと電車がお得な料金で1日乗り放題のきっぷです。

この周辺には観光スポットも多く、歩くのには距離がありタクシーでは料金がかかってしまいます。

観光も散策も手軽に楽しめるでしょう。

 

三浦半島まるごときっぷ

【発売期間】
通年

【有効期間】
購入日より2日間

【発売金額】
・品川発
大人 4660円
小児 3630円

・横浜発
大人 4250円
小児 3420円

【発売場所】
請求線全線各駅、日本旅行

【利用範囲】
電車
・発売駅から金沢文庫までの往復、金沢文庫駅以南のフリー乗車券

バス
・金沢文庫以南の京急バスフリー乗車券

【特徴】
その名前の通り、三浦半島を当日から翌日まで楽しめるお得なフリーきっぷです。

品川・横浜とそれぞれ出発地点が選択できるのも魅力的。

施設の優待券や加盟店で使用できるお食事券さらにはお土産券などもついていますので旅行にもピッタリ。

特典があることで、旅のプランも立てやすくなるかもしれません。

 

三浦半島1DAY・2DAYきっぷ

【発売期間】
通年

【有効期間】
購入日当日・当日と翌日

【発売金額】
三浦半島1DAYきっぷ
・品川発
大人 1960円
小児 980円

・横浜発
大人 1440円
小児 720円

三浦半島2DAYきっぷ
・品川発
大人 20700円
小児 2040円

・横浜発
大人 1660円
小児 830円

【発売場所】
京急線全線各駅、日本旅行

【利用範囲】
・発売駅から金沢文庫までの往復、金沢文庫駅以南のフリー乗車券

バス
・金沢文庫以南の京急バスフリー乗車券

【特徴】
三浦半島そして鎌倉江の島エリアまで楽しめる1DAYもしくは2DAYのフリーきっぷです。

施設の優待特典からお食事・お土産券もついていますから、フリーツアーのような気分が味わえます。

 

みさきまぐろきっぷ

【発売期間】
通年

【有効期間】
購入日当日

【発売金額】
・品川発
大人 3570円
小児 2580円

・横浜発
大人 3480円
小児 2530円

【発売場所】
京急線各駅

【利用範囲】
電車
・京急線往復(発駅から三崎口)

バス
・京急バスフリー区間

【特徴】
料金的にお得なばかりではなく、みさきの名産「まぐろ」もセットになっているお得なフリーきっぷです。

「まぐろまんぷく券」さらには「おもひで券」があり、お食事お土産や施設の優待が受けられます。

自然と美味しいものをお得に堪能できるでしょう。

 

横須賀満喫きっぷ

【発売期間】
通年

【有効期間】
購入日当日

【発売金額】
・品川発
大人 3110円
小児 2580円

・横浜発
大人 3010円
小児 2530円

【発売場所】
京急線各駅

【利用範囲】
電車
・発駅からフリー区間

電車
・京急バスフリー区間

【特徴】
バスと電車、それぞれがセットになっているのでお得に移動ができます。

そればかりではなく、加盟店のメニューから1つ選べる「食べる券」。

そして、加盟店から1つの店舗施設が選べる「遊ぶ券」が特典としてついてきます。

日帰り旅行にもピッタリです。

よこすかの異国情緒や食文化を楽しんでみてください。

 

葉山女子旅きっぷ

【発売期間】
通年

【有効期間】
購入日当日

【発売金額】
・品川発
大人 3500円
小児 2900円

・横浜発
大人 3300円
小児 2800円

【発売場所】
京急線各駅

【利用範囲】
電車
・発駅から逗子、葉山駅

バス
・京急バスフリー区間

【特徴】
「女子旅」という名前ですが、女性限定ではありません。

電車とバスの乗車券から選択可能なごはん券さらには、ごほうび券がセットになっているフリーきっぷです。

逗子や葉山で映えるオシャレなごはんを楽しんで、海や潮風そして山々を眺めながらの散策。

さらには、お土産や体験チケットとして利用できる「ごほうび券」で特別な思い出を作ってください。

 

東京湾フェリー往復きっぷ

【発売期間】
通年

【有効期間】
購入日から4日間

【発売金額】
・品川発 2980円
・横浜発 2320円
・上大岡発 2200円
・横須賀中央発 1910円

【発売場所】
京急線各駅

【利用範囲】
・発駅~久里浜駅、久里浜港までの京急線並びに京急バス区間往復
・東京湾フェリー往復

【特徴】
電車とバスばかりではなく船までセットになっている欲張りなフリーきっぷです。

お手軽な価格帯で気分爽快のクルージングを楽しむことが可能。

南房総エリアの自然を陸から・海から感じることができます。

 

まとめ

京急 バス 子供 料金 線路

  • 京急バスの子供の料金や区分について確認しておくと安心
  • お得な割引システムを活用するのがオススメ
  • 観光にも大活躍のフリーきっぷを旅行やお出かけに役立てる

京急バスは、日常生活から特別な日にまで利用できます。

お得な割引システムやフリーきっぷもありますので、条件や目的に合わせてぜひとも利用してみてください。

日帰りの距離・範囲でも、新たな発見や楽しい体験はできるものです。

小さな子供連れでも、移動もスムーズで疲れもたまりにくいでしょう。


-バス, 子供

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-