スキー 子供

スキーの子供服装はインナーが重要!おすすめ商品と選び方

子供のスキー教室でウェアの下には何を着せたら良いのか悩む人が多いようです。

子供は体温調節することが難しいので、現地で寒すぎたり、逆に暑すぎてしまったらと思うと、どんなインナーが最適なのか悩みますよね。

そこで、子供のスキーウェアのインナー選びのポイントやおすすめのインナーをご紹介します。

 

【スキー】子供の服装はインナーの選び方がポイント!

スキー場では体を動かすため、防寒と共に体温調節ができることが大切です。

ではインナーはどんなものを選んだら良いのでしょうか。

ここではインナーを選ぶ時のポイントを解説します。

 

防寒性

まず初めのポイントは、スキー場で寒くなく過ごせる防寒性です。

リフトに乗っている時は、滑っている時と違って体を動かしていないため特に寒いと感じます。

また、日中であっても天候によっては冷え込むことも多いのがスキー場です。

しっかりと防寒できるインナーを選ぶ必要があります。

また、防寒性の高いインナーの中には、体の熱を持続させる保温性が高いインナーも多くあります。

ぜひこのような防寒性にプラスして保温性にも注目して取り入れたいですね。

 

速乾性

スキー場を滑っている時は、体を動かしているため汗をかきます。

汗をかいたままにしていると、風邪をひいてしまう可能性があるため、速乾性の高いインナー素材がおすすめです。

特に子供は汗をかきやすいので、汗をかいても素早く吸収して蒸発させる効果のあるインナーを選びましょう。

 

伸縮性

防寒のために厚手のインナーを着ると、動きにくくなる傾向があります。

スポーツする時には、体が十分に動かせるようにすることも大切です。

つい厚手のインナーを選びがちですが、動きの妨げにならない伸縮性のある素材のインナーを選びましょう。

 

スキーのインナーで避けたほうが良い素材は?

綿素材のインナーは、スキーウェアのインナーとして適していませんので注意が必要です。

綿素材は汗を吸収しますが、蒸発する効果が低いのです。

そのため、汗をかいても体が濡れたままの状態になってしまうため、逆に体を冷やしてしまいます。

寒いスキー場で体が冷えると、体調不良に繋がりますので避けたいですよね。

綿素材よりもポリエステルやウール素材のインナーのほうが、汗の吸収と蒸発の効果が高くおすすめです。

 

子供におすすめのスキーウェアインナー

ここでは、子供におすすめのスキーウェアのインナーをご紹介します。

スポーツウェア専門のブランドから気軽に購入できるブランドまで、防寒と速乾性の高いインナーばかりです。

ぜひお子さんのインナー選びの参考にしてくださいね。

 

mont-bell(モンベル)のジオラインシャツ

アウトドアスポーツウェアを専門的に扱うモンベルのジオラインシリーズは、ストレッチのきいた素材と速乾性に優れたインナーです。

肌を常にドライな状態に保ってくれるため、汗をかきやすい子供にぴったりですよね。

また、繊維の間に空気を維持することで断熱材のような効果があり、暖かさも抜群なシャツです。

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1107597

 

ミズノのブレスサーモアンダーシリーズ

発熱素材のブレスサーモを使ったインナーで、寒いスキー場でも寒さを感じることなく過ごせます。

首元までしっかりと暖かいのも嬉しいところです。

キッズ用は120から160までサイズ展開しています。

https://www.mizunoshop.net/f/dsg-683200

 

THE NORTH FACE(ザ ノースフェイス)のホットクルー

若い世代から大人まで人気のあるノースフェイスのホットクルーは、スキー以外にも様々なアウトドアスポーツに使用できるインナーです。

アウトドアスポーツ用品を専門に扱うブランドだけあって、動きやすさも抜群で機能性に優れているのが特徴です。

薄い素材にもかかわらず、汗による体の冷えを抑制する効果もあるので、まさにスキーにぴったりのインナーです。

https://www.goldwin.co.jp/ap/item/i/m/NUJ61500

 

Patagonia(パタゴニア)のキャプリーン

動きやすさと速乾性に加えて防臭加工が施された柔らかな素材のインナーです。

吊るして乾かすことのできるループが付いているので、洗濯する時も乾かしやすいので便利です。

https://www.patagonia.jp/product/kids-capilene-crew/64691.html

 

ユニクロのヒートテック

スポーツウェアのブランドではないのにも関わらず、人気なのがユニクロのヒートテックです。

「子供のインナーに何を着せているか」というネット上の質問に多くの人がこのヒートテックを利用していると答えていました。

スキーウェアブランドよりもお手頃価格で購入できることや、しっかり汗を吸収し保温性も高いことからスキー場でも安心して使用できます。

https://www.uniqlo.com/jp/ja/kids/innerwear/heattech

 

まとめ

スキー場は寒いからと厚着をさせたり、汗が蒸発しない素材を選んでしまうと、汗をよくかく子供は体温調節がうまくいかなくなってしまいます。

そのため、暖かくて汗を吸収してくれる素材のインナーがおすすめです。

スキーウェアブランド以外にもインナーとして活躍するお手頃アイテムもありますので、お子さんに合ったタイプのインナーを選んで下さいね。


↓【おすすめ子供の服装スキーウェアはこちら!】↓

-スキー, 子供,

© 2021 yakudats.com-役立つ情報を紹介-