ゴールデンウィーク 子供 旅行

名古屋でゴールデンウィークに子供と出かけるなら?屋内施設と屋外施設を合わせて8カ所ご紹介

2020年、コロナウィルスの影響により、ゴールデンウィークにお出かけをしたというご家族は少ないと思います。

今回は、名古屋市に地域を絞り、屋内・屋外で遊べるスポットを4カ所ずつピックアップしてみました

屋内の施設では、プラネタリウムのある名古屋市科学館をはじめとする博物館や水族館を中心にご紹介します。

屋外の施設は、名古屋城の周りの公園や動物園などをご紹介します。

ぜひ、ゴールデンウィークのお出かけ先の、参考にしてみてください。

 

名古屋でゴールデンウィークに子供と出かけたいスポットとは?【屋内編】

まずは、名古屋市にある屋内で楽しめるスポットをご紹介します。

博物館系のスポットが多くなりますが、遊べて学べて一石二鳥だと思ってお出かけするのも悪くないと思いますよ。

 

名古屋市科学館

世界最大級のプラネタリウムは、名古屋市科学館の中でも特に人気のある展示です。

実験ショーなども随時開催され、小さなお子さんでも十分に楽しむことが出来ます。

また、常設展示も見逃すことはできません。

最先端科学を使った展示もあるのでおススメですよ。

館内には飲食が出来るスペースやレストランも併設されているので、丸1日十分に遊んで帰ることが出来ます。

大人も子供と一緒に楽しんでくださいね。

《住所》
愛知県名古屋市中区栄2丁目17番1号

《開館時間》
9時30分~17時

《入館料》
*展示室とプラネタリウム*
大人:800円
大学・高校生:500円(※要学生証)
小人(中学生以下):無料
名古屋市在住65歳以上の方:200円(※要敬老手帳)

*展示室のみ*
大人:400円
大学・高校生:200円(※要学生証)
小人(中学生以下):無料
名古屋市在住65歳以上の方:100円(※要敬老手帳)

《休館日》
月曜日(祝日の際は直後の平日)
第3金曜日(祝日の際は第4金曜日を休館とする)
年末年始(12月29日~1月3日)

《アクセス》
電車:地下鉄東山線・鶴舞線 伏見駅下車 4・5番出口から徒歩5分
市バス:広小路伏見停留所下車 徒歩5分
名鉄バス:白川公園前停留所下車 徒歩5分

《駐車場》
やむを得ない場合を除き、車での来場は控えましょう。
もしもの場合は、「若宮大通公園白川前」「白川公園」の駐車場を利用してください

《電話番号》
052-201-4486

《公式HP》
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/

 

リニア・鉄道館

東海道新幹線を中心に、在来線からリニアまで展示してあります。

車両を見るだけでなく、運転や車掌体験もできるようになっています。

ちなみに各種シミュレータには入館料と別に利用料金がかかりますので、ご注意ください。

小さなお子さんには、プラレールを使って遊べるコーナーも設置されています。

また、お昼ご飯にはドクターイエローをパッケージにしたお弁当なども販売されていて、食事も楽しむことが出来ますよ。

《住所》
愛知県名古屋市港区金城ふ頭3-2-2

《開館時間》
10時~17時30分

《入館料》
大人:1000円
小中高生:500円
幼児(3歳以上未就学児):200円

《休館日》
毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
※春休み、ゴールデンウィーク、夏休み等は火曜日も開館
年末年始(12月28日~1月1日)

《アクセス》
電車:名古屋駅より あおなみ線金城ふ頭駅下車 徒歩2分

《駐車場》
専用駐車場なし
※名古屋市営金城ふ頭駐車場を利用して下さい(有料/5010台)

《電話番号》
052-389-6100

《公式HP》
https://museum.jr-central.co.jp/

 

