ピクニック レシピ

ピクニックのパイはイギリス料理を持っていこう♪~メインからデザートまで~

イギリスの料理は美味しくないと思っていませんか?

確かに魚の頭がパイから飛び出している姿は、衝撃的な見た目から敬遠されがちです。

しかし、最近ではイギリスのパイは世界一といわれるほど、美味しいパイがたくさん登場してきました。

そんな美味しいイギリスのパイをピクニックに持っていけば、気分を盛り上げるのに一役買ってくれること間違いなし!

今回は、メイン料理からデザートまで、美味しいレシピを紹介しますので、ぜひ挑戦してみてください。

 

ピクニックのパイはイギリスのメイン料理を持っていこう!おすすめレシピ

まずは、ピクニックの主役であるメインのパイ料理を紹介します。

パイと聞くと、サクッとした触感のパイ生地を思い浮かべることだと思います。

しかし、イギリスのバイは、パイ生地を使わなくてもパイと呼ばれる料理があるのです。

私たち日本人からすると、不思議な感覚なのですが、マッシュポテトを料理の上かぶせてオーブンで焼いた料理は、すべて「パイ」料理になるのです。

マッシュポテトがパイの皮とみなされているため、パイと呼ばれるそう。

そんなイギリスのパイのレシピをチェックしてみましょう。

 

コテージパイ

コテージパイは、牛ひき肉とマッシュポテトのパイ料理。

イギリスのおふくろの味で、パブのランチの定番メニューでもあります。

コテージパイに似たパイでシェパーズパイがありますが、違いは使用するお肉。

牛肉を使うコテージパイに対し、シェパーズパイでは羊肉を使います。

 

レシピ

【材料】
牛ひき肉…450g
玉ねぎ(粗みじん)…中1個
人参…1/2個
にんにく…1かけ
小麦粉…大さじ1
ドライセージ…小さじ1/2
ドライタイム…ひとつまみ
シナモンパウダー…ひとつまみ
ナツメグ…小さじ
塩ブラックペッパー…適量
ベジタブルスープストック…140ml
ウスターシャーソース…小さじ1
トマトピューレ…大さじ1
チーズ…40g

【マッシュポテト】
ジャガイモ…大3個
バター…25g
牛乳…100ml
塩ブラックペッパー…適量

【作り方】
1. ひき肉を炒める。火が通ったらお皿に取り出す。
2. 同じお鍋で玉ねぎ、人参、にんにくを炒める。
3. 2のお鍋に1で取り出したひき肉を戻す。
4. 小麦粉を混ぜる。
5. トマトピューレとウスターシャーソース以外の材料を入れて5分程煮込む。
6. トマトピューレとウスターシャーソースを加える。
7. ジャガイモを茹でで、熱いうちにバターと牛乳を加え、塩ブラックペッパーで味付けし、マッシュポテトを作る。
8. 耐熱容器にマッシュポテト、ひき肉を乗せ、チーズをかけて180度のオーブンで15分程焼く。

 

コーニッシュ・パスティ

コーニッシュ・パスティとは、イギリス南西部コーンウォール地方生まれのパイのことで、牛肉が中に入っています。

イギリスのファーストフードの一つ。

 

レシピ

【材料】
牛肉…120g
小麦粉…120g
バター…30g
ラード…30g
ジャガイモ…小1個
カブ…小1個
卵… 1個
タイム(みじん切り)… 1枚
塩ブラック…少々

 

【作り方】
1. 牛肉、玉ねぎ、カブ、ジャガイモをダイス型に切る。
2. 小麦粉、塩、バター、ラードをミキサーにかける。
3. 2に水を少しずつ加えながら生地がまとまるまで捏ねる。
4. 生地をまとめてラップにくるみ、冷蔵庫で20分寝かす。
5. 生地を冷蔵庫から取り出し、綿棒で3mほどの厚さに伸ばし、円形にする。
6. 生地の上半分に具材とタイムを乗せて塩ブラックペッパーをかける。
7. 溶き卵を生地の端に塗って、下の生地を上の生地に覆いかぶせるように重ねる。
8. 閉じた部分を指でつぶし、中身が出ないようにする。
9. 表面に溶き卵を塗り、つやを出す。
10. 楊枝などで生地に穴を開け、190度で1時間焼く。

