子供 習い事

子供3人を習い事に通わせる時の送迎問題を解決しよう

現代社会において、子供が習い事をする事は当たり前になってきています。

しかし、そこで問題となってくるのが、習い事の送迎です。

特に子供が3人いる家庭では、父親と母親だけでは送迎が補いきれません。

そこで今回は習い事の送迎問題を解決するための便利なサービスや、今話題のeーラーニングなど、送迎が必要ない習い事も紹介していきます。

また実際に送迎サービスを依頼する際に気を付けるべき点も詳しく解説しますので、参考にしてください。

 

子供3人を習い事に通わせる時は送迎サービスを利用しよう

子供の習い事の送迎に困ったら、送迎サービスを利用してみましょう。

送迎サービスとは、子供の習い事の送迎を代理で行ってくれるサービスです。

ただ送迎サービスと言っても色々な種類のサービスがあります。

ここでは、どの地域でも比較的活用しやすいサービスを3つ説明します。

 

子供の習い事、送迎問題はファミリーサポートで解決

ファミリーサポートとは、子供の送迎や預かりなどの援助を希望する側と、子育ての手助けを希望する側の、相互の関係により成り立つサービスになります。

このファミリーサポートは各自治体が運営をしているので安心。

利用方法の流れとしては、まず事前に会員登録が必要になってきます。

そして各自治体のサポートセンターで、援助を希望する側と手助けする側相互の希望に沿うかのマッチングをし、サポートが開始されます。

これなら、子供が複数いて、習い事の送迎の手が回らない場合でも、希望に沿ってお願いできるので嬉しいですね。

また自治体にもよりますが、1時間当たり500円程度と、お値段が安いのも魅力の一つ。

詳しい利用方法は各市町村によって異なってくるので、まずは住んでいる自治体に問い合わせをしてみるとよいでしょう。

 

子供の習い事、送迎問題はキッズタクシーで解決

キッズタクシーとは子供をタクシーで、目的地まで連れて行ってくれるタクシーサービスになります。

勿論、親の付き添いは不要。

毎回同じ担当の乗務員がついてくれるので、子供も安心して乗ることが出来ます。

こちらも事前に登録が必要になってくるのと、事前に送迎の詳細の打ち合わせが必要になってくる会社もあるようです。

料金は距離にもよりますが、だいたい一時間5,500円前後。

先ほど説明したファミリーサポートよりは高額に感じるかもしれませんが、子供が複数でも使用できます。

また車なので送迎もスムーズ、かつ早く行えるのが嬉しいですね。

ただキャンセルする場合は、規定時間を過ぎるとキャンセル料が発生するので気を付けましょう。

 

子供の習い事、送迎問題はベビーシッターサービスで解決

基本的ベビーシッターサービスは、希望の時間帯に世話や面倒を見てもらうサービスです。

でも実はそれだけではありません!

子供の習い事の送迎や、習い事での見守りなどもしてくれるのです。

でもどんな人がベビーシッターをするか少し不安ですね。

ベビーシッターサービスなら、インターネットの検索から、シッターさんの経験や口コミ・保育関係の資格保有者など、頼む側の希望に合わせて選ぶことが出来ます。

中には、英語やスポーツなど、経験が豊富なシッターさんもいて、シッターさん自身が自宅で習い事を教えてくれる事も可能です。

単価はだいたい1時間1,000円~3,000円程度が相場になっています。

子供が複数いると、習い事の時間によっては親も送迎をする必要がありますが、それでもかなり負担が減りますね。

このサービスは、1回だけの単発でも、定期で長期に頼むことも出来るので、都合に合わせて活用してみましょう!

 

送迎にかかる負担がない習い事を選ぼう

最近では親の負担も考え、色々な面からサポートをしてくれる習い事が増えています。

またネットが普及している現代では、けして習い事先に行くことだけが、学習の方法ではなくなっています。

ここでは親の送迎がなくても、習い事が出来る方法をご紹介します。

 

送迎付きの習い事を選ぶ

地域にもよりますが、都会では送迎付きの習い事が増えています。

送迎の仕方としては、小学校に迎えに行ってくれ、帰りも自宅や自宅付近のポイントなどに送ってくれるといった仕組みです。

送迎によっては別途送迎料金も発生するところもあります。

しかし塾自体が主体となって、送迎を行ってくれるため、親の負担が軽減されるだけでなく、より安心して頼むことができます。

そんな習い事少ないのでは?と思われるかもしれません。

実は東京都だけでも150件以上もあります。

その上、スポーツから勉強、ダンスなど幅広い分野の習い事が、送迎サービスを行っているのです。

これでしたら子供が複数いるご家庭で、兄弟やりたいことが違っても、それぞれ違う習い事にいかせることが出来ますね。

 

e-ラーニングなど自宅でできる習い事も検討

現在、ネット検索をすると、オンラインで学べる習い事がたくさんあります。

地域によっては、習うことが難しいキッズヨガやプログラミングなど多様な習い事がオンラインで学ぶことが出来ます。

特に英語はオンラインで人気の科目となっています。

複数の生徒の中だと、どうしても話す機会が少なくなるのが英語学習のマイナスポイント。

でもオンラインなら、ネイティブスピーカーである教師から、マンツーマンで英語を学べるため、英語を話す機会も増えます。

またオンラインだと、習い事に通うより金額が安く、時間帯も選べるという利点があります。

 

子供の習い事への送迎サービスで気を付けるべき点

色々なサービスを紹介してきましたが、ここでは実際に送迎サービスを依頼する時の流れと、気を付けるべきポイントを説明していきます。

 

習い事の送迎サービスを使うまでの流れ

・サービスを行う会社を選ぼう
送迎サービスを使用する時、まず自身の生活スタイルにあった業者を選び、登録するようにしましょう。

コーディネータがきちんといて、細かい希望や緊急時にも対応してくれるかなど。

こちらから選定することが大切なポイントになってきます。

・事前予約を行おう
業者が決まったらまず事前予約を行いましょう。

その際は、送迎のルートや、お願いしたことをこちらで綿密に確認しておくことが必要です。

・面談をしよう
面談と聞くと、親と送迎サービスをしてくれる人2人でと考えるかもしれません。

でも送迎当日、子供は突然会う大人に、びっくりしてしま可能性があるので、面談は子供も一緒に行うようにしましょう。

そうすれば子供との相性や、子供への接し方も見ることができ、より安心してお願いできるでしょう。

 

送迎サービスを決めたら、事前にしておくべき注意点

送迎サービスを始めるとき事前にすべき注意点は、習い事先に送迎サービスを使う旨をきちんと伝えておくこと。

初めてサービスを使う時、保護者と送迎サービスの人2人で習い事先に行き、ルートや習い事先への紹介をするのが望ましいです。

もしそれが出来ない場合は、送迎サービスをしてくれる会社や名前・特徴などを伝え、わかりやすくしておきましょう。

また子供が塾などに着いたら、親に連絡をくれる習い事先も増えています。

親が付き添えない分、安全面も考え、着いたら連絡をくれるようにつたえましょう。

 

まとめ

いかがでしょう。

習い事の送迎問題を解決できるサービスやサポートは沢山あります。

送迎が出来なくて、習い事を断念する前に、是非自分に合ったサービスを調べてみましょう。


-子供, 習い事

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-