JICA中部なごや地球ひろば

国際協力をテーマに、体験型展示を見たり、買い物が出来たり、食を通して「世界の今」を学ぶことが出来ます。

テーマが少し難しいかもしれませんが、体験ゾーンでは地球案内人が迎えてくれるので、気軽声をかけて、学びに生かしましょう。

展示品も魅力的ですが、食のゾーンは他の国のお料理を食べることが出来るカフェレストランがあるので、気軽に異文化に触れられますよ。

入場も無料ですので、お出かけ先に困ったら、ちょっと訪ねてみても良いかもしれませんね。

《住所》
愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60-7

《開館時間》
体験ゾーン:10時~18時
買い物ゾーン:11時~18時
活動ゾーン:9時30分~21時30分
食のゾーン:ランチタイム 11時30分~14時
      カフェタイム 14時~17時30分
      ディナータイム 17時30分~21時

《入場料》
無料

《休館日》
月曜日(祝日の場合は翌平)
年末年始

《アクセス》
電車:名古屋駅下車 徒歩13分
   名古屋臨海高速鉄道 あおなみ線 ささしまライブ駅下車 徒歩5分
   近鉄名古屋線 米野駅下車 徒歩10分

《駐車場》
専用駐車場なし
どうしてもの場合はマーケットスクエアささしま4Fの有料駐車場を利用してください。

《電話番号》
052-533-0220

《公式HP》
https://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/index.html

 

名古屋港水族館

名古屋港水族館は、北館と南館の2つのエリアからできています。

北館では、シャチや、イルカ、ベルーガ、アザラシなどの生き物と、本物の骨格標本やレプリカなどを展示してあります。

南館では、5つの水域にわけ、沢山の生き物たちを展示してあります。

メインプールではイルカショーが行われます

また、最近流行っている、クラゲの展示も工夫が施されていて、おススメです。

レストランやお土産屋さんも充実していますので、記念になるものを購入しても良いのではないでしょうか。

こちらのスポットは、ショーを見るメインプールなどが屋外にありますので、屋内の施設が良いという場合は、お出かけの候補から外した方が良いでしょう。

《住所》
愛知県名古屋市港区港町1番3号

《営業時間》
9時30分~17時

《入場料》
大人:2030円
高校生:2030円
小・中学生:1010円
幼児(4歳以上):500円

《定休日》
月曜日(祝日の場合は翌平日)
※ゴールデンウィーク、7月~9月、冬・春休みは無休

《アクセス》
電車:地下鉄名港線 名古屋港駅下車 3番出口より 徒歩5分

《駐車場》
専用駐車場なし
水族館から徒歩5分のガーデンふ頭駐車場に停めてください。

《電話番号》
052-654-1680

《公式HP》
https://nagoyaaqua.jp/

 

ゴールデンウィークに子供と名古屋で遊ぼう!【屋外編】

続いては、名古屋でゴールデンウィークにお出かけしたい屋外のスポットを4つご紹介します。

 

名古屋城

名古屋のシンボルでもある名古屋城。

本丸御殿は復元作業も終わり、見ごたえ十分。

小さなお子さん連れなら、名古屋城の見学後に、名城公園で遊ぶことをおススメします。

80haもある公園は大型複合遊具やブランコなど、子どもが喜ぶ施設が揃っています。

ぜひ、名古屋城と一緒に訪れてみてください。

《住所》
愛知県名古屋市中区本丸1-1

《開園時間》
9時~16時30分

《観覧料》
大人:500円
シニア:100円
中学生以下:無料

《休園日》
12月29日~1月1日

《アクセス》
電車:名城線 市役所駅下車 7番出口より 徒歩5分
バス:栄13号系統 名古屋城正門前停留所下車 すぐ
車:名古屋高速1号楠線 黒川出口から 南へ8分
  名古屋高速都心環状線 丸の内出口から 北へ5分

《駐車場》
あり/有料 380台収容可
料金 普通車:30分ごとに180円 自動二輪車、原付:30分ごと100円

《電話番号》
052-231-1700

《公式HP》
https://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/

 

