ピクニック レシピ

【ピクニックでの飲み物・レシピ付き】1年中楽しめるドリンクを用意して遊びに出かけよう!

ピクニックに飲み物は、絶対必要ですよね。

絶対に持って行かないといけなのであれば、美味しいのはもちろん、おしゃれなものを持って行きたくはないですか?

今回は、写真映え間違いなしのフルーツウォーター3種類のレシピと、子どもも楽しめるノンアルコールの飲み物のレシピを中心にご紹介します。

最後には、寒い時期のピクニックに持って行きたくなる、ホットドリンクのレシピもご紹介します。

 

【ピクニック♪飲み物のレシピ】みんなで飲める今流行りのフルーツウォーターを作ってみよう

それでは、見た目も抜群に良いフルーツウォーターのレシピを3つご紹介します。

 

フルーツウォーターとは?

そもそも、フルーツウォーターってどんなものかご存じですか?

簡単に言うと、フルーツや野菜を水に入れて、少し時間をおいてできるフレーバーウォーターです。

フルーツや野菜には水に溶けるタイプの栄養素が多く含まれているので、お水を飲めば一緒に栄養素もとれるという訳です。

 

その①ビタミンたっぷりウォーター

1つ目のフルーツウォーターは、レモンやイチゴを使ったビタミンがたっぷり摂れるオーソドックスなフルーツウォーターです。

 

使われているフルーツや野菜の特徴

《レモン》
レモンと言えばビタミンCですよね。
他にもビタミンB群、ビタミンEも含まれています。
皮にはカルシウムも含まれているので、ぜひ皮も使いましょう。

《イチゴ》
ビタミンCと食物繊維が豊富に含まれています。
赤い色の素アントシアニンは高い抗酸化作用があり、美肌効果と整腸作用があります。

《キュウリ》
カリウムがたっぷり含まれていいて、むくみやだるさを解消してくれます。

 

材料

レモン:1/2個
イチゴ:3個
キュウリ:1/3本
水:200ml~300ml

 

作り方

① レモンは皮にあら塩をまぶしもみ洗いして、薄い輪切りか半月切りにする
② イチゴは大きい場合、縦の薄切りかくし切りにする
③ キュウリはスライサーでリボン上にするか、スティック状に切る
④ レモンを一番下に入れ、スライスしたキュウリがきれいに見えるように配置して、イチゴを乗せる
⑤ 材料がかぶるくらいまで水を入れ、冷蔵庫で最低3時間置いたら、できあがり

 

その②サプリメントウォーター

サプリメントウォーターの名の通り、色々な栄養素が取れるフルーツなどをふんだんに使います。

 

使われているフルーツや野菜の特徴

《グレープフルーツ》
ビタミンC、カリウム、食物繊維、ビタミンCの吸収を高めるビタミンP、クエン酸が豊富です。
果肉が赤いグレープフルーツにはリコピンも含まれています。

《キウイ》
ビタミンC、食物繊維、カリウム、葉酸、ビタミンE、ポリフェノール、クエン酸、リンゴ酸が豊富。
栄養素の補給や疲労回復効果も大きいです。

《ミント》
爽やかな香りの成分は、メントールを含んでいます。

 

材料

グレープフルーツ:1/4~1/3個
キウイ:1/2個
ミント:ひとつかみ
水:200ml~300ml

 

作り方

① グレープフルーツの皮は粗塩をまぶしてしっかり洗う
② 果実がおおきいので輪切りにしたものを1/4にカットする
③ キウイは皮をむいて、輪切りか半月切りにする
④ ミントはさっと洗って、適当な大きさにちぎる
⑤ 容器にキウイを入れ、グレープフルーツを入れ、水をそそぐ
⑥ ミントを水に浸したら、冷蔵庫で3時間ほど置けば、できあがり

 

その③フルーティーウォーター

最後は飲みやすさを重視したフルーツウォーターです。

炭酸水で作るのもポイントです。

 

使われているフルーツや野菜の特徴

《オレンジ》
ビタミンC、カリウム、βカロテンが豊富です。
白い果皮にはビタミンPが含まれています。

《ブルーベリー》
ビタミンCとビタミンEが豊富です。
濃い紫の成分であるアントシアニンは、高い抗酸化作用があります。

 

材料

オレンジ:1/2個
ブルーベリー:5~10粒
炭酸水:200ml~300ml

 

作り方

① 皮に塩をまぶして、よく洗い、薄い輪切りか半月切りにする
② 良く洗ったものを、そのまま投入
③ 容器には、オレンジ、ブルーベリーの順に入れ、炭酸水をそそぎ3時間待てば、できあがり

 

フルーツウォーターを作る注意点

フルーツウォーターには防腐剤など余計なものが入っていないので、いくつかの注意点を守って飲むようにして下さい。

・冷蔵庫に入れて、1日以内には飲み切りましょう。
・常温かぬるま湯を使って、成分を流出しやすくしましょう。
・フルーツは有機栽培か無農薬のものを使う方が良いですが、見つからなければ、良く洗ってから使うようにしましょう。

 

フルーツウォーターを入れるのにおススメの容器

せっかく鮮やかな色のフルーツなどを使っての飲み物ですので、中身が見えるガラス製品などを使ってみましょう。

メイソンジャーなどがあれば、蓋も締まりますし、中身も鮮やかに見えるのでぴったりだと思います。

 