 

ポークパイ

名前の通り、中身が豚肉のパイですが、普通のパイと違い、冷たくして食べるのが特徴。

イギリスでは中世の時代から食べられていた料理の一つで、現在のレシピとほとんど変わっていないとも言われています。

 

レシピ

【材料】
豚肉ブロック…300g
パンチェッタ…30g
玉ねぎ…小1個
タイム…少々
セージ…少々
ローズマリー…少々
薄力粉…300g
ラード…150g
お湯…120ml
卵… 1個
*アスピック
豚肉の骨… 500g
セロリ・人参・玉ねぎ…適量
塩ブラックペッパー…適量
ハーブ類…適量

【作り方】
1. 水とラードを鍋に入れて火をかけて、ラードを溶かす。
2. 小麦粉、卵、溶けたラード、お湯を加
  え生地がまとまるまで捏ねる。
3. 生地をまとめてラップにくるみ、冷蔵庫で60分寝かす。
4. 豚肉とパンチェッタを粗みじん、玉ねぎをみじん切りにする。
5. 4にハーブ類、塩、ブラックペッパーを加え粘り気が出るまでよく混ぜて、冷蔵庫で30分寝かす。
6. アスピック用の具材を鍋に入れ灰汁を取りながら骨を煮てスープストックを作る。
7. 薄く綿棒で伸ばした生地をタルト型にしきいれ、具材を入れる。具材の上にかぶせる生地を残しておくこと。
8. 7で残した生地をかぶせて蓋をして、溶き卵でつやを出す。
9. 焼きあがったらスープを入れるので、その穴を真ん中に開けておく。焼いたときに塞がらないように、アルミホイルなどで塞ぎ防止を作る。
10. 210度のオーブンで30分焼いて焼き色を付けたら、160度に温度を下げてアルミホイルをかぶせて焦げないようにし、さらに1時間焼く。
11. パイを冷蔵庫で冷ます。
12. パイが冷める頃、6のスープにゼラチンを入れて溶かし、パイに開けた穴から注ぎ、冷蔵庫で1日冷ます。

 

ソーセージロール

イギリスでは子どものおやつとしても食べられるソーセージロール。

日本のソーセージとは違い、ハーブたっぷりの豚肉をパイで包んだ香りのよいパイ料理です。

 

レシピ

【材料】
豚ひき肉…250g
冷凍パイシート…1枚
ナツメグ…少々
タイム…少々
セージ…4枚
パン粉…30g
塩ブラックペッパー…少々
卵…1個

【作り方】
1. ひき肉とハーブ類、塩ブラックペッパーをボウルに入れ、粘りが出るまで混ぜる。
2. パイシートを長方形に切る。
3. 中身をソーセージ型にしてパイシートの上にのせてパイシートでくるむ。
4. 溶き卵でつやを出す。
5. 適当な大きさで切る。
6. 200度のオーブンで25分焼く。

 

ピクニックのデザートに持っていきたい♪イギリスの菓子系パイレシピ

ピクニックに持って行けば喜ばれること間違いなしのイギリスのパイ。

簡単に作れるレシピを3つ紹介します。

 

ミンスパイ

ドライフルーツやナッツをたっぷり使った甘いパイ。

クリスマスシーズンに良く食べられる伝統的なお菓子です。

 

レシピ

【材料】
*ミンスミート
お好きなドライフルーツ…300g
オレンジピール…50g
リンゴ…1/2個
バター…80g
砂糖…50g
レモン汁…15ml
ラム酒…300ml
ブランデー…60ml
*パイ
冷凍パイシート…3-4枚
卵…1個

【作り方】
1. ミンスミートを作る。リンゴを粗みじんに切る。
2. ドライフルーツは湯通しする。
3. ドライフルーツ、リンゴ、オレンジピールを混ぜ合わせる。
4. 溶かしたバター、レモン汁、砂糖、ラム酒、ブランデーを加えて良く混ぜる。
5. 瓶に入れて蓋をし、冷蔵庫で一晩寝かす。
6. マフィン型にパイシートをはめ込み、底部をフォークで穴を開ける。
7. ミンスミートを詰める。
8. 星型に抜いたパイシートをトッピングして、200度で15分焼く。

 

アップルクランブルパイ

ぽろぽろと崩れるパイのことをクランブルパイといいます。

イギリスでは定番のおやつとして子供から大人まで大人気のパイです。

 

レシピ

【材料】
*クランブル
薄力粉…100g
砂糖…70g
バター…50g
シナモン…適量
*中身
リンゴ…2個
シナモンパウダー…適量
砂糖…30g
バター…20g

【作り方】
1. 薄力粉、グラニュー糖、シナモン、バターをボウルに入れて、指でバターをつぶすようにポロポロになるまで混ぜる。
2. リンゴをお好みのサイズに切り、シナモン、砂糖、ちぎったバターを加えて混ぜる。
3. 耐熱容器にリンゴを入れ、クランブルを上からまんべんなくかけて200度で25分焼く。

 

バノフィーパイ

材料のバナナとトフィーで、バノフィーという名前が付いたお菓子。

イギリス人が大好きなデザートの一つです。

 

レシピ

【作り方】
*トフィー
バター…75g
砂糖…55g
コンデンスミルク…1缶
*フィリング
バナナ…2本
生クリーム…150ml
砂糖…20g
ココアパウダー…適量
*土台
ビスケット…230g
バター…100g

【作り方】
1. ビスケットをビニール袋に入れ、綿棒などでビスケットを粉々につぶし、溶かしバターを入れて混ぜる。
2. 粉々にしたビスケットをパイ型に入れて、押しつぶしながら敷き詰め、冷蔵庫で10分程冷やしておく。
3. 鍋に砂糖とバターを入れて弱火で混ぜ合わせる。
4. 3にコンデンスミルクを一缶投入し、弱火でキャラメル色になるまで混ぜる。
5. 冷蔵庫から土台を取り出し、粗熱が取れたらキャラメル色になったトフィーを流しいれる。
6. スライスしたバナナをキャラメルの上に載せる。
7. 生クリームと砂糖を角が立つまで混ぜて、6の上に載せる。
8. ココアパウダーを振りかける。

 

パイ以外にもある!伝統的なイギリスのピクニック料理は?

パイだけではありません。
イギリスの伝統料理にはパイ以外の料理もたくさん!

最後は、伝統的なイギリスのピクニック料理を紹介します。

 

ティーサンドウィッチ

皆さんも一度は目にしたことがあるアフタヌーンティー。

イギリスの上流階級の社交の場を発祥とするアフタヌーンティーに出される一口サイズのサンドウィッチのことをティーサンドウィッチと呼びます。

 

レシピ

【材料】
きゅうり…1本
白ワインビネガー…少々
塩ブラックペッパー…少々
バター…少々
ライ麦パン…適量

【作り方】
1. きゅうりを薄くスライスし、塩、ブラックペッパー、白ワインビネガーを振り、10分置いて水気を切る。
2. パンにバターを塗り、きゅうりを挟む。

 

スコッチエッグ

簡単に言えば、ハンバーグの中に茹で卵が入っているもの。

半分に切った時の見た目も鮮やかで、ピクニック料理にはピッタリです。

 

レシピ

【材料】
*ゆで卵
卵…3個

*肉だね
合いびき肉…400g
塩ブラックペッパー…少々
ケチャップ…大さじ1
にんにくすりおろし…1かけ分
ディジョンマスタード…小さじ1
ナツメグ…少々

*衣
小麦粉…適量
溶き卵…適量
パン粉…適量

【作り方】
1. 茹で卵を作る。
2. 肉だねの材料を全てボウルに入れて、粘り気が出るまで混ぜる。
3. 肉だねをラップの上に広げる。
4. 小麦粉をまぶした卵を肉だねの上に載せる。
5. ラップを使い卵を肉だねで包む。
6. 冷蔵庫で1時間ほど冷やす。
7. 肉だねに、小麦粉、溶き卵、パン粉の順でつけて、160度の油で7分程揚げる。

 

まとめ

ピクニックの文化は諸説ありますが、イギリスから始まったという話もあります。

そんな本場イギリスのピクニックにぴったりのパイ料理を紹介しました。

中には日本人には馴染みのない料理もありますが、食べてみると意外と美味しいものもたくさん。

材料が多いレシピもありますが、意外と作ってみると簡単なものもありますので、ぜひ挑戦してみては?


 

-ピクニック, レシピ

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-