名古屋市東山動植物園

イケメンゴリラのシャバーニで有名な動植物園です。

大型の動物から小さな魚まで、約500種類の動物に会うことが出来ます。

コアラも有名な東山動植物園。

その姿は、一度見ておくのがベストですよ。

また、中学生以下は入園料が無料となっているのもポイント高いですよね。

園の北側には遊園地も設置されていて、小さなお子さんが楽しめるようになっています。

《住所》
愛知県名古屋市千種区東元町3-70

《営業時間》
9時~4時50分

《入場料》
大人:500円
名古屋市在住65歳以上:100円

《休園日》
毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
年末年始12月29日~1月1日)

《アクセス》
電車:地下鉄東山線 東山公園駅 3番出口より 徒歩3分
   地下鉄東山線 星が丘駅 6番出口より 徒歩7分
車:東名高速道路 名古屋ICより 剣道60号線を 西へ約15分
  名古屋高速 四谷出口より 一般道を東へ 約10分

《駐車場》
あり/1600台
普通車:800円 大型自動車:2000円 自動二輪車等:400円

《電話番号》
052-782-2111

《公式HP》
http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/

 

ディノアドベンチャー名古屋

大高緑地内にある恐竜公園ひろばです。

2016年にオープンした比較的新しいスポットです。

実物大の恐竜ロボットがいるテーマパークで、森の中を徒歩で散策しながら、恐竜を探します。

人体センサーが感知すると、恐竜が動く仕組みになっていて、実物大の恐竜は迫力満点です。

恐竜が好きなお子さんにはたまらないスポットだと思います。

《住所》
愛知県名古屋市緑区大高町文根山1-1 ディノアドベンチャー名古屋

《営業時間》
平日:10時~17時
土日祝:9時~17時
夏季:9時~17時30分

《入場料》
大人:800円
中学生以下:600円
2歳以下:無料

《休業日》
月曜日(祝日の場合は翌平日)
年末年始(12月29日~1月3日)

《アクセス》
電車:名鉄名古屋本線 左京山駅下車 徒歩15分
市バス:大高緑地西停留所下車 徒歩15分
名鉄バス:大高緑地西停留所下車 徒歩15分
車:名古屋高速3号線大高線 笹寺出口より 約15分

《駐車場》
大高緑地公園の駐車場に駐車可能
無料 1617台収容可能

《電話番号》
052-693-8798

《公式HP》
https://www.dinoadventure.jp/

 

大高緑地公園

上記でご紹介したディノアドベンチャー名古屋はこの大高緑地公園内にあります。

とても大きな公園です。

大高緑地公園には、交通公園で乗り物に乗れたり、パターゴルフ場があったり、ディキャンプ場まであります。

緑地公園内を散歩するだけでも大変な広さです。

全てが、無料で遊べるわけではないですが、有料施設とうまく組み合わせて、遊びに行くのはいかがでしょうか。

《住所》
愛知県名古屋市緑区大高町字高山1-1

《営業時間》
駐車場:7時~19時
その他、有料施設によって異なります

《入場料》
基本的には無料
有料施設は別途料金がかかります

《定休日》
無料で遊べる施設は定休日なし
有料施設の休業日は毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
年末年始(12月29日~1月3日)

《アクセス》
電車:名鉄名古屋本線 左京山駅下車 徒歩5分
市バス:緑区役所下車 徒歩5分
車:名古屋高速3号線大高線 笹寺出口から約15分

《駐車場》
あり/1617台
無料

《電話番号》
052-622-2281

《公式HP》
http://www.aichi-koen.com/odaka/

 

まとめ

・屋内で遊べる施設は、学びも大きい施設が多かったです。

・屋外で遊べる施設は、思いっきり身体を動かしたり、動物と触れ合ったり、丸1日外で遊びつくせる施設でした。

2021年ゴールデンウィークこそ、お出かけをしようと考えている皆さん、ぜひ、参考にしてみて、楽しいお出かけにしてください。


-ゴールデンウィーク, 子供, 旅行

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-