ピクニックは親子で楽しめるノンアルコールの飲み物を!レシピ付き

青空の下で飲むビールは格別ですよね。

ですが、車でピクニックに来ている時は誰かが、ノンアルコールの飲み物だけになってしまいます。

そんな時は、ちょっと贅沢なノンアルコールの飲み物を作って持って行きましょう。

3種類のノンアルコールドリンクのレシピをご紹介します。

 

ノンアルコールサングリア

100%のぶどうジュースを使うので、ストレートで飲んでも良いですが、炭酸水で割ると、すっきり飲めると思いますよ。

《材料(6人分)》
オレンジ:1/2個
レモン:1/2個
りんご:1/4個
シナモンスティック:1本
砂糖:大さじ1
100%ぶどうジュース:3カップ

《作り方》
① オレンジ、レモン、リンゴは塩をまぶしてこすり洗いをする
② 水気はしっかりとふき取る
③ オレンジは5㎜のいちょう切り、レモンは5㎜の輪切り、リンゴは5㎜のくし形に切る
④ シナモンスティックは半分に折る
⑤ 瓶に③と④と砂糖をいれ、良く振る
⑥ 砂糖が溶けてきたらジュースを加え、冷蔵庫で2時間以上おいて、できあがり

 

ノンアルコールカクテル ビアンコ

サングリアに似たサングリアのようなノンアルコールカクテルです。

カルディの「スパークリングジュース」を使っているので、子どもも飲むことができますよ。

 

《材料》
ピュアポム スパークリング アップルジュース:1/2本
パンダ杏仁豆腐ミニ:1パック
ドライマンゴー:適量
クコの実:適量
ガムシロップ:2つ
ミントの葉:適量

《作り方》
① パンダ杏仁豆腐は冷蔵庫で冷やし固めておく
② ドライマンゴーとクコの実は水でもどしておく
③ 杏仁豆腐とマンゴーは1㎝角に切る
④ グラスに、アップルジュース、ガムシロップを入れ軽く混ぜる
⑤ ④のグラスに③を加えて、ミント、クコの実を散らして、できあがり

 

ノンアルコールカクテルロッソ

ロッソもカルディで売られているスパークリングジュースを使って作ります。

《材料》
ピュアポム スパークリングレッドグレープジュース:1/2本
冷凍ミックスベリー:250g
ガムシロップ:2個
イチゴ:1個
レモン:1/2個
ミントの葉:適量

《作り方》
① イチゴはへたを取り、1/4にカット
② レモンは縦に1/4にスライスする
③ グラスに冷凍ベリー、イチゴ、レモン、スパークリングジュース、ガムシロップを加える
④ 軽く混ぜたらミントの葉を散らして、できあがり

 

ちょっと寒い時期のピクニックにぴったりな温かい飲み物

ホットドリンクと言えばコーヒーや紅茶が簡単にできますが、少しだけ凝ったホットドリンクを準備していきませんか。

 

抹茶ラテ

ホットでもアイスでも楽しめる抹茶ラテをご紹介します。

《材料》
抹茶:小さじ1
砂糖:小さじ1
熱湯:大さじ1
牛乳:150cc
コンデンスミルク:小さじ1

《作り方》
① 抹茶と砂糖を器に入れて、よくかき混ぜる
② ①に熱湯を加え、抹茶を溶かす
③ 温めた牛乳をそそぐ(※ここで冷たい牛乳を使えばアイスで飲むことができます)
④ ③にコンデンスミルクを加え、良く混ぜたら、できあがり

 

しょうが紅茶

ショウガは身体を温めてくれるので、紅茶と一緒にホットドリンクにして楽しんでください。

《材料(2人分)》
熱湯:3カップ
茶葉:大さじ1
すりおろした生姜:小さじ1
はちみつ:小さじ1

《作り方》
① 生姜は皮をむき、すりおろす
② 茶葉と生姜を熱湯で3分蒸らす
③ 茶こしで、茶葉と生姜をこす
④ 飲みやすくするために、はちみつを入れて、できあがり

 

アーモンドミルクとほうじ茶のホットドリンク

ほうじ茶がアーモンドミルクのおかげで、まろやかになったホットドリンクです。

《材料》
アーモンドミルク:300ml
練乳:大さじ2
生クリーム:大さじ2
ほうじ茶(顆粒):小さじ2

《作り方》
① カップにアーモンドミルク・練乳・生クリームを入れてよく混ぜる
② ①をレンジで2分程度温める
③ ②にほうじ茶を入れて混ぜて、できあがり

出来上がったものは水筒などに入れて、ピクニックに持って行きましょう。

 

まとめ

・ピクニックに持って行く飲み物には写真映えもして、栄養も取れるフルーツウォーターがぴったりです

・大人も子供も楽しめるノンアルコールの飲み物はカルディの商品を使って、簡単にできます。

・ちょっと寒い時には、ホットドリンクを準備していくと、体の中から温まりますよ。

今回紹介した飲み物は、どれも手作りのものです。

日持ちがしないので、作ったその日に飲むようにしましょう。

フルーツウォーターを飲み終わって残ったフルーツは、ヨーグルトなどを混ぜてスムージーしたり、砂糖を加えてフルーツソースを作ったりして、楽しんでくださいね。

ピクニックへは、おしゃれでおいしい飲み物を持って、お出掛けしてみてください。


-ピクニック, レシピ

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-