ピクニック

【ピクニックの服装】ママも可愛い服が着たい!季節別におしゃれコーデを考えてみました

暖かくなってくると行きたくなるのが、ピクニックではないでしょうか。

ピクニックというと動きやすさ重視で服装を選んでしまいがちですが、ママもおしゃれをしてピクニックに行きたいですよね。

今回は、季節別におしゃれコーデや持って行くと便利なアイテムを選んでみたので、ご紹介します。

また、逆にピクニックにはNGな服装も挙げておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【ピクニック・服装】ママ達の季節別コーデをご紹介♪

まずは、季節ごとにママたちのピクニックコーデをご紹介していきます。

 

春はアクティブに動けるコーデ

春と言えばピクニックに行くのにとてもいい季節ですよね。

そんな春は、子どもとアクティブに遊べるように、動きやすいコーデはいかがでしょうか。

例えば、スウェットやパーカーにワイドパンツを選ぶと動きやすいコーデになりますよ。

色味は、上下ともに淡い色を持ってくるより、どちらかを引き締め色でコーデを組むとおしゃれ感が増すと思います。

 

夏はビビットカラーと帽子がコーデの主役

夏には、はっきりとした色の服が着たくなりますよね。

例えば、上はシンプルなTシャツにして、下をビビットカラーのスカートやパンツを合わせると、ピクニックにも行けるおしゃれコーデができますよ。

また、夏のピクニックには、帽子が必須です。

上記のコーデに、夏の素材を使ったおしゃれ帽子を合わせると、ピクニックの夏コーデの完成です。

 

秋はアースカラーのワンピコーデ

秋も、ピクニックをするのにはぴったりの季節です。

ピクニックと一緒にBBQをやるにも最適ですよね。

秋と言えば、洋服の色味はアースカラーが中心となると思います。

このアースカラーは汚れが目立ちにくいので、たくさん遊んでも、BBQの汚れもあまり目立つことはありません。

アイテムとしては、スウェットのワンピースを主役にしたコーデはいかがでしょうか。

ロング丈のものを選んでも素材がスウェットのものならば、動きやすいので子どもたちと十分に遊べますよ。

ワンピースの下にレギンスを履いておけば、ちょっと寒い日にも対応できますね。

 

冬は防寒重視コーデ

冬のピクニックはもちろん防寒重視で行きましょう。

ダウンジャケットやマフラーは必須ですが、いざ合わせてみると全身真っ黒になるということはありませんか。

そんな時は、中に着るインナーを白やグレーなどを切ると、重たく見えない爽やかなコーデになると思います。

動きやすいスニーカーを差し色に使うと、コーデのポイントになるでしょう。

 

ピクニックのママコーデに必要なアイテムとは?

おしゃれなコーデは上記で紹介した通りですが、ママ達には他にも重視するアイテムがあります。

そのアイテムをいくつかご紹介していきます。

 

ポケットのあるボトムス

コロナウイルスから身を守るため、手を洗う機会はぐっと増えています。

そんな時、ハンカチを入れておけるポケットがついていると便利ですよね。

スマホも常に身につけておきたいアイテムなので、ボトムスを選ぶときにはポケットがあるかどうかが重要視されてきます。

 

UVカット素材の羽織もの

女性にとって紫外線は気になるものですよね。

なので、UVカット素材で出来ているパーカーは必需品です。

また、ピクニックに最適な季節の春と秋ですが、気温の変化が激しいので、急に涼しくなってしまう事もあります。

そんな時に、一枚羽織るものがあるととても便利です。

 

履きなれたスニーカーorぺたんこ靴

足元はスニーカーがベストでしょう。

アスレチックや遊具、広い芝生で走り回るなど、子どもと一緒に遊ぶには、履きなれたスニーカーが一番です。

もし、スニーカーは今日のコーデに合わないという時には、履きなれたぺたんこ靴をおススメします。

ヒールのある靴はやめておきましょう。

 

手が空くリュック

お弁当や飲み物、子どもに必要な物など、何かと荷物が増えるピクニックなので、バッグはリュックが良いでしょう。

手が空くので、子供と手をつなぐこともできますし、いざという時にすぐに手を差し伸べることができます。

貴重品は小さなバッグなどに入れておけば、遊んでいる最中に大きな荷物を置いておくことができますよ。

 

帽子

上記の夏コーデで紹介した通り、帽子は日差しを避けるために必要です。

季節に合った素材のものを選んでかぶっていけば、おしゃれ度もアップすると思いますよ。

 

ピクニックにはNG!やめた方が良い服装とは?

最後にピクニックには向かないNGアイテムをご紹介します。

それぞれにきちんとした理由がありますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

丈が短いスカート

丈が短めのスカートは、子どもに合わせて動くには不向きですし、下着が見えてしまう可能性もあります。

また、ふわふわと広がるスカートもNGです。

レジャーシートでご飯を食べる時にも、スカートが引っかかって何かをこぼしてしてしまう事も考えられます。

スカートを選ぶのであれば、ロング丈であまり広がらない素材の物を選びましょう。

 

ヒールのある靴

もちろんNGなアイテムです。

普段から履いていて慣れていると言っても、ピクニックは遊具で遊んだりアスレチックがあったりと、いつもとは違う遊びをします。

履きなれたスニーカーを履いていくのが、子どもの安全を守るためにも必要だと思います。

 

白などの淡い色のボトムス

レジャーシートの上に座る予定だから、淡い色のボトムスでもいいかと考えがちですが、レジャーシートって案外汚れているものです。

淡い色のボトムスを着ていくと汚れが目立ってしまうので、濃い目の色のボトムスを選ぶことをおススメします。

 

全身真っ黒コーデ

最後に、真っ黒コーデについてですが…

真っ黒コーデは、青空の下だと浮いて見えるコーデで、場違いなコーデに見えてしまいがちです。

だからと言って、黒い服を着るなという訳ではありません。

汚れが目立たない色として、ボトムスに取り入れるのは良いと思いますし、どこか1点取り入れるのが良いでしょう。

その他は、温かな色味の服を合わせるとステキな服装になりますよ。

 

まとめ

・季節別のママコーデは、それぞれの季節に合ったもので最大限のおしゃれをしましょう。

・ピクニックの必需品はおしゃれコーデにしっかり組み込んでほしいアイテムばかりでした。

・ピクニックは、子どもと楽しむものなので、NGとされるアイテムは避けるようにしましょう。

春が来ると行きたくなるのが、ピクニックですよね。

コロナウイルスで生活が制限されている中、密にならずに外で遊べるのがピクニックだと思います。

ママたちもおしゃれをしてぜひ、ピクニックを楽しんでみてください。


-ピクニック,